外資系サラリーマンToruの資本家日誌

サラリーマンが太陽光発電、不動産、株式他投資で総資産6億円、自己資本比率40%、純資産2億4000万円(うち金融資産1憶2000万円)、資本収入150万円/月で資本家セミリタイアを目指すブログ。現在総資産1億3509万円、純資産3364万円(うち金融資産2533万円)、自己資本比率24.9%、資本収入26万円/月。基本生活費24万円/月、FIREまであと資本収入+14万円/月(基本生活費+(年金社会保険料+レジャー代+最低限の貯金・積立(=16))-資本収入)、純資産+3036万円(((基本生活費+(年金社会保険料+レジャー代+最低限の貯金・積立(=16)))×12)÷0.075-純資産額)、SIDE FIREまであと純資産+476万円(基本生活費×12÷0.075-純資産額)、資本収入基準は達成済み(資本収入>基本生活費)。

カテゴリー

Count per Day

  • 15現在の記事:
  • 51526総閲覧数:
  • 84今日の閲覧数:

カテゴリー

Count per Day

  • 15現在の記事:
  • 51526総閲覧数:
  • 84今日の閲覧数:
資本家への道、セミリタイア、FIRE/SIDE FIRE

理想の生活を考える:2021年3月8日

Pocket

本日も色々と理想の生活について考えていました。

先ずはしっかりと構想を自分の中で確かなものとすることが大切です。

成功は頭の中で出来上がります。日々の行動はそれをなぞるだけです。

ということで、理想の生活を更に具体化してみました。

理想の生活を考える:2021年3月8日

理想の生活を考える上で幾つか過去に考えていたことを実現することが必要だと確信するようになりました。

■東京に生活の拠点を一つ持つ

これは20代の頃から描いていましたが、あの頃は東京の街が眩しくて憧れていました。

地元の京都も本当に大好きなのですが、やはり東京は違った魅力があります。

これを実現したいのですが東京に住むとなると特に後述の車を2台持ちたいという点で問題が出てきます。

法人を設立した際の事務所を秋葉原に持ち、そこと家とを拠点にするのが良いかなと考えています。

家は落ち着いた神奈川の閑静な住宅街、法人事務所は東京秋葉原に持ちます。

田舎にも暮らしてみたいですが、ここは逆に週末にホテルに宿泊に行くだけでも満足できます。

老後の楽しみに、田舎に家を買って毎日釣り三昧というのは良いかもしれませんね。今は特に必要ないかなと感じています。

■家は駐車場2台付きの戸建て

家はやはり戸建てが良いかと考えています。広めの庭付きで駅から多少距離があっても構いません。

普段は車で移動できますし、タクシーを使っても大した金額ではありません。バスもありますしね。

その代わり土地を広めに取り駐車場を2台分持ちます。

■車はファミリーカーを1台、ラグジュアリーオープンカーを1台

ここも外せません。家族での移動や事業用途、アウトドア用に現在保有するFreedHybridの様な車はMust haveです。

かたや車好きな私はやはりどうしても高級オープンスポーツカーを保有したいです。

これを実現することをモチベーションに多少無理してサラリーマンを続けるなり労働の時間を増やしても良いです笑

ドライブや娘の学校の送り迎え、ちょっとした旅行であれば家族分の荷物を積んで移動できます。
BMW公式HPより画像引用

改めて理想の生活に必要なお金を計算してみる。

ということでかなり具体的に理想の生活が私の中で見えてきました。

必要な費用を計算してみたいと思います。

■東京に拠点を一つ持つ

仮に秋葉原駅徒歩5分圏内に30m^2程度の1LDKオフィスを購入したとすると、4000万円ほどになります。

金利2%、35年ローンで借りれば毎月13万円です。そこに管理費毎月2万円、固定資産税月割りで2万円とすると毎月17万円となります。年間で204万円ですね。

逆に法人事業で最低20万円を稼ぎ出す必要がありますね。法人オフィスのために稼ぐというのは本末転倒に見えますが、目的と手段が逆転していても結局双方が自分のやりたいことに繋がるのでこれで良いです。

先ずは法人とオフィスを持ち、それからビジネスを必死に考える。きっと何とかなるでしょう。

■家は駐車場2台付きの戸建て

仮にあざみ野~新百合ヶ丘の辺りの駅から離れた場所に戸建てを購入すると大体4000~5000万円ほどとなります。

金利1%の35年ローンで借りれば毎月14万円ほどになります。そして固定資産税で毎月2万円、修繕費として毎月1万円を積み立てるとこちらも毎月17万円となります。 年間で204万円ですね。

その分駐車場代が掛からないので金額的には今でも十分何とかなると思います。

■車はファミリーカーを1台、ラグジュアリーオープンカーを1台

1台を国産ファミリーカーとすると、300万円で購入し6年後に60万円で売ると年間で40万円となります。燃料代を毎月5000円、保険代を毎月3000円、自動車税を3万円とすると年間で53万円となります。

まあオープンカーを仮にBMW 4シリーズカブリオレの2リッターモデルとすると込々で車両本体価格800万円に対して6年後に200万円でばいきゃくするとすると年間で100万円となります。燃料代を毎月5000円、保険代を毎月7000円、自動車税を4万円とすると年間で118万円となります。

合計で毎年180万円ほどとなります。

上記を合計すると毎年588万円です。これに加えて毎月の教育費を10万円、生活費を10万円、レジャー代と貯金を10万円とすると948万円となります。

年収換算で1400万円ほどですね。やはりこれくらいの生活となるとかなりの高年収を要求されます。大体大企業の部長職くらいの生活になると思います。

私は何とか支払える金額ではありますが、かなりぎりぎりなので余裕が無くなりそうです。もう少し資産形成を進めてからですね。

理想を見据えながらこれからも資産形成に励んで行きたいと思います!

ということでやはり毎月80万円というのが私が理想とする生活を実現する上で必須となる金額ということが再確認できました。

本HPトップでも記載している金額ですね。これを資本収入で実現することが経済上の一先ずの目標となります。

全てを一括で支払うとすると1億円ほどが必要になりますのでまだまだ頑張って資産を増やして行きたいと思います。

逆にこれさえ手に入れればあとは毎月30万円ほどで生活できますので、10年くらいかけて気長に実現していきたいと思います。

それでは本日もありがとうございました!

返信する

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Toruと申します。2017年からサラリーマンをやりながら不動産と太陽光を主に様々な事業を運営しています。副業サラリーマンとして実体験に基づいた情報を発信していきたいと思います。同志の皆様のお役に立てば何より幸いです。 略歴:2004年国立大学大学院卒業後、2年電機メーカー、8年自動車メーカで研究開発の元Power of Dreamsサラリーマン。現在は外資系メーカに勤めながら副業で事業経営。木造アパート1棟、太陽光発電所2基、国内外株式を運用中。娘1人の3人家族のパパ。