外資系サラリーマンとおるの資本家日誌 / Way to be a capitalist

サラリーマンが資本運用と事業経営で総資産6億円、純資産3億円、年収3,000万円の資本家を目指すブログ。現在総資産15,065万円、純資産5,750万円($405,859)【金融資産2,371万円(日本円 381、株式/ETF/投信 1,262、暗号通貨 115、外貨 11、債券 /REIT/インフラファンド 96、保険/退職金 506)+ 実物資産3,378万円(不動産 1,114、太陽光 1,770、金/プラチナ/銀 202、耐久財等 291)】、自己資本比率38.1%、給与CF60万円/月、資本CF 30万円/月(不動産 7、太陽光 11、金融資産運用 12)、事業CF 3万円/月。

カテゴリー

Count per Day

  • 17現在の記事:
  • 87875総閲覧数:
  • 6今日の閲覧数:

カテゴリー

Count per Day

  • 17現在の記事:
  • 87875総閲覧数:
  • 6今日の閲覧数:
サラリーマンの楽しみ方

育児休暇始めました。

Pocket

ついに育児休暇が始まりました。

子育てをしながらではありますが、毎日出勤することを考えると精神的に大きな余裕が生まれます。時間が出来ると本当に気分が良いです。365日全て自由なんて大学生以来のことです。

子供が抱き着いてくれば余計なことを何も考えず抱きしめてあげることが出来ます。好きなことを勉強し、好きなことに時間を使います。

歳を取ってきた両親や兄弟、友達のことを思いやりそれを行動に移すことがいつでも出来ます。

まるで学生時代のような心の若さが戻ってきた様に感じます。年を取ると段々と気力が無くなるなんて嘘ですね。幾つになっても心は若いままで、普段サラリーマンでこき使われて疲れていただけでした(笑)

そして今回の育児期間はお試しSIDE FIREとしての一面があります。

会社勤務で時間を取られていた分が自由な時間となり、その自由な時間を上手く使えば事業者であれば経済的にも生活が成り立つことも実感しています。

10年間をしっかり不動産や株等の収益資本の構築に使えば、サラリーマンであれば誰でも必ず独立して自由な人生を始めることが出来ることがよく分かりました。

私は育児休暇後はもう3年ほどサラリーマンを続けるつもりです。

給与収入を投資しつつ資本形成最後の仕上げをし生活費を大きく上回る資本収入を確保した後、そこから先は事業の構築拡大と富裕層への道に人生の時間を使います。

折角なので思い切って新しい会社に転職してみるのも良いかもしれませんね。

この一か月は今年度分の有休消化で休みを取っていましたので、実質的には育児休暇も一か月が経過したことになります。

実感したのはただ休み何もしていないと自分だけが働いていない焦りの様なものを感じることです。これは多くの経験者先輩方が言っていた通りでした。

私の場合は自分自身の本当の仕事としての個人事業である不動産や太陽光発電事業があり、それらや新規事業の構築に時間を使うことで充実感を生み出せることも分かりました。

セミリタイアする前にある程度自分の人生の仕事と言える活動を確保しておくことがとても大切になりそうです。

これから4ヵ月間が全て自由な時間となりますので、この時間を子育てしながらしっかり将来の種を撒き、育て、お金の生る木としての資本と生き甲斐となる事業を育てることに使いたいと思います。

ゆくゆくは子供が私の事業と資産を受け継ぎ、世界の幸福拡大を進めそして自分自身の幸せを得ることを願いつつ。

それでは本日もありがとうございました!

返信する

メールアドレスが公開されることはありません。

サラリーマンをやりながら副業で様々な事業を運営しています。実体験に基づいた情報を発信していきたいと思いますので、同志の皆様のお役に立てば何より幸いです。 略歴:2004年国立大学大学院卒業後、現在は会社に勤めながら木造アパート1棟、太陽光発電所2基、株式を主とした各種金融資産を運用中。娘1人の3人家族。