外資系サラリーマンToruの資本家日誌

サラリーマンが太陽光発電、不動産、株式他投資で総資産6億円、自己資本比率40%、純資産2億4000万円(うち金融資産1憶2000万円)、資本収入150万円/月で資本家セミリタイアを目指すブログ。現在総資産1億3509万円、純資産3364万円(うち金融資産2533万円)、自己資本比率24.9%、資本収入26万円/月。基本生活費24万円/月、FIREまであと資本収入+14万円/月(基本生活費+(年金社会保険料+レジャー代+最低限の貯金・積立(=16))-資本収入)、純資産+3036万円(((基本生活費+(年金社会保険料+レジャー代+最低限の貯金・積立(=16)))×12)÷0.075-純資産額)、SIDE FIREまであと純資産+476万円(基本生活費×12÷0.075-純資産額)、資本収入基準は達成済み(資本収入>基本生活費)。

カテゴリー

Count per Day

  • 22現在の記事:
  • 51457総閲覧数:
  • 15今日の閲覧数:

カテゴリー

Count per Day

  • 22現在の記事:
  • 51457総閲覧数:
  • 15今日の閲覧数:
サラリーマンの楽しみ方

サラリーマンを卒業する時期を見積もる。

Pocket

両学長のYoutube大好きでいつも参考にさせて頂いているのですが、ついにチャンネル登録者100万人を越えたみたいですね。あの方は本当にすごいです。

2~3年前に初めて視聴させて頂いた時に、あれこの人なんかすごいことぺらぺらしゃべっている・・・と衝撃を受けたことを覚えています。

資産形成する上でとても参考になる情報を沢山学ばせて頂きました。

そして私も色々と努力の甲斐があり、そろそろサラリーマンを卒業する時期が見えてきたなと感じています。

本日はサラリーマンを卒業する時期と、その後の生活について書いていきたいと思います。

サラリーマンを卒業する時期を見積もる。

若い頃はサラリーマンはとても楽しく、現場に飛んで現地の方と話したり、知らない世界中の方と知り合いになって仕事をすることはとても新鮮で張りのあるものでした。

どちらかというと友達や仲間や女性からの評価、自分自身を褒める為に働いていた様な気もします。

最近はマネージメントに回ることが多くなり、それはそれで大切な仕事なのですが私のように現場で手を動かして思うように進めるのが好きなタイプにはやっていていまいち退屈な部分もあります。

人材教育は好きでそこに楽しみを見出すことも出来ますが、方やプロジェクトメンバー全体の人材育成など出来ないですしそこが本業な訳でもありません。

とうことで十分にサラリーマン人生を謳歌したので、そろそろ卒業して資本家事業家投資家としての人生に若いうちから切り替えて行こうかと考えています。

現在の生活費が大体色々込みで月間30万円ほどなので、そこを越える頃というのが一つの節目かなと考えています。

また今携わっているプロジェクトが2~3年後に終わるのでそれもタイミングを計る上で大切です。無責任に自己都合で会社を辞めてしまうと後味が悪いので。会社の都合はあまり気にしませんが、自分として後味が悪いのは嫌ですね(笑)

子供の年齢も一つの検討要素で、子供が物心つく4歳前くらいには子供と向き合える時間を十二分に確保したいです。語学や音楽教育を始めるのにも4歳という年齢は最適なタイミングです。

ということで私の中では時期は2023~2024年のタイミングの良い頃、というのが今時点の結論ですね。今から会社にはそれとなくゆっくり伝えて行こうと思います。これ以上重責を背負わせないでくださいねとw

卒サラ後の資本収入、労働収入、生活を考える

それでは仮に2024年の夏からサイドFIREしたとして、その頃の生活を収入面と一週間の予定から考えてみます。

■資産

総資産は不動産が6000万円、太陽光が1600万円、自宅が1600万円、金融資産が3500万円。残債は太陽光が500万円、不動産が6000万円、自宅が1400万円で8000万円ほどです。純資産で約4500万円、自己資本比率で35%となっています。

■資本収入

計画では太陽光発電所の一基を完済し、太陽光からの収入は平均毎月16万円、不動産からの収入が毎月6万円、金融資産の4%収入が12万円で計34万円となっています。サラリーマンを辞める前にアパート一棟買い増しも検討していますが、そうすると不動産収入が12万円となり金融資産が8万円になります。計36万円です。

■労働収入

毎月20万円程度の労働で収入を得たいと考えています。フリーランスでのプログラミングやブログ動画広告収入、語学を活かした海外輸出入や家庭教師などなど、個人で楽しめる範囲で仕事をしつつ適度な社会的資本を確保するつもりです。ここをあと3年ほどで固めていきますが、正直どれをやっても上手く組み合わせれば達成できる数字だと考えています。Ubereatsもあるし笑。あとは時間効率ですね。一日の労働3時間で確保できるようにするのが目標値です。

■一週間の予定

月~金:娘の幼稚園の送り迎えをした後に午前中は労働に充てる。午後はお茶しながら優雅に株式相場や金融商品の価格をデイリーにチェックし、買い時銘柄を手堅く買い増す。月に1~2回の発電所のメンテナンス。

幼稚園の送り迎えはオープンカーが良いのかなと妄想しています。
BMW公式HPより画像引用。

土日:娘が休みの日に家族で旅行。あまりお金を掛けずに潮干狩りやキャンプバーベキュー。年に一回の海外旅行、不動産の視察を兼ねて毎月の国内車旅行。

如何でしょうか?この様な生活に入り、後は一生楽しめる仕事をしながら人生の最後の日まで資産を拡大していきます。

これから3年の本質的な目標は会社や組織への依存度の低い労働収入を確立することだと考えています。

もう暫くはサラリーマンを続けていきますよ!

今はこの会社に依存しない労働収入確保と資産が自然と増えて行くフェーズに入るまでの準備期間と捉えています。暫くはフルタイムのサラリーマンを頑張りたいます。

私の感覚的にはサラリーマンを辞めるまでに3000万円資産を築いておくと安全だと思います。これだけあれば4%収入だけでも生活の最低限の支出の多くを賄えますし、それだけ資産形成できたということはお金の使い方もかなり上手くなっていると思います。

融資を活用して築古のアパートを一棟買えば不動産大家として金融資産を残しつつ手堅いキャッシュフローを得ることも可能な金額です。融資はサラリーマンを辞める前に組んでおくべきですね。

資本家を目指して資産形成を始めて5~6年が経過しましたが、残りの3年で合計8年です。このくらいの期間を設定すれば再現性高く自由な生活に入れると思います。

サラリーマンがきついなと感じ始めるのは大体35歳からだと思います。それから8年掛けて40代前半でサイドFIREに入る生活が今後は主流になってくるのかなと考えています。以下の記事も参考になれば幸いです。

それでは本日もありがとうございました!

返信する

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Toruと申します。2017年からサラリーマンをやりながら不動産と太陽光を主に様々な事業を運営しています。副業サラリーマンとして実体験に基づいた情報を発信していきたいと思います。同志の皆様のお役に立てば何より幸いです。 略歴:2004年国立大学大学院卒業後、2年電機メーカー、8年自動車メーカで研究開発の元Power of Dreamsサラリーマン。現在は外資系メーカに勤めながら副業で事業経営。木造アパート1棟、太陽光発電所2基、国内外株式を運用中。娘1人の3人家族のパパ。