外資系サラリーマンとおるの資本家日誌 / Way to be a capitalist

サラリーマンが資本運用と事業経営で総資産6億円、純資産3億円、年収3,000万円の資本家を目指すブログ。現在総資産15,328万円、純資産5,736万円【金融資産2,419万円(日本円 420、株式/ETF/投信 1,267、暗号通貨 120、外貨 38、債券 /REIT/インフラファンド 82、保険/退職金 489)+ 実物資産3,317万円(不動産 1,158、太陽光 1,776、金/プラチナ/銀 176、耐久財等 205)】、自己資本比率37.4%、給与CF60万円/月、資本CF 30万円/月(不動産 7、太陽光 11、金融資産運用 12)、事業CF 3万円/月。

カテゴリー

Count per Day

  • 77現在の記事:
  • 77850総閲覧数:
  • 28今日の閲覧数:

カテゴリー

Count per Day

  • 77現在の記事:
  • 77850総閲覧数:
  • 28今日の閲覧数:
不動産事業

不動産物件視察日誌_秋葉原ワンルーム_20190501

Pocket

こんばんは。Toruです。

今日は令和初日から不動産物件の視察に行ってきました。

場所は今やポップカルチャーの発信地である秋葉原です。

私は10年ほど前に秋葉原でテコンドーを習っていた関係で昔からよく遊びに行っていましたが、ここ最近の変化はすごいですね。大分雰囲気が変わってきて、時代の変化を肌で感じられます。

東京都内はとても魅力的で、いつかは物件を運用したいなと考えています。

物件の所在地と利回りについて

物件は秋葉原駅から徒歩3分の好立地。秋葉原駅とは昭和通を挟んだ反対側にありました。

人生一度はこんなところに住んで、毎日仕事と夜遊びを繰り返す生活をしてみたいですね。

この日はとても天気が良く、朝から気持ちの良い一日でした。

都心は何とも魅力的です。

築15年で23平米のRCワンルームで、表面利回りは4.7%程度です。恐らく5年ほど運用して売却すれば多少は手残りがあるのでしょうか?

出来れば築10年以内で、5年後くらいの売却が良さそうかなと考えています。

秋葉原周辺の環境も見ていましたが、流石に活気があって良いですね。街が若くて、将来性を感じます。

スクエニカフェとか、昔はなかったものが出来ています。
昔はここまでアニメアニメしていなかったような・・・

若々しい街でもありますが、同時に歴史の残り香を感じるような趣ある建物も見られます。

ふと現れる趣ある建物

UDXビルでは何やらイベントをやっていました。絵師100人展とのことで、イラストレーターさんの展示会ですかね?

20代の頃にここに住んでたら楽しかっただろうな、なんと思います。

いずれにせよ、秋葉原はとても思い入れのある地なので、これからも定期的に調査していきたいと思います。

ワンルームマンション投資について

不動産をかじった方なら誰もが聞いたことがあると思いますが、ワンルームマンションを新築で購入してしまうと、買った瞬間から赤字となり物件の劣化に資産価値がついてこないことが多いです。

実際真面目に調べてみると、販売額が高くそこに業者の利益がたっぷり乗っているようで、それを幾ら運用してもワンルームは価値がある程度保証される土地が無いため、価値劣化が速くほぼ元が取れないようです。

但し超好立地で価値が上がり続けるところに買えば、いつかは利益が出ることもあるようですが。

その点中古マンションは市場流通価格で購入できるため、ある程度築浅で売り抜けば利益は出せると考えています。

ここでもやはり価値が上がり続けるであろう超好立地、具体的には人気駅から徒歩3分以内の物件が良いのではと思います。

都心は魅力的なので、いつか運用したいですね。

これからも地道に物件調査をしていきます

不動産はやはり相場感覚が付くまでは色々と物件を見ないといけませんね。何せ1件1件が高価なので。

どの投資にしてもそうですが、地道な勉強は成功のためには必ず必要になります。

不動産もその点は同じですが、不動産の一番の魅力はやはり何といってもそれが社会貢献に直結していること。

自分の保有する物件を選んで住んでくださるお客様がいるということが、何とも言えない充実感を与えてくれます。これは他の投資には無いですね。これが不動産は投資ではなく事業であると言われる理由なのでしょう。

これからもたくさん勉強して、利益と社会貢献を両立した不動産運用をしていきたいなと思います。

それでは本日もありがとうございました!

返信する

メールアドレスが公開されることはありません。

サラリーマンをやりながら副業で様々な事業を運営しています。実体験に基づいた情報を発信していきたいと思いますので、同志の皆様のお役に立てば何より幸いです。 略歴:2004年国立大学大学院卒業後、現在は会社に勤めながら木造アパート1棟、太陽光発電所2基、株式を主とした各種金融資産を運用中。娘1人の3人家族のパパ。