外資系サラリーマンとおるの資本家日誌

普段仕事に育児に忙しいサラリーマンでも出来る資産形成と事業経営を実体験で綴るブログ。目標は不動産、太陽光、株式有価証券の資本運用で総資産6億円、自己資本比率40%、純資産2億4000万円(うち金融資産1憶2000万円)、資本収入150万円/月、事業収入50万円/月で富裕層セミリタイア。現在総資産1億4988万円、純資産5027万円(日本円803万円、不動産827万円、太陽光1310万円、株式1105万円、その他982万円)、自己資本比率33.6%、資本収入27万円/月(不動産収入7万円/月、太陽光収入11万円/月、金融資産運用収入9万円/月(利率4%で計算))、事業収入3万円/月。

カテゴリー

Count per Day

  • 27現在の記事:
  • 60534総閲覧数:
  • 48今日の閲覧数:

カテゴリー

Count per Day

  • 27現在の記事:
  • 60534総閲覧数:
  • 48今日の閲覧数:
資本家への道、セミリタイア、FIRE/SIDE FIRE

超優良企業の株を長期的に購入することが株式投資の極意

Pocket

おはようございます。Toruです。

コロナウィルスの影響で世界的に株価が下がっていますね。

こんな時は株を購入して世界経済を支えることが大切と思いますが、同時に株主としても割安で株を買うチャンスでもあると考えます。

本日は私の株コレクションを増やすためにNTT株を購入しました。言わずと知れた日本の通信業界の最大手です。少なくとも今後10年は不動の地位を占めると考えています。

業界をほぼ支配しているような今後も有望な大企業の株を購入することをお勧めします。株式市場全体は長期的には必ず上昇します。逆に通貨価値はインフレにより長期的には必ず下がります。

株の買い時は基本的には欲しい時、買う余裕がある時。それで良いと思います。

そしてウォーレンバフェットを見習い以下に徹するだけで十分と思います。

・一度保有した株は5~10年以上の長期保有が前提。市場を独占する様な超優良企業の株を買う。

・市場で割安と思われる株を分析して買う。

・株が下がった時に買う。

プロの投資家の様に損失を出すことを恐れる必要はありません。含み益や含み損はあまり意味は無く、長期投資家はただ淡々と配当金を受け取り再投資に回していけばOKだと思います。

保有株の銘柄の見直しは1年に1回もすれば十分です。

本日は非常に短く簡潔に書きますが、上記が株の極意だと思います。

この非常にシンプルな鉄則に従って投資を行い株式の分析等には過度に時間を使わないようにしましょう。

そして余った時間をとにかく創造的に使い、事業収入の構築をする。それにより株に充てる資金が増えますので更に買い増しましょう。

あまり難しく考える必要はありません。株式投資の大原則は、自分ではない誰かが会社で一生懸命働いて創り出した利益の一部を株主として受け取るということです。

優秀な人材が集まるであろう価値の高い超優良企業に投資をし、自分は自分で一生懸命自分の事業に時間と労力を集中しましょう。

それでは本日もありがとうございました!

返信する

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

2017年からサラリーマンをやりながら不動産と太陽光を主に様々な事業を運営しています。副業サラリーマンとして実体験に基づいた情報を発信していきたいと思いますので、同志の皆様のお役に立てば何より幸いです。 略歴:2004年国立大学大学院卒業後、現在は外資系に勤めながら副業で事業経営。木造アパート1棟、太陽光発電所2基、国内外株式を運用中。娘1人の3人家族のパパ。