外資系サラリーマンToruの資本家日誌

サラリーマンが太陽光発電、不動産、株式他投資で総資産6億円、自己資本比率40%、純資産2億4000万円(うち金融資産1憶2000万円)、資本収入150万円/月で資本家セミリタイアを目指すブログ。現在総資産1億3509万円、純資産3364万円(うち金融資産2533万円)、自己資本比率24.9%、資本収入26万円/月。基本生活費24万円/月、FIREまであと資本収入+14万円/月(基本生活費+(年金社会保険料+レジャー代+最低限の貯金・積立(=16))-資本収入)、純資産+3036万円(((基本生活費+(年金社会保険料+レジャー代+最低限の貯金・積立(=16)))×12)÷0.075-純資産額)、SIDE FIREまであと純資産+476万円(基本生活費×12÷0.075-純資産額)、資本収入基準は達成済み(資本収入>基本生活費)。

カテゴリー

Count per Day

  • 114現在の記事:
  • 51529総閲覧数:
  • 87今日の閲覧数:

カテゴリー

Count per Day

  • 114現在の記事:
  • 51529総閲覧数:
  • 87今日の閲覧数:
太陽光発電所運営・自然共生事業

経営力向上計画の認定を取るための具体的方法

Pocket

こんにちは。Toruです。

太陽光発電事業で申請していた経営力向上計画の認定を無事取得することができました。

人間為せば成るものだなと改めて感じましたね。1年前の私は国に申請書を書いて認定を取得するなんて一般人にはできないのではと思っていただけに、これもまた大きな前進のための経験となるでしょう。

今回は私が取った具体的な手順について記載していきたいと思います。皆様のお役に立てば幸いです。

経営力向上計画申請の具体的な流れ

基本的な流れは以下になります。

1.申し込み書類の入手

申し込みに必要な書類を入手します。中小企業庁HPにフォーマットがありますので先ずはこちらからダウンロードします。必要な書類は

・経営力向上計画チェックシート

・経営力向上計画認定申請書

の2つになります。

2.申し込み書類の記入

先ずは経営力向上計画チェックシートの記入です。記入例を添付しますので参照ください。

そして次に経営力向上計画申請書の記入です。こちらも記入例を添付します。

指標については今回は以下の表に従って計算しました。

3.記入した書類を提出

上記で記入した書類を提出します。私の場合は物件が茨城県にあるため、関東経済産業局長宛てに提出しました。

4.認定書を郵送で受け取る

申請書が無事承認されたら自宅住所に認定書が送られてきます。これで完了です。

また提出書類の修正を何度かeメールで依頼されましたが、簡単な修正程度だったので特に苦労はしませんでした。

多少間違えても修正していけば良いだけなので、是非経験値だと思ってご自分でトライしてみてください。

国からの優遇を今後も受けるために

こういった国とのやり取りは今後日本国で事業を行う上でとても重要になってきます。

金銭的な支援や優遇金利の適用など様々な恩恵を受けることが可能となりますので、受けておいて損は無いと思います。

実は今回は残念ながら国民政策金融公庫の融資承認が下りた後に申請書が届き、結局この経営力向上計画の認定書を活用することはできませんでした。

融資承認後の再交渉を行おうかと考えていましたが、公庫からは却下されました。目論見が甘かったようです。まあこれも良い経験です。

これからも少しでも多くの利益を上げていける様、事業に邁進していきますよ!

それでは本日もありがとうございました。

返信する

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Toruと申します。2017年からサラリーマンをやりながら不動産と太陽光を主に様々な事業を運営しています。副業サラリーマンとして実体験に基づいた情報を発信していきたいと思います。同志の皆様のお役に立てば何より幸いです。 略歴:2004年国立大学大学院卒業後、2年電機メーカー、8年自動車メーカで研究開発の元Power of Dreamsサラリーマン。現在は外資系メーカに勤めながら副業で事業経営。木造アパート1棟、太陽光発電所2基、国内外株式を運用中。娘1人の3人家族のパパ。