外資系サラリーマンとおるの資本家日誌

普段仕事に育児に忙しいサラリーマンでも出来る資産形成と事業経営を実体験で綴るブログ。目標は不動産、太陽光、株式有価証券の資本運用で総資産6億円、自己資本比率40%、純資産2億4000万円(うち金融資産1憶2000万円)、資本収入150万円/月、事業収入50万円/月で富裕層セミリタイア。現在総資産1億4988万円、純資産5027万円(日本円803万円、不動産827万円、太陽光1310万円、株式1105万円、その他982万円)、自己資本比率33.6%、資本収入27万円/月(不動産収入7万円/月、太陽光収入11万円/月、金融資産運用収入9万円/月(利率4%で計算))、事業収入3万円/月。

カテゴリー

Count per Day

  • 88現在の記事:
  • 60676総閲覧数:
  • 10今日の閲覧数:

カテゴリー

Count per Day

  • 88現在の記事:
  • 60676総閲覧数:
  • 10今日の閲覧数:
資本家への道、セミリタイア、FIRE/SIDE FIRE

8つのアセットクラスと5%のポジションリミット

Pocket

どの資産をどのくらいの配分で持つか。

とても悩ましいですが、私はこれを8つのアセットクラスと5%のポジションリミットとして定義して運用しています。

先ずは8つのアセットクラスについて。これは資産を大きく8つに分類するということです。

ちなみに私の純資産配分は以下になっています。

純資産総額2400万円(簿価計算)に対して上記の様な配分にしています。ちなみに上記から不動産と現物資産を差し引いた値がHPトップに乗せている金融資産額になります。

現時点ではポートフォリオの調整までは特に気を使っていませんが、この8つを上手く市場情勢の読みと期待する年間リターンに合わせて今後調整していくつもりです。

戦略としては不動産資産でキャッシュフローを増やしつつ、株式に投資をして資産総額を増やして行く方向性です。そして他資産への投資で安定化のための分散を図ります。まあ言ってしまえば全方位戦略ですね。

またポジションリミット5%ですが、例えば金にしてもビットコインにしても純資産総額の5%までを1銘柄の保有評価額の上限に定めています。

現在純資産は2400万円ほどですので200万円が上限になりますね。

任天堂は高校時代から大好きで株も保有したいのですが、現在1単元600万円を超えてしまっているのでとても手が出ません苦笑

この5%金額を超える場合はその評価額の上下に純資産総額が大きく増減してしまいますので、私の肌感覚的にも精神的にも丁度良い水準だなと感じています。

ちなみにこの8つのアセットクラスと5%のポジションリミットは大富豪の投資術を参考に自分なりにアレンジしています。

得た知識はそのまま活用しつつも理解を深めるにつれて自分なりにアレンジすると更に活きた知識になっていきます。

それでは本日もありがとうございました!

返信する

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

2017年からサラリーマンをやりながら不動産と太陽光を主に様々な事業を運営しています。副業サラリーマンとして実体験に基づいた情報を発信していきたいと思いますので、同志の皆様のお役に立てば何より幸いです。 略歴:2004年国立大学大学院卒業後、現在は外資系に勤めながら副業で事業経営。木造アパート1棟、太陽光発電所2基、国内外株式を運用中。娘1人の3人家族のパパ。