外資系サラリーマンToruの資本家日誌

サラリーマンが太陽光発電、不動産、株式他投資で総資産6億円、自己資本比率40%、純資産2億4000万円(うち金融資産1憶2000万円)、資本収入150万円/月で資本家セミリタイアを目指すブログ。現在総資産1億3509万円、純資産3364万円(うち金融資産2533万円)、自己資本比率24.9%、資本収入26万円/月。基本生活費24万円/月、FIREまであと資本収入+14万円/月(基本生活費+(年金社会保険料+レジャー代+最低限の貯金・積立(=16))-資本収入)、純資産+3036万円(((基本生活費+(年金社会保険料+レジャー代+最低限の貯金・積立(=16)))×12)÷0.075-純資産額)、SIDE FIREまであと純資産+476万円(基本生活費×12÷0.075-純資産額)、資本収入基準は達成済み(資本収入>基本生活費)。

カテゴリー

Count per Day

  • 58現在の記事:
  • 52121総閲覧数:
  • 74今日の閲覧数:

カテゴリー

Count per Day

  • 58現在の記事:
  • 52121総閲覧数:
  • 74今日の閲覧数:
資本家への道、セミリタイア、FIRE/SIDE FIRE

あれ、すぐにでもFIRE出来んじゃね?と思う3つの理由

Pocket

おはようございます。Toruです。

最近自由への渇望が膨れ上がっており、子供と遊びたい、釣りに行きたい、本当に自分らしく世界の役に立てる仕事がしたいと考えることが多くなりました。

美味しい魚を釣りに行きたい

冷静に考えるともう仕事をせずに生活をしていても副業収入により7~8割が補償されるので、自分の誇りに傷を付けるような仕事をちょくちょく強いられるサラリーマンからそろそろ卒業しようかなと毎日考えています。

もちろんサラリーマンを続ければ気楽に低リスクに資産を猛スピードで拡大できるのも事実です。ですが・・・やはり自由になりたーい!

仕事も業務規程を逸脱するのは論外にしても、サービス残業や世界の不利益に繋がるであろう意味不明な指示をまともに受けるのも断り始めています。これこそ雇用と労働の対等な関係なのだなと。

そろそろ後進を育てて私は引退かな。まだ早いかにゃ。心が揺れ動く日々です笑

あれ、すぐにでもFIRE出来んじゃね?と思う3つの理由

FIREとサイドFIREの達成指標については以下の記事で触れました。

今年年末時点での目標にはなりますが、

必要生活費:25万円/月

実際に必要となる月々の収入:36万円/月

これをそれぞれ上回ればサイドFIRE、FIREを達成することが出来ます。

現在月々24万円の副業収入がありますが、例えば太陽光発電所の残債951万円を保有する金融資産で支払えば月々の収入は+7万円になり副業収入32万円となります。

そうすると金融資産はざっくり600万円ほどとなりますが、まあ生活費の1~2年分相当にはなります。

その分4%ルールから3万円ほど金融資産からの収入が減りますので、副業収入29万円となります。

そして残った600万円を更にもう1基の繰り上げ返済に充てれば、太陽光収入は+4万円で金融資産からの収入は-2万円となり差し引きで+2万円となります。これで31万円/月

太陽光&不動産の安定感半端ないっす。

これに市からの児童手当を足すと+1.5万円(本来の使い方である養育費に補填)となり、収入は32.5万円/月となります。

残り3.5万円/月は本当に学生レベルのバイトでも稼げますし、なんならせどりに本腰を入れれば余裕で達成できる基準です。

若しくは浪費・貯金枠を現在月々3万円確保していますが、これを月々1万円まで下げれば必要となる収入は34万円/月となり更にハードルは下がります。

車の費用に毎月6万円を見ていますが、中古国産車を10年乗るのであれば実際に掛かる費用は月々4万円程度ですのでこれで必要な収入が32万円となりFIRE指標達成です。

つまり

①実際必要となる収入の更なる最適化により

 36万円/月 ⇒ 32万円/月

②事業ローンの繰り上げ返済により副業収入が

 24万円/月 ⇒ 31万円/月

③無駄遣いを抑え公的手当を活用することにより

 必要となる収入: 32万円/月 ⇒ 30万円/月

 副業収入+公的手当: 32.5万円/月

FIRE達成です!極めて現実的に計算しての結果になります。

但しこの計算は貯金が底をついてしまうので、実際はもう少し余裕が必要ですが。まああと2~3年はサラリーマンを続けると良いのかなと思います。

それとリタイアして空いた時間を太陽光物件や中古戸建などの追加購入に300万円単位であてながら自己管理をすると(どうせ暇なので)より効率的な資金運用と副業収入増加が期待できます。

ここまでやるともう余裕です。どうせ暇になったら仕事して更に月々10万円稼ぐと思うので、その場合は収入は50万円/月ほどとなりかなり余裕ある生活が出来ます。

そして副業収入は今後15~20年ほど減価償却により課税所得が恐らく100万円以内となるため、もはや社会保険料もほとんど掛かってこないです。

税金が掛かり始める20年後までに資産を築けば良いのですが、20年と言うのは途方も無く長い時間で普通に働いているだけで数千万円は貯めることも出来ます。

本当に毎日うずうずしています。

とはいえ無理せず落ち着いて物事を進めてきます

きっと今年末のボーナスをもらって会社を年内に退職しても生活には困らないだろうなと言うのが大まかな目測です。

とはいえ金融資産が1000万円をきるのは心もとないですし、別に急だって会社を辞める積極的な理由もありません。

数年間仕事を続けながら2~3年で金融資産を3000万円ほどに増やし、強固な経済基盤の中で落ち着いて資本家&経営者の道を進み始めたいと思います。

人生まだまだこれから。楽しく充実して過ごしていきたいですね。

それでは本日もありがとうございました!

返信する

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Toruと申します。2017年からサラリーマンをやりながら不動産と太陽光を主に様々な事業を運営しています。副業サラリーマンとして実体験に基づいた情報を発信していきたいと思います。同志の皆様のお役に立てば何より幸いです。 略歴:2004年国立大学大学院卒業後、2年電機メーカー、8年自動車メーカで研究開発の元Power of Dreamsサラリーマン。現在は外資系メーカに勤めながら副業で事業経営。木造アパート1棟、太陽光発電所2基、国内外株式を運用中。娘1人の3人家族のパパ。