外資系サラリーマンとおるの資本家日誌

普段仕事に育児に忙しいサラリーマンでも出来る資産形成と事業経営を実体験で綴るブログ。目標は不動産、太陽光、株式有価証券の資本運用で総資産6億円、自己資本比率40%、純資産2億4000万円(うち金融資産1憶2000万円)、資本収入150万円/月、事業収入50万円/月で富裕層セミリタイア。現在総資産1億4988万円、純資産5027万円(日本円803万円、不動産827万円、太陽光1310万円、株式1105万円、その他982万円)、自己資本比率33.6%、資本収入27万円/月(不動産収入7万円/月、太陽光収入11万円/月、金融資産運用収入9万円/月(利率4%で計算))、事業収入3万円/月。

カテゴリー

Count per Day

  • 45現在の記事:
  • 60676総閲覧数:
  • 10今日の閲覧数:

カテゴリー

Count per Day

  • 45現在の記事:
  • 60676総閲覧数:
  • 10今日の閲覧数:
アニメ・ゲーム

宝石の原石を探しにミネラルマーケットに行ってきました

Pocket

皆さんはミネラルマーケットには行かれた事はありますか?

昨日横浜で開催されている横浜ミネラルマーケットに行ってきました。

以前から宝石集めに興味があり、これも新たなビジネスの種になるかもと思っていました。

試しに宝石を買ってみたところ、所有していても楽しいので売れなくても良いや(爆)というある種ビジネスの境地に至ったのでこれもありかなと。

ということで早速行ってみましょう!

ミネラルザワールド2019 in横浜に行ってきましたよ

横浜の貿易センタービルの会場に入り、入った瞬間は心が躍りました!

会場はフットサルコートくらいの広さだと思うのですが、会場内にぎっしりと宝石が展示されています。

広い会場内で沢山のお店が宝石を売って
色とりどりの宝石達
写真撮影NGなところもあるので注

原石がメインだったり、ルースやネックレスのみだったり、はまたま翡翠専門だったりと色々なお店がありました。

私は今回はルチルクオーツの原石をメインに探しに行きました。

ルチルクオーツは水晶の中にヘマタイトをベースにルチルの針状結晶が成長したものです。


このルチルクオーツが非常に美しく、大きな原石は車が買えるかそれ以上の値段がします。

透明な水晶の中にヘマタイトを中心に放射状にルチルが成長したものをタイチン(太陽)ルチルと言い、値段が跳ね上がります。


またパワーストーンとしても非常に人気で、金運を引き寄せる力があるとされています。ブレスレットは見た目も力強く美しく、確かに自分の自信を引き出しそうですね。

今回の戦利品

2時間ほど会場を見て回りましたが、やはり見ていて気になるものは幾つか出てきます。

美しさ、形、値段を見て良いなと思ったものを感覚的に買いました。

ということで今回の戦利品になります。

ルチルクオーツ
ルチルクオーツ。ちょっと角度を変えて
アクアマリン

ルチルクオーツは加工無しの原石で、水晶の中心に小さなヘマタイトから星の光の様なゴールドルチルが成長しています。

アクアマリンはお値段とのバランスを見て、大きなものを買いました。

ちなみにお値段はゴールドルチルが8,000円、アクアマリンが4,000円でした。

アクアマリンはお札しかないと言ったら4,500円から値引いてくれました。宝石の金額は結構交渉出来そうですね。

原石宝石ビジネスの可能性

私も事業家の端くれですので、常にビジネスの可能性を探っています。

総平均法や移動平均法での在庫管理が必要になるはずですが、個々の単価が時価になる煩雑さと目利きの重要性から中々時間が掛かり個人事業での大規模化は難しそうだなというのが第一印象です。

また宝石の価値を証明する鑑定書も必須でしょうね。日常品としても一般的にはそんなに買うものでもないので、売り上げも中々上がらなさそう。

宝飾品とする場合は原石の加工のつても必要でしょうね。まあ難しい分参入障壁も低いものですので、ニッチにやっていけるものなのでしょうか。

どちらかというと事務所のギャラリーとして飾っておくのが私にはちょうど良いかもしれません。所有不動産の共用エリアに飾っておくのもありかな。これから考えていこうと思います!

宝石を眺めながら、日々を豊かに

荒々しく力強い原石は、磨き上げた宝石の繊細さとは対照的な魅力を持っています。

人工的ではない自然の造形のため、その価値は永久に続きます。毎日それを眺めながら過ごすのはなんとも素敵です。

日々を彩る原石を探しに、貴方も宝石の世界に入ってみませんか?

ということで今回もありがとうございました!!

返信する

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

2017年からサラリーマンをやりながら不動産と太陽光を主に様々な事業を運営しています。副業サラリーマンとして実体験に基づいた情報を発信していきたいと思いますので、同志の皆様のお役に立てば何より幸いです。 略歴:2004年国立大学大学院卒業後、現在は外資系に勤めながら副業で事業経営。木造アパート1棟、太陽光発電所2基、国内外株式を運用中。娘1人の3人家族のパパ。