外資系サラリーマンToruの資本家日誌

サラリーマンが太陽光発電、不動産、株式他投資で総資産6億円、自己資本比率40%、純資産2億4000万円(うち金融資産1憶2000万円)、資本収入150万円/月で資本家セミリタイアを目指すブログ。現在総資産1億3509万円、純資産3364万円(うち金融資産2533万円)、自己資本比率24.9%、資本収入26万円/月。基本生活費24万円/月、FIREまであと資本収入+14万円/月(基本生活費+(年金社会保険料+レジャー代+最低限の貯金・積立(=16))-資本収入)、純資産+3036万円(((基本生活費+(年金社会保険料+レジャー代+最低限の貯金・積立(=16)))×12)÷0.075-純資産額)、SIDE FIREまであと純資産+476万円(基本生活費×12÷0.075-純資産額)、資本収入基準は達成済み(資本収入>基本生活費)。

カテゴリー

Count per Day

  • 60現在の記事:
  • 52127総閲覧数:
  • 80今日の閲覧数:

カテゴリー

Count per Day

  • 60現在の記事:
  • 52127総閲覧数:
  • 80今日の閲覧数:
アニメ・ゲーム

賭ケグルイ感想

Pocket

私は好きで結構アニメを見ます。

今までの実績ベースで考えた時に、アニメから得られる情報は下手すると現実世界で得られる情報よりも多いかもしれません。

今回は少し趣向を変えて、私がハマったアニメ「賭ケグルイ」について書いてみたいと思います。

賭ケグルイ公式HPより引用
https://kakegurui-anime.com/character/group02.php

世界を動かす法則を単純化する。

普段しばしば考えるのですが、世の中の根源的な価値や原理原則というのは割とシンプルなのだと思います。

物理法則は簡単な数式で実効的にモデル化できますし、普段周りの人たちの行動の背景にある衝動は割と簡単に言葉で表現することが出来ます。

しかしながら現実世界は情報量が多すぎて、気を抜くとそういった原理を見落としてしまいます。

アニメというのはそれを非常に単純化して、とてもシンプルに美しく世の中を動かす価値観や衝動を表現できていると思います。

私が下手に情報過多な日常生活や、日常生活を模した中途半端なドラマよりもアニメが好きなのはそういった理由なのでしょうね。

賭ケグルイという作品が私に響いたこと

皆さんは良い小説とはどういうものと考えられますでしょうか?

読む人により、言葉遣い、物語の構成、描写力等色々とあると思います。

私は良い作品というのは、私自身が探している真理をもっとも情報として多く含むものこそが私にとっての名作なのだと考えています。

そして大多数の人にとって多くの答えを用意できるのが、ベストセラー作品なのだとも考えています。

私が好きな作品は、私にとって必要な情報、私にとって気づかなければならない真理を含んでいる、だからこそ心に響くのだと考えています。

私にとって響いたのは、先ずは美の持つ圧倒的な力です。

美は絶対的な価値であり、美こそが全人類が一様に求める価値であるということ。

一見当たり前ですが、これを確信を持って言えることが大切だと考えます。

美しい登場人物が語るからこそ、物語が魅力的なのです。

美しい登場人物が紡ぎだすから価値がある
賭ケグルイ公式HPより引用
https://kakegurui-anime.com/character/group02.php

そして人間のリスクリターンを本質的に求める本能。これをこの作品ではしっかり強調して描いています。

思うに我々の祖先が進化していくうえで、リスクをおかして新しい発見をすることで人類が発展していったため、本能的欲求レベルでリスクを冒してリターンを得るという行動が刻み込まれているのでしょうね。

だから日々の活動においてリスクをとることの重要性について、確信を持って臨む必要があるのです。

大切なのはリスクを自身の制御下に置くこと。それにより、私たちは死ぬことなく進歩を続けることができるのです。

もしこの点についてこの作品の中で語ることが出来れば、これは立派な人生の教科書になり得るのでしょうね。ていうか恐らくそこも語ることが出来ています。

作中でギャンブルに負けた人達は誰一人死んでいない。みんな傷を負いながらも、その人生を前に進んでいる。

歌詞にも表れている、「失うものはたかが知れてる、明日を無くしても未来が無くなるってわけじゃない」

素直に、日本のアニメのレベルの高さに畏怖すら感じます。大袈裟ですかね?

自分の価値観を大切にすることの気高さ

価値観は人それぞれで、そこに絶対的な正解はないです。

個々人の正解は、その魂に刻まれている。そう思います。

世の中の仕組みは複雑です。そこには巧妙にトリックが仕組まれている。

勝つ人は勝ち、負ける人は負けるのです。

ある種いかさまとも言える仕組みが世の中には公然とまかり通っていますね。

そのことに気づかなきゃいけないってことに、この作品は語っています。

美しい作品だったなと、満たされた気持ちで振り返れる名作でしたね。

「百花王学園は、私が作った私のアクアリウム。弱肉強食を理として、美しく循環する閉じた世界。」

私も資産形成自動化システムの構築を考えるうえで、こういった右脳から得られるインスピレーションを大切にしたいなと思います。

まあ単純に美しい作画を眺めるだけで十分魅力的だったり
賭ケグルイ公式HPより引用
https://kakegurui-anime.com/character/group02.php

たまにはこういう記事も書いて行きたいと思います。副業を健全に運用するうえで、下手な投資セミナーより出来の良いアニメの方がよっぽど有益な情報を与えてくれますからね。

それでは本日もありがとうございました!

返信する

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Toruと申します。2017年からサラリーマンをやりながら不動産と太陽光を主に様々な事業を運営しています。副業サラリーマンとして実体験に基づいた情報を発信していきたいと思います。同志の皆様のお役に立てば何より幸いです。 略歴:2004年国立大学大学院卒業後、2年電機メーカー、8年自動車メーカで研究開発の元Power of Dreamsサラリーマン。現在は外資系メーカに勤めながら副業で事業経営。木造アパート1棟、太陽光発電所2基、国内外株式を運用中。娘1人の3人家族のパパ。