外資系サラリーマンとおるの資本家日誌

普段仕事に育児に忙しいサラリーマンでも出来る資産形成と事業経営を実体験で綴るブログ。目標は不動産、太陽光、株式有価証券の資本運用で総資産6億円、自己資本比率40%、純資産2億4000万円(うち金融資産1憶2000万円)、資本収入150万円/月、事業収入50万円/月で富裕層セミリタイア。現在総資産1億4988万円、純資産5027万円(日本円803万円、不動産827万円、太陽光1310万円、株式1105万円、その他982万円)、自己資本比率33.6%、資本収入27万円/月(不動産収入7万円/月、太陽光収入11万円/月、金融資産運用収入9万円/月(利率4%で計算))、事業収入3万円/月。

カテゴリー

Count per Day

  • 58現在の記事:
  • 60675総閲覧数:
  • 9今日の閲覧数:

カテゴリー

Count per Day

  • 58現在の記事:
  • 60675総閲覧数:
  • 9今日の閲覧数:
資本家への道、セミリタイア、FIRE/SIDE FIRE

2029年の純資産を計算してみた

Pocket

こんばんは。Toruです。

最近何故かわかりませんが、もうこれからお金に困ることは無いだろうなという漠然とした感覚を覚えることが多くなってきました。

本日時点の現実はそんなに楽観できるものではありませんが、現在のペースで毎年350万円の貯金ができていて事業のキャッシュフローが150万円ほどあるので、1年間で500万円は資産が増えていくと試算しています。

もちろん途中でリーマンショック的な経済危機が来たら一時的に下がるのですが、私の場合何度も下落を経験していますので、もはや下落は安値買いのチャンスにしか見えません。

これから日本は少子高齢化と人口減少が進みますが、少なくとも東京・名古屋・大阪の3大都心に投資をする限りは国内不動産も安定しそうな気もしますし。

なんだかんだ私は都会が好きです

お金に対する危機感がお金持ちを育てる

大富豪の投資術という本が好きで、お金のことを考えるときはいつもこの本を思い出します。

この本には当たり前だけど大切なことが書いています。いつだって強い戦術というのは基本を押さえたものですね。

要約すると、大胆に生活費を削って、頑張って働いて少しでも多くの給料をもらって、貯まったお金を運用に回す。ただそれだけです。

でもこれが多くの人に出来ないのです。

つい良いテレビを買ってしまう、高級な車に乗ってしまう。何千万円もの家を買ってしまったり美味しいものを食べたり旅行に使ってしまう・・・一部は私にも当てはまりますけどね。

私はこの本のを素直に実践し、家はとにかく安く、会社にも認められまあまあの給料をもらい、身の回りはとにかく質素に。浮いたお金は全て資産運用や事業に回す。

若い頃派手に遊びまわりましたが、そのおかげだと思いますが今そんなに贅沢したいとは思いません。きっとこれで良かったのでしょうね。

昔は給料全額こういう車につぎ込んでたっけ

本当は都心に住んでも余裕をもって暮らせるのですが、年間200万円近い出費の差が出ると思いますので今は我慢します。いずれ都心に1棟マンションを持つまでは我慢。

身なりも清潔感は大切にするけど決して豪華なものは身に着けない。50歳になるまでこれも我慢。

こうやってお金を稼ぐほどにお金を節約すると、あっという間にお金は貯まります。結局お金持ちになるのに必要なのは、努力と忍耐なんでしょうね。

このブログを読んでくださっている方は、きっとこのお金持ちになる本質を理解できるはずです。一緒に頑張りましょうね!

それでは10年後の純資産額は幾らになるのか?

ということでこのペースで資産構築をしていったときの純資産の額を計算してみたところ、純資産は5230万円で自己資本比率は46%でした。

これは運用利率を加味していないので、恐らく6000~7000万円にはなるのではないかと考えています。

これだけあれば4%運用でも月20万円ほどの配当が期待できます。これに加えて太陽光発電の売電収入が20万円、不動産が2~3万円あると思いますので毎月40万円以上はベーシックインカムを確保できます。

これは現在の生活を維持した時の値ですので、目標はもう少し大きく持ちたいと思います。

目標は純資産で1億円、ベーシックインカムは60万円。この目標を達成するため、日々考えていくのです。

例え達成できなくて半分程度しか貯まらなくても、実際はたいして問題は無いのですが。貯金3000万円に毎月30万円のインカム収入。そのままサラリーマンを続けていれば普通にリッチな生活できます。

そうなっても10年後には都会に普通に暮らそうかなと思います。諦めて良い服着て良い家に住んで優雅に生活したいと思います。

とにかく目標は10年後に1億、20年後に5億、30年後に25億円ですね。

そしてその先老人になって、日本の未来ある子供たちに希望ある教育を施すのが私の夢です。結局私は誰かに投資をする投資家なのだなとこういうことを考えているとつくづく思いますね。

大きな目標ですが、決して達成できないものではないと考えています。目標を決めたら、後は日々の努力です。日々確実に前に進んでいきたいものです。

返信する

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

2017年からサラリーマンをやりながら不動産と太陽光を主に様々な事業を運営しています。副業サラリーマンとして実体験に基づいた情報を発信していきたいと思いますので、同志の皆様のお役に立てば何より幸いです。 略歴:2004年国立大学大学院卒業後、現在は外資系に勤めながら副業で事業経営。木造アパート1棟、太陽光発電所2基、国内外株式を運用中。娘1人の3人家族のパパ。