とおるの資本家日誌 / Way to be a capitalist

FIREした元サラリーマンが資産運用と事業経営での資本家ライフ実現を目指すブログ。FIRE生活、資産運用、起業&事業運営について日々更新!(資産運用状況はプロフィールの方に移しました)

カテゴリー

Count per Day

  • 71現在の記事:
  • 312859総閲覧数:
  • 230今日の閲覧数:

カテゴリー

Count per Day

  • 71現在の記事:
  • 312859総閲覧数:
  • 230今日の閲覧数:
ブログ動画、セルフメディア発信

フォスターギャンブルに少しは近づけたのだろうか

Pocket

私がP&Gが好きな理由の一つに、創業一族フォスターギャンブルが創った「Thrive」という映画が好きだというのがあったりします。

この映画を通して資本家の目線と、世の中を動かす普段見えない仕組み、そして力がある故の世界に対する責任の様な物を感じ取りました。

これを見た当時の私は世界の檻の中のネズミみたいなものだったと思いますが、この高い高い視点からの目線を描いた映画を見て世界を見る目が変わった気がします。

きっと沢山の人に影響を与えた映画なのだろうなと思います。

私もまだまだチャンネルはブログとYoutubeで小さいのですが、私が持っている富の秘訣だったり、大切にしている価値観や考え方は一つも惜しまず世に還元していきたいなと思います。

そうすればこそ私自身も表現者としての生を世界に与えられる権利を得られるような気がします。

ということで今日も動画を公開。

こういうシンプルなことに気づくか気づかないかで、将来の資産って本当に大きく変わって来るんだろうなと思います。

今回はちょっとキャラを立ててみる試みを入れてみました。いずれキャラクターが独り歩きしてコンテンツをどんどん盛り上げてくれる予感がしています。

一度認知されさえすれば、キャラクターの持つ可能性は無限大です。商業を目的とした企業ではビジネスの収束と共にキャラクターの活用は段々とフェードアウトしていきますが、個人チャンネルのキャラクターはそういった経営状況には影響されません。

その世界からの認知量はそのまま資本として残り続けます。ここに投資しない手はありません。

しっかり作り上げてコンテンツの軸をビシッと定める役割を演じて欲しいですね。

きっとフォスターも自分の作る映画にとても生き甲斐と興奮を感じたんだろうなと、あんな裕福な家庭に生まれても結局やりたいことは誰かに与える事なんだろうなと。

素晴らしい作品でしたし、私も少しでも追いつけるようまだまだクオリティ改善に努めていきたいと思います。

返信する

メールアドレスが公開されることはありません。

FIREした元サラリーマンが資産運用収入を土台に様々な事業に挑戦しています。実体験に基づいた情報を発信していきますので、同志の皆様のお役に立てば何より幸いです。 略歴:国立大学大学院卒業後、日系電機メーカ、日経自動車メーカ、外資系メーカで開発業務を遂行。会社勤めの傍ら木造アパート1棟、太陽光発電所2基、株式、現金コモディティ他をコアとした資産運用を8年実施、生活費相当の資産収入を築きFIREを達成。現在は経営者として事業経営の日々。娘1人の3人家族。