外資系サラリーマンとおるの資本家日誌

普段仕事に育児に忙しいサラリーマンでも出来る資産形成と事業経営を実体験で綴るブログ。目標は不動産、太陽光、株式有価証券の資本運用で総資産6億円、自己資本比率40%、純資産2億4000万円(うち金融資産1憶2000万円)、資本収入150万円/月、事業収入50万円/月で富裕層セミリタイア。現在総資産1億4988万円、純資産5027万円(日本円803万円、不動産827万円、太陽光1310万円、株式1105万円、その他982万円)、自己資本比率33.6%、資本収入27万円/月(不動産収入7万円/月、太陽光収入11万円/月、金融資産運用収入9万円/月(利率4%で計算))、事業収入3万円/月。

カテゴリー

Count per Day

  • 132現在の記事:
  • 60676総閲覧数:
  • 10今日の閲覧数:

カテゴリー

Count per Day

  • 132現在の記事:
  • 60676総閲覧数:
  • 10今日の閲覧数:
株式・投資信託インデックスETF・株主優待

クリエイト・レストランツ・ホールディングスの株主優待で食べ放題に行ってきた!

Pocket

先ほど娘を連れて3人で近所のかごの屋に食事しに行きました。

外食なんてコロナ禍に入って以来久しぶりで楽しかったですね。外食はやっぱり楽しい!

ということで今回は株主優待でのかごの屋外食体験について書いていきたいと思います。

クリエイト・レストランツ・ホールディングスの株主優待で食べ放題に行ってきた!

クリレスHDの株主優待は非常にお得です。

SBI証券HPより引用

今回は200株権利分の4000円分のお食事券がもらえました。使用期限は来年の5月まででしたので、有効期限はもらってから半年ほどになります。

今回は大人二人と乳児一人で子供は食べれませんので座って眺めるだけです。現在娘は0歳7か月ですが、1時間くらいは大丈夫そうでしたね。

度々抗議の目線を向けていた様な・・・

かごの屋は牛肉しゃぶしゃぶ食べ放題で一人4000円ほどですので、大人二人であれば400株の長期保有で年間16000円分のお食事券を狙いに行きたいと思います。

現在の株価が569円ですので、227600円で毎年大人二人が2回無料で食事がとれることになります。嬉しいことに割引券ではなく支払の全額を優待券で支払うことが出来ます。

妻の意見を聞きましたが、やはり味は非常に良くこれなら十分に日々の贅沢と言える食事だとのことでした。

また自社サービスの優待ですので、そこまで大幅な優待改悪は起こらないことが予想されます。配当金は出ないものの私の様に半分趣味で優待株を買い集めている方には非常にお勧めできる銘柄です!

牛豚鶏しゃぶしゃぶ食べ放題に、サイドメニュー選び放題で一人4000円です。
店内も落ち着いていて味もとても美味しいです。

コロナ先行き不透明で外食株は今がねらい目!?

やはり店内は人が少なく、外食産業はまだまだこれから暫くは厳しい状況が続くと思います。

コロナの第3波により来年また暖かくなり始めるゴールデンウィークくらいまでは外食産業にとって冬の時代が来ると思います。

とはいえコロナのワクチン供給も始まり少しずつコロナのリスク幅も見えてきました。いつまでもこの状況は続かないはずです。2~3年後には再び活気を取り戻すと予想しています。

外食産業株は昨年は高騰していて中々手が出せませんでしたが、今なら十分に魅力的な価格で買えます。

株主優待での食事はまた格別な美味しさがありますよ。

それでは本日もありがとうございました!

返信する

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

2017年からサラリーマンをやりながら不動産と太陽光を主に様々な事業を運営しています。副業サラリーマンとして実体験に基づいた情報を発信していきたいと思いますので、同志の皆様のお役に立てば何より幸いです。 略歴:2004年国立大学大学院卒業後、現在は外資系に勤めながら副業で事業経営。木造アパート1棟、太陽光発電所2基、国内外株式を運用中。娘1人の3人家族のパパ。