外資系サラリーマンToruの資本家日誌

サラリーマンが年収3000万円の経営者となり、資本となる太陽光発電、不動産、株式有価証券の総資産6億円、自己資本比率40%、純資産2億4000万円(うち金融資産1憶2000万円)、資本収入150万円/月でセミリタイアを目指すブログ。現在総資産1億3550万円、純資産3562万円(うち金融資産2673万円)、自己資本比率26.2%、資本収入27万円/月(不動産収入7万円/月、太陽光収入11万円/月、金融資産運用収入9万円/月(利率4%で計算))。基本生活費24万円/月、FIREまであと資本収入+13万円/月(基本生活費+(年金社会保険料+レジャー代+最低限の貯金・積立(=16))-資本収入)、純資産+2838万円(((基本生活費+(年金社会保険料+レジャー代+最低限の貯金・積立(=16)))×12)÷0.075-純資産額)、SIDE FIREまであと純資産+278万円(基本生活費×12÷0.075-純資産額)、資本収入基準は達成済み(資本収入>基本生活費)。資本家基準達成まで年収+151万円(1060万円-サラリーマン給与以外の年収)、純資産+1301万円(4863万円ー純資産額)、金融資産基準は達成済み(金融資産>2312万円)。

カテゴリー

Count per Day

  • 11現在の記事:
  • 57343総閲覧数:
  • 18今日の閲覧数:

カテゴリー

Count per Day

  • 11現在の記事:
  • 57343総閲覧数:
  • 18今日の閲覧数:
資本家への道、セミリタイア、FIRE/SIDE FIRE

本日時点の資本家基準からの乖離

Pocket

過去の記事で「資本家」の定義についてまとめてみました。

私のブログの中ではかなりのアクセス数(私のブログの中では)を誇りますが、それだけこの基準に対して世間の関心が(きっと)高いのだろうと感じます。

この基準からの現時点の乖離と、目指す指針についてまとめてみたいと思います。

本日時点の資本家基準からの乖離

上記の記事の通り、年収1060万円、純資産4863万円、金融資産2312万円と言うのが資本家の基準でした。

これはまさに私の肌感覚とほぼ一致しています。

私自身本日時点での年収が909万円(給料除く)、純資産3641万円、金融資産2746万円ですが、普通の生活レベルであれば特に問題無く資本の運用益により生活費を賄うことが出来ます。

これに乖離分である年収151万円、純資産1222万円を手に入れればかなり裕福な暮らしを送ることが出来ます。

例えば太陽光発電所を利回り10%、自己資金300万円の融資レバレッジ4倍で1200万円の物件を購入したとします。そうすると年収で+120万円、手取りで+30万円ほどが期待できます。

残った922万円を不動産購入に充てて融資レバレッジ8倍の7200万円ほどの一棟木造アパートを購入すればこれまた年収で+500万円、手取りで+120万円ほどが期待できます。

日頃使っている社会インフラへの協力的資本参加とでも言いましょうか。

そうしますと年収で1530万円、純資産4863万円、金融資産2746万円となり、キャッシュフローとしても年間で500万円ほどになると思います。

毎月40万円強を生活費に使えるとかなり贅沢な生活が出来ます。ほぼ不労でこれから生きていけますね。

逆に金融資産への4%リターンで手堅く1222万円を投資すれば48万円の年収増、年間のキャッシュフローとしても400万円ほどとなりこれでも十分に豊かに暮らしていけます。

融資比率が低いためリスク耐性が高く、且つ4%ルールであれば資産の大きな増加が期待できます。

この2手の間を取ると丁度資本家基準の1060万円辺りに年収が落ち着きます。実際にこの間を取って小規模不動産太陽光と株式への投資が良いと考えています。

ということでまさにこれが目標です > あと1222万円の資産を手に入れること!!

資本家基準の達成に向けて

ということで1222万円を手に入れるに当たり、最も単純なのは現職サラリーマンをあと2年続けることです。

来年の5月までは育児休暇を取る予定ですが、十分な休息を取った後にあと2年、つまり2024年7月くらいまで働けば確実に目標を達成できます。

今時点ではあまり気乗りのするプランではありませんが、会社で働く楽しさを再発見できるようであれば非常に有効な方法ですね。

若しくは差額の151万円を事業を立ち上げて収入確保するのも有りです。

現在の生活を続ける限りは働いた分だけ資産が増えていきますので、それでゆるく気長に5年計画くらいで目指すのも悪くないですね。

こちらは大きなオマケとして、今後将来に繋がる会社組織に頼らない収入確保手段を構築することが出来ます。投資だと思えばこちらの方が遥かに魅力的ですね。

どちらを選ぶかは人生の優先順位次第ですが、後者の方が魅力的に見えます。そうすると育児休暇後に退職手続きを行って来年の夏にはサラリーマン卒業となります。

まあ最後に一緒に働いていた仲間と酒盛りしたり遊びに行ったりして後腐れなく気持ち良く退職出来たら最高ですね。

そしてこれからの半年は真の資本家を目指して着々と仕込みのフェーズです。

それでは本日もありがとうございました!

返信する

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

2017年からサラリーマンをやりながら不動産と太陽光を主に様々な事業を運営しています。副業サラリーマンとして実体験に基づいた情報を発信していきたいと思いますので、同志の皆様のお役に立てば何より幸いです。 略歴:2004年国立大学大学院卒業後、2年電機メーカー、8年自動車メーカで研究開発の元Power of Dreamsサラリーマン。現在は外資系メーカに勤めながら副業で事業経営。木造アパート1棟、太陽光発電所2基、国内外株式を運用中。娘1人の3人家族のパパ。