外資系サラリーマンToruの資本家日誌

サラリーマンが太陽光発電、不動産、株式他投資で総資産6億円、自己資本比率40%、純資産2億4000万円(うち金融資産1憶2000万円)、資本収入150万円/月で資本家セミリタイアを目指すブログ。現在総資産1億3509万円、純資産3364万円(うち金融資産2533万円)、自己資本比率24.9%、資本収入26万円/月。基本生活費24万円/月、FIREまであと資本収入+14万円/月(基本生活費+(年金社会保険料+レジャー代+最低限の貯金・積立(=16))-資本収入)、純資産+3036万円(((基本生活費+(年金社会保険料+レジャー代+最低限の貯金・積立(=16)))×12)÷0.075-純資産額)、SIDE FIREまであと純資産+476万円(基本生活費×12÷0.075-純資産額)、資本収入基準は達成済み(資本収入>基本生活費)。

カテゴリー

Count per Day

  • 193現在の記事:
  • 51456総閲覧数:
  • 14今日の閲覧数:

カテゴリー

Count per Day

  • 193現在の記事:
  • 51456総閲覧数:
  • 14今日の閲覧数:
資本家への道、セミリタイア、FIRE/SIDE FIRE

生活費を副業収入で賄うための3つのステップ

Pocket

こんばんは。Toruです。

今週はとても忙しく、プロジェクトマネージャーはつくづく仕事が尽きないなと思いました・・・

しかしながら苦労は自身のスキルや社会的価値を高める絶好のチャンスです!頑張って乗り越えて給料をガンガン上げていきたいと思います。

それでは本日は副業での収入で生活していくことについて書いていきたいと思います。

副業収入で生活費を賄いましょう!

副業収入で生活費を払う、サラリーマンをいつ辞めても生活していける。それは経済的には理想の状態ですよね。

副業だけで生活できたらそれは本当の意味で経済的に自立している証拠です。

それ以上働いて加速的に資産を増やしていくも良し、趣味や家族との時間をのんびり楽しむも良し。全ては貴方の自由です。

副業サラリーマンの私としても先ずはここを第一ゴールとして設定しています。

第二のゴールは副業収入で贅沢な暮らしが出来る(サラリーマン収入を超える)、そして第三のゴールは副業収入により贅沢な暮らしをしながら資産構築を行う、つまり副業の仕事を自由にしながら際限無く資産が増えていく状態です。

考えるだけでワクワクするこれらの目標に向けて先ずは第一のゴールである副業収入で生活費を賄うことを目指していきたいと考えています。

そのための3つのステップについて次に書いていきたいと思います。

ヨットを楽しみながら好きな様に仕事をコントロールする。理想です。

①副業収入と生活費の現状把握

ということで先ずは第一のゴールである副業収入で生活費を賄うことについて現状把握を行っていきます。

■2020年1月現在の副業収入

不動産:月5万円(全ての経費やローン支払いを引いた最終手残り)

太陽光:月5万円(同上)

配当金等:月1万円(税引き後)

節税効果:月2万円

⇒合計月13万円

■2020年1月現在の生活費

住居費:8.5万円

光熱費:1.5万円

食費:4万円

通信費:1万円

車費:5万円

その他:2万円

⇒合計月22万円

つまり22万円(生活費)-13万円(副業収入)で9万円増やせば第一ゴールはクリアです。

先ずは現状把握が大切です。

②目標達成に向けた具体的取組を決める

それではこの月9万円をどうやって増やしていくかについてが次のアクションになります。今見通しのある対策案は

①太陽光発電所2号機の稼働 ⇒ 300万円の自己資金投入で月5万円の収入増

②太陽光発電所1号機の繰り上げ返済 ⇒ 200万円の自己資金投入で月1.5万円の収入増

③高配当金融商品の購入900万円 ⇒ 900万円の資金投入で月2.5万円の収入増

上記を実施し先ずは第一目標をクリアします。①と②については既に資金も手段も確保していますし、③については現在250万円ほどの高配当資産を保有していますので2~3年で達成できると思います。

2024年までには先ずは第一ゴールをクリアします。これが達成できるかできないかで今後の人生が大きく変わると覚悟を決めて取り組んでいます。

資産構築は焦らず確実にが鉄則

③長期的な取り組みについて考える

先ずは4年後に第一ゴールを達成しますが、一度達成したら終わりではなく長期的な視点を欠いてはいけません。

不動産の収入は年々物件の劣化により経営状態は少しずつ悪くなり、太陽光発電も発電率の低下と固定買い取り制度の終了が迫ってきます。

20年後には恐らく不動産と太陽光発電の収入は月5万円程度に下がっているでしょう。節税効果も年々薄れてきます。

その低下に合わせ、不動産物件の新規購入や新たな事業の構築を行っていきます。配当金を生み出す株式の購入についても進めていく必要があります。

10年後には株式資産を4,000万円増やして不動産や太陽光の下落分を補うことで月22万円の生活費基準を確実に満たしていきます。

その間に不動産物件をあと2棟は購入できると思いますので、10年後の2030年には月40万円の副業収入を最低限確保したいと思います。そのために今のサラリーマン給与を10年間増やし続けて行きたいと考えています。

但しこれは最低減の達成目標の話です。あくまで10年後の目標は純資産1億円、20年後は4億円、30年後は10億円を目指していますので最低目標には満足せず出来ることを積極的に実施していきたいと思います。

常に自己の能力を伸ばし続け、得意分野を確実に収入増に結び付けながら富裕層を目指していきます。

努力はいつか必ず華開きます。

それでは本日もありがとうございました!

3 コメント

  1. いつも楽しく拝読させて頂いてます。
    私も太陽光発電、不動産投資、ブログを実施しておりますが、株などにはあまり手を出しておらず、今年の目標はNISAなどの活用を考えてます。
    また、度々参考にさせて頂きます。よろしくお願いします。

  2. コメントありがとうございます。太陽光も不動産も毎月確実に入る収入が魅力ですよね!
    株も規模が大きくなると配当金だけで非常に頼もしい収入減になりますので、私もNISA枠いっぱいに高配当株を買っていきたいと思っています。
    安い時に買って高い時に売るを繰り返せば一番リターンが大きいかなと考えています。
    草刈り等手もかかりませんしね。

  3. そうですね。
    やはり太陽光発電は、草刈りなどで手間暇掛かりますし、不動産は空室リスクを考えると、コツコツ株投資も良いのではと考えてます。
    豊かな人生を送るため、お互い頑張りましょうね!

返信する

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Toruと申します。2017年からサラリーマンをやりながら不動産と太陽光を主に様々な事業を運営しています。副業サラリーマンとして実体験に基づいた情報を発信していきたいと思います。同志の皆様のお役に立てば何より幸いです。 略歴:2004年国立大学大学院卒業後、2年電機メーカー、8年自動車メーカで研究開発の元Power of Dreamsサラリーマン。現在は外資系メーカに勤めながら副業で事業経営。木造アパート1棟、太陽光発電所2基、国内外株式を運用中。娘1人の3人家族のパパ。