とおるの資本家日誌 / Way to be a capitalist

FIREした元サラリーマンが資産運用と事業経営での資本家ライフ実現を目指すブログ。FIRE生活、資産運用、起業&事業運営について日々更新!(資産運用状況はプロフィールの方に移しました)

カテゴリー

Count per Day

  • 22現在の記事:
  • 273382総閲覧数:
  • 392今日の閲覧数:

カテゴリー

Count per Day

  • 22現在の記事:
  • 273382総閲覧数:
  • 392今日の閲覧数:
お気に入りの車・家電・日用品・書籍レビュー!

Artist pro 16、これ滅茶苦茶良い( ゚Д゚)

Pocket

イラスト作成が楽しすぎて専用のペンデバイス買っちゃいました!

Artist pro 16

XP pen公式HPより画像引用

やっぱりiPadのなんちゃってお絵描きとは比べ物にならない書き心地。画面も高解像度で色味も素直でアンチグレアの画面も見やすい。

iPadはなんか「なぞってる」って感じでしたがこちらは本当に「描いている」という感じです。こういうラフ画もすらすら描ける様になってきました。

本当に買って良かった!イラスト好きなら大変お勧めです。

見た目は高級感があって、手触りもさらさらしていて心地良い。そしてiPadとの違いはタッチパネルでは無いので手を乗せたタッチで変な線が書き込まれてしまわないこと。これほんと大きいです。

いつも変なノイズが絵に交じってて消すのに苦労してたんですよね。何でもかんでもタッチが良いわけではありません。あくまでペン入力の線だけが絵に記録されます。

ペンの入力も素直で、同じペンサイズで線を描き分けられます。ちょっと線を跳ねさせた時の奇跡の残り方がリアルっぽくないのですが、この辺りは線の引き方である程度調整できると思います。

繊細な線の書き込みも大丈夫

解像度も2560×1600と滅茶苦茶高解像度。ピクセルも目では全く見えません。画面サイズも16inchで大きくてストレス感じない。

ほんと描いてて楽しい

色味は私はセル画調で色数を使わないのでそこまで詳しく見ていませんが、素直で綺麗な発色はパネル性能の高さを感じさせますね。

付属の左手デバイスもダイヤルが付いてペンサイズをワンタッチで変えられて滅茶苦茶便利。作業効率が圧倒的に上がります。

これイラスト好きの子とかにあげたら滅茶苦茶喜ぶだろうなと思う一品ですね!

使っていてちょっと困ったことも一応書いておく

そして使っていて私もちょっと困った点をご参考になればと思い書いておきます。

■パソコンへのつなぎ方が複雑、始めつながらなくて結構苦労した。

PCとの接続ケーブルはペンデバイス側がUSBタイプC一つ、PC側が一本のケーブルにHDMI、USBタイプA×2と3系統あります。パソコンのポートを沢山使うのと、ペンデバイス側にUSBポートが二系統あってちょっと戸惑いました。ケーブルも沢山同梱されているのでどれをつなげば良いか最初分からなかったです。一応ペンデバイス側には給電用のUSBタイプCが別にもう1ポートあるのですが、基本的にはPCとの接続には上記1本のケーブルのみで大丈夫そうです。ご接続しないようにコネクタが刺さらなくなっているのでこの辺りも工夫されていますね。

とまあ今のところはこのくらいですかね。あとは本体についているアームが若干ですが頼りないので、しっかりしたものを求める場合は別売りの台を購入すると良いと思います。

Artist pro 16は大変お勧めできるペンデバイス!

今回特に他の機種との比較は行っていないのですが、この値段でこれだけ綺麗なディスプレイが付いてペンデバイスとしての機能も左手デバイス付きでこの価格と言うのはかなりお買得だと思います。

恐らく他社20万円クラスの製品とそん色無い性能だと思います。

これからまだまだ使いこなして、私のYoutubeチャンネルのイラストとして動画を飾る華としていきます!それではペンデバイス検討中の皆様のご参考になりましたら大変幸いです。

返信する

メールアドレスが公開されることはありません。

FIREした元サラリーマンが資産運用収入を土台に様々な事業に挑戦しています。実体験に基づいた情報を発信していきますので、同志の皆様のお役に立てば何より幸いです。 略歴:国立大学大学院卒業後、日系電機メーカ、日経自動車メーカ、外資系メーカで開発業務を遂行。会社勤めの傍ら木造アパート1棟、太陽光発電所2基、株式、現金コモディティ他をコアとした資産運用を8年実施、生活費相当の資産収入を築きFIREを達成。現在は経営者として事業経営の日々。娘1人の3人家族。