外資系サラリーマンとおるの資本家日誌 / Way to be a capitalist

サラリーマンが資本運用と事業経営で総資産6億円、純資産3億円、年収3,000万円の資本家を目指すブログ。現在総資産15,337万円、純資産5,714万円【金融資産2,397万円(日本円 418、株式/ETF/投信 1,341、暗号通貨 101、外貨 37、債券 12、保険/退職金 484)+ 実物資産3,317万円(不動産 1,155、太陽光 1,778、金/プラチナ/銀 177、耐久財等 203)】、自己資本比率37.2%、給与CF60万円/月、資本CF 30万円/月(不動産 7、太陽光 11、金融資産運用 12)、事業CF 3万円/月。

カテゴリー

Count per Day

  • 119現在の記事:
  • 75425総閲覧数:
  • 33今日の閲覧数:

カテゴリー

Count per Day

  • 119現在の記事:
  • 75425総閲覧数:
  • 33今日の閲覧数:
起業・事業化・法人運営

法人設立の計画

Pocket

今までずっと温めていた計画があります。それは法人の設立。

法人設立には様々なメリットがありますが、本日はその計画について書いておきたいと思います。

法人設立のメリット

法人設立のメリットは節税、個人の信用との切り分け、社会的信用の獲得などなど上げるとたくさんあると思います。

先ずは節税について、個人の収入とは切り分けて税金を抑制することが可能です。また自分を従業員にして支払う給料を経費化したり経費の範囲を広げられたりと多くのメリットがあります。

方や法人維持のためのコストも掛かりますが、それを上回るメリットを持つことが可能です。

私は個人で不動産と太陽光事業(とインターネット等)を営みながらサラリーマンをしていますが、正直これ以上負債を個人で持ちたくないと言う気持ちもあります。また収入が増えて税金比率を上げるのも避けたいです。

個人での事業はあくまで副業による最低限の生活収入(月収30万円)の確保ともしも私が死亡した場合に家族が生活に困らないための団体信用生命保険の活用のためのものと考えています。

これ以上の拡大については法人を設立し、節税効果を活かしながらいつでも信用を綺麗に精算できるようにしたいと考えています。

私が描く次のステップはこの法人の設立です。

法人を設立して何を業とするか?

ここはやはり不動産資産管理会社を主な業としたいと考えています。やはり不動産は自己資金さえあれば非常に強力な事業です。

先ずは資本金1,000万円を充て、この不動産資産管理会社を設立することが次の目標です。

これを2022年の6月を目途に達成したいと考えています。以降はキャッシュフローの再投資と自己資金の投入によりこの会社を少しずつ育て、関東以南の全国に物件を拡大していきたいと思います。

関東から九州に掛けて局所集中リスクの分散を図ります。
関東直下型大地震、南海トラフも視野に入れています。

保有物件は新築アパートを国内主要都市の東京23区、名古屋、大阪、福岡に、利回りの高い中古アパートを神戸、岡山、広島、松山に、小規模中古戸建を富山、金沢、京都、伊豆、愛媛、熊本に持ちたいと考えています。

これはこれからも不動産価格の上昇と単身需要の見込める都心に新築物件を長く経営し、それよりは将来性は劣るがリスク分散効果のある地方都市に利回りの高い中古アパートを購入し、低価格の戸建てを自己使用での自給自足までを視野に入れて国内田舎に保有する戦略です。

総資産は10億円、ここに自己資金を1割ほど入れながら先ずは拡大路線を10年ほど進めていこうかと計画しています。20年後には自己資本比率30%以上にしていたいですね。

一見長大な計画ですが、20年掛ければ十分に実現可能な計画だと考えています。

これを代々継承していきながら継承者が大きく育てていく。

この経営基盤の上にその代の代表が得意とする分野を乗せて行けばきっと末永く存続してくれるかと思います。

後はやりながら微修正していきます。これからどうなるか楽しみです。

それでは本日もありがとうございました!

返信する

メールアドレスが公開されることはありません。

サラリーマンをやりながら副業で様々な事業を運営しています。実体験に基づいた情報を発信していきたいと思いますので、同志の皆様のお役に立てば何より幸いです。 略歴:2004年国立大学大学院卒業後、現在は会社に勤めながら木造アパート1棟、太陽光発電所2基、株式を主とした各種金融資産を運用中。娘1人の3人家族のパパ。