外資系サラリーマンとおるの資本家日誌 / Way to be a capitalist

サラリーマンが資本運用と事業経営で総資産6億円、純資産3億円、年収3,000万円の資本家を目指すブログ。現在総資産15,337万円、純資産5,714万円【金融資産2,397万円(日本円 418、株式/ETF/投信 1,341、暗号通貨 101、外貨 37、債券 12、保険/退職金 484)+ 実物資産3,317万円(不動産 1,155、太陽光 1,778、金/プラチナ/銀 177、耐久財等 203)】、自己資本比率37.2%、給与CF60万円/月、資本CF 30万円/月(不動産 7、太陽光 11、金融資産運用 12)、事業CF 3万円/月。

カテゴリー

Count per Day

  • 34現在の記事:
  • 75429総閲覧数:
  • 37今日の閲覧数:

カテゴリー

Count per Day

  • 34現在の記事:
  • 75429総閲覧数:
  • 37今日の閲覧数:
サラリーマンの楽しみ方

サラリーマンをしながら超優良企業に勤めるこびとさんの恵みにあずかる

Pocket

こんばんは。Toruです。

かれこれこのブログも開設して1年半経ちました。

思えば2018年の末にブログを立ち上げ、翌年の冬にスウェーデン出張の際に時差で眠れず夜中に色々と記事を書いたりGoogle Adsenseに申請したりしていましたね。

さて、本日は私がサラリーマンの楽しみにしている配当金株式投資について書いていきたいと思います。

サラリーマンをしながら超優良企業に勤めるこびとさんの恵みにあずかる

私はサラリーマンをしていますが、定期的に入ってくるお給料やボーナスは多くをお金に働いてもらうための投資に回しています。

大部分は国内外の株式と不動産太陽光等の収益を生みだす稼働施設に投資をしていますが、やはり株に投資をするのが一番投資をしている実感を伴います。不動産や太陽光はどちらかというと会社経営をしている感覚ですね。

特に私はサラリーマンをしているので会社で働いている方々の日々の生活と、その方々が働くことで会社の収益を生みだしていることを肌身で感じることが出来ます。

そんな私が会社から得た給料で他の会社に投資をするのですから面白いですよね。好きな企業や友達が働いている会社に投資をしていると、まるで自分の分身がその会社で働いてお金を私に運んできてくれるような不思議な感覚になります。

トヨタ、ホンダ、日産、三菱商事、オムロン、パナソニック、住友電気工業、三菱UFJ銀行、そういった日本のトップクラスの企業に投資をすることで、例えば年間の給料の余剰分である400万円を投資すると配当金で年間12万円程度を私に持ち帰ってくれます。

私も会社で手取り年間700万円ほど得ていますので、大体1/60くらいの小人さんが私のために働いてくれる感覚でしょうか。

こんな小人さんが10人もいれば最低限の生活費や華やかな暮らしを彩るくらいのお金は賄えそうですね。こんな超優良企業に勤めるこびとさんを少しずつ増やしていくのがサラリーマンで働いている私の細やかな楽しみです。

こびとさんは一生大切にしましょう

当然ここで言うこびとさんは株なので値段が上下します。株の値段が上がると私もついつい売却してしまいます。

配当金の10年分に当たる30~50%の上昇を基準にしています。

しかしながら株を購入してこびとさんが自分のために働いてくれている感覚を脳内で作り上げたいならこびとさんは手放してはいけません!私も優良株を手放してしまって後悔することはよくあります。

雨の日も風の日もコロナの日もめげずに恵みをもたらしてくれるこびとさんは一生大切にしましょう。定期的な収入を創り出すという意味では下手に売り買いするよりも一生無くならないであろう会社の株を長期で保有した方が良いです。

こうしてこびとさんの恵み収入(株式の配当金)を日々の中に組み入れて豊かな生活を実現しましょう。

今は経済的にも厳しい風が吹きすさぶ時期ですが、こういう時こそ落ち着いてこびとさんの恵みを増やしていきたいと思います。

ちなみに私は現在おおむねこびとさん一人が私に恵みをもたらしてくれている状態です。これからどんどんこびとさんを増やしていきたいですね。

それでは本日もありがとうございました!

返信する

メールアドレスが公開されることはありません。

サラリーマンをやりながら副業で様々な事業を運営しています。実体験に基づいた情報を発信していきたいと思いますので、同志の皆様のお役に立てば何より幸いです。 略歴:2004年国立大学大学院卒業後、現在は会社に勤めながら木造アパート1棟、太陽光発電所2基、株式を主とした各種金融資産を運用中。娘1人の3人家族のパパ。