外資系サラリーマンとおるの資本家日誌

普段仕事に育児に忙しいサラリーマンでも出来る資産形成と事業経営を実体験で綴るブログ。目標は不動産、太陽光、株式有価証券の資本運用で総資産6億円、自己資本比率40%、純資産2億4000万円(うち金融資産1憶2000万円)、資本収入150万円/月、事業収入50万円/月で富裕層セミリタイア。現在総資産1億4988万円、純資産5027万円(日本円803万円、不動産827万円、太陽光1310万円、株式1105万円、その他982万円)、自己資本比率33.6%、資本収入27万円/月(不動産収入7万円/月、太陽光収入11万円/月、金融資産運用収入9万円/月(利率4%で計算))、事業収入3万円/月。

カテゴリー

Count per Day

  • 51現在の記事:
  • 60676総閲覧数:
  • 10今日の閲覧数:

カテゴリー

Count per Day

  • 51現在の記事:
  • 60676総閲覧数:
  • 10今日の閲覧数:
未来への備え

100歳まで出来る仕事を探したい

Pocket

本日も漠然と、本当に漠然とこれからどれくらいお金が必要でそのためにどうやって働こうかなと考えていました。

一番手っ取り早いのはあと10年サラリーマンを続けて金融資産1億円をさっさと超えてしまうことです。

多少社内政治で消耗したり転職に追い込まれたりとリスクは見え隠れするもののこれが一番安全で確実な手段だと思います。

かたやそれ以降の残りの50年何するの?というときっとお金のために働く必要は無いと思います。不動産の収入と資産の自然増加によりそれ以降お金に困ることはほぼ無いことが分かっています。

正直それも味気ないなと感じます。お金を得るのは労働の喜びの一つです。それをみすみす早いうちから手放すのもどうなんだろうと。

もっとゆっくりと好きな仕事をマイペースにしつつ、少しずつ目標資産額に到達するのが良いのではないか。最近はそんなことを考えます。

もう4年はサラリーマンを続けようかなと思います。が

これから4年サラリーマンを続けると大体800万円×4で3200万円の純資産を上積みすることができると計算しています。

ちょうど娘が幼稚園に入る頃なので、教育に時間を掛けたいのと後進も育つのでその辺りが引き際かなと考えています。

毎月大体36万円ほどの資本収入を得ながら、毎月30万円ほどの労働収入を確保すれば裕福な生活をするにしても十分なはずです。

大体5000万円ほどの自宅に車2台持ちの私立学校コースでも何とかなる金額ですね。

それをこれから先ずっと続けることが出来れば特に問題無く人生を優雅に楽しく充実して生きていくことが出来るでしょう。

100歳まで出来る仕事を考えてみる

一つは不動産取引や不動産鑑定士、ビル管理などの不動産に関連した仕事かなと。

100歳まで出来るかは置いておいても70~80歳くらいまでは続けられるのではないかなと思われます。

人口減少が見えているからこそ、便利な都心や中枢都市にコンパクトに人口が集中していくことが予想され逆に市場動向が読みやすいのかもしれません。

資格取得も比較的しやすい業種ですので、あとは上手く実地経験に繋げることが出来れば少しずつ稼げるようになるのではないかなと考えています。

幸い私自身が不動産事業家ですので、鑑定スキルを活かしながら不動産規模を拡大して自己管理により経験を積むことも可能です。法人の代表兼従業員ですね。

また金融資産については今でもかなり詳しいので、これから私が経営する事業分野に跨る資産育成セミナーなどの講師なども面白いでしょうね。人々に夢を与えるやりがいのある職種だと想像しています。

もちろんSNSを活用した情報発信も一つです。幸い本当に少しずつですが本ブログも少しずつ社会的に認められてきたのかAdsense広告料も増えてきました。これは本当に読んでくださる皆様のおかげですので、私としても一生懸命考えたことをまとめて少しでもお役に立つ情報をこれからも発信していきます。

太陽光発電でも使える電気工事士や電気主任技術者、太陽光メンテナンス技師資格の取得もありです。クリーンエネルギーの普及に伴い太陽光発電メンテナンスの需要はこれからも堅調でしょうし、何より私自身の発電所の収益安定にも貢献できます。

不動産や発電所、金融資産の自動管理システムを構築するのも面白いかもしれませんね。商品化できるかはわかりませんが自己使用であれば電気エネルギー生産と仮想通貨マイニングを組み合わせたりなどで面白いことが出来るかもしれません。

中々100歳まで出来そうな仕事は限られそうですが、このテーマも考え始めて数年が経ちが段々と姿が見えてきました。

人生を楽しんで充実させていくために仕事をする

今既にある資本収入でサラリーマンの仕事の精神的な負荷はかなり緩和されてきました。

と同時に思いがけない変化として毎日の緊迫感や充実感の欠如を感じる様になってきました。所謂幸せですが退屈な日々というやつです。

まだまだ生活を全て賄えるものでも一生使い切れないような規模の資産でも無いですが、それですら既にこの状況です・・・

お金持ちが段々と承認欲求に走り始める理由が分かった気がします。

私としてもこの心境変化を前向きにとらえ、もう数年サラリーマンを続けてやりたいことや後輩の育成を完了し新しい人生に踏み出していきます。

まだまだ長い人生で半分にも到達していないので、長い目で自分らしい生き方を充実した仕事と共に過ごして行きたいなと思います。お金を稼ぐ喜びを大切にしつつ。

それでは本日もありがとうございました!

返信する

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

2017年からサラリーマンをやりながら不動産と太陽光を主に様々な事業を運営しています。副業サラリーマンとして実体験に基づいた情報を発信していきたいと思いますので、同志の皆様のお役に立てば何より幸いです。 略歴:2004年国立大学大学院卒業後、現在は外資系に勤めながら副業で事業経営。木造アパート1棟、太陽光発電所2基、国内外株式を運用中。娘1人の3人家族のパパ。