外資系サラリーマンToruの資本家日誌

サラリーマンが太陽光発電、不動産、株式他投資で総資産6億円、自己資本比率40%、純資産2億4000万円(うち金融資産1憶2000万円)、資本収入150万円/月で資本家セミリタイアを目指すブログ。現在総資産1億3509万円、純資産3364万円(うち金融資産2533万円)、自己資本比率24.9%、資本収入26万円/月。基本生活費24万円/月、FIREまであと資本収入+14万円/月(基本生活費+(年金社会保険料+レジャー代+最低限の貯金・積立(=16))-資本収入)、純資産+3036万円(((基本生活費+(年金社会保険料+レジャー代+最低限の貯金・積立(=16)))×12)÷0.075-純資産額)、SIDE FIREまであと純資産+476万円(基本生活費×12÷0.075-純資産額)、資本収入基準は達成済み(資本収入>基本生活費)。

カテゴリー

Count per Day

  • 17現在の記事:
  • 51456総閲覧数:
  • 14今日の閲覧数:

カテゴリー

Count per Day

  • 17現在の記事:
  • 51456総閲覧数:
  • 14今日の閲覧数:
仮想通貨

仮想通貨の暴騰によりポートフォリオ崩壊中( ゚Д゚)

Pocket

ちょっと仮想通貨の上がり方がすごいですね・・・まあポートフォリオが崩壊というのは言い過ぎましたが。

XRPももうすぐ200円にハイタッチしそうです。5%のポジションリミットを超えたら25%くらい利確しようかなと考えています。BNBもちょこっとお小遣いくらいで買ったつもりが何だかMacの上級機種が買えそうな金額になってきました。

利益が雑所得カウントされてしまうのであまり利確はしたくないんですけどね。

仮想通貨はまだまだ上がると思います。いま仮想通貨を持っているのはどちらかというとプロの投資家や企業なので、これから一般層に普及するに当たり価値はどんどん上がるはずです。

仮想通貨起因の法定通貨価値の大暴落を恐れて4年前に仮想通貨を買い始めましたが、さてどうなるか見ものです。

気長に10年ほど塩漬けして価値が今の6~7倍になるのを待とうかなと思います。逆に大暴落しても元本が80万円ほどなのでまあ良いかで済みますし。現在500万円まで値上がりしていますが、3000万円まで到達したら少しずつ売却しても良いかなと考えています。(出来れば脱サラ後の低所得時に)

2017年末の仮想通貨バブルと言われていた時代が氷山の一角に過ぎなかったことを示しています。
CoinMarketCapよりチャート引用

一時期XRPは15円くらいまで下がりましたが今はお値段15倍になっています。

誰もがその価値を嘲り見放している時、必要以上に価値が暴落した時。それが投資のチャンスです。今回もやはり同じでしたね。

他に下がっているものは無いかなと考えると、金とすっかり順位が入れ替わってしまったプラチナや案外いまなら東南アジア中国株なんかもねらい目なのかなとか思います。

そういった人々が注目していなくて且つ将来の明るいシナリオが描けるなら十分に投資価値はあります。経験上大体7~8割はこれで勝てます。

これからも楽しんで投資先を探していきたいですね。

それでは本日もありがとうございました!

2021年4月14日追記:

無事ポジションリミット5%の150万円を超えたため、XRPの25%を利確しました。次は史上最高値400円を超えた辺りで25%の売却を検討します。利益でOculus Quest2とiPad新型でも買おうかな。同じ仮想世界つながりで笑

返信する

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Toruと申します。2017年からサラリーマンをやりながら不動産と太陽光を主に様々な事業を運営しています。副業サラリーマンとして実体験に基づいた情報を発信していきたいと思います。同志の皆様のお役に立てば何より幸いです。 略歴:2004年国立大学大学院卒業後、2年電機メーカー、8年自動車メーカで研究開発の元Power of Dreamsサラリーマン。現在は外資系メーカに勤めながら副業で事業経営。木造アパート1棟、太陽光発電所2基、国内外株式を運用中。娘1人の3人家族のパパ。