外資系サラリーマンToruの資本家日誌

サラリーマンが太陽光発電、不動産、株式他投資で総資産6億円、自己資本比率40%、純資産2億4000万円(うち金融資産1憶2000万円)、資本収入150万円/月で資本家セミリタイアを目指すブログ。現在総資産1億3509万円、純資産3364万円(うち金融資産2533万円)、自己資本比率24.9%、資本収入26万円/月。基本生活費24万円/月、FIREまであと資本収入+14万円/月(基本生活費+(年金社会保険料+レジャー代+最低限の貯金・積立(=16))-資本収入)、純資産+3036万円(((基本生活費+(年金社会保険料+レジャー代+最低限の貯金・積立(=16)))×12)÷0.075-純資産額)、SIDE FIREまであと純資産+476万円(基本生活費×12÷0.075-純資産額)、資本収入基準は達成済み(資本収入>基本生活費)。

カテゴリー

Count per Day

  • 217現在の記事:
  • 52127総閲覧数:
  • 80今日の閲覧数:

カテゴリー

Count per Day

  • 217現在の記事:
  • 52127総閲覧数:
  • 80今日の閲覧数:
資本家への道、セミリタイア、FIRE/SIDE FIRE

8年で「安全に」サイドFIREする具体的方法

Pocket

明けましておめでとうございます。Toruです。いよいよ2021年が明けましたね。皆様の今年の目標は何ですか?

私はもうかれこれ6年ほどセミリタイアに向けて色々と手を出しては失敗し、たまに成功してはまた失敗しと試行錯誤を繰り返してきました。

それでも少しずつ前に進むことが出来、ようやく資本収入も20万円を超えあと4年も働けば少しの仕事をしながら余裕を持って生活するサイドFIREが出来そうかなと言う状態まで到達することが出来ました。

今回はその手法を8年で「安全に」サイドFIREする具体的方法として書いておきたいと思います。

8年で「安全に」サイドFIREする具体的方法

やはりサイドFIREするにしても安全にしたいものです。リスクを負って死ぬ思いをしながら到達するのも良いのかもしれませんが、中々本業のあるサラリーマンには厳しいのかなと思います。

安全に進めるためには計画をしっかりと立ててゆっくりと確実に目標をこなしていく努力が必要です。

安全なサイドFIREのためのキー要素は

①基本的な生活が出来るキャッシュフロー

②自己資本比率30%以上

②何かあっても何とかなる十分な金融資産

この3つが不可欠と考えています。

先ずは①の基本的な生活が出来るキャッシュフローについてですが、このキャッシュフローの金額は人によって異なります。私の場合は生活費+貯金/税金で毎月30万円がこの金額になります。

これを実現するための方法は様々ですが、私の例としては以下の手順で毎月22万円の資本収入を築いてきました。

・2016年から給与収入で金融資産を購入し、現在1600万円の金融資産 ⇒期待利回り4%で毎月5万円の収入。

・2017年に一棟アパートを契約 ⇒自己資金300万円のフルローンで名古屋に一棟アパートを購入し、毎月6万円。

・2018年に太陽光発電所を契約 ⇒自己資金200万円で茨城に太陽光発電所をローン購入し、毎月6万円。

・2020年に太陽光発電所を契約 ⇒自己資金300万円で茨城に太陽光発電所をローン購入し、毎月5万円。

不動産と太陽光を主軸に借り入れを活用しキャッシュフローを大きく確保しつつ株式投資で多少キャッシュフローは落ちますが流動性の高い資産を構築し、高いキャッシュフローと自己資本比率と金融資産をバランス良く持つ戦略です。

これから更に4年間は太陽光の繰り上げ返済と金融資産構築を進め、2024年には月間30万円のキャッシュフローを構築する計画です。

次に②の自己資本比率30%ですが、一時的なキャッシュフローを高めるために借り入れ総額を大きくし過ぎると金利上昇や物件の劣化による家賃下落、機材の故障等によりローン返済に追われてしまい安全なサイドFIREは実現できません。

有事の際に無理なく対応できる十分な余裕を持つことが必要ですが、このためには自己資本比率を30%以上にすることが有効です。

私の場合は4年後の総資産を1億2000万円と計画していますが、その内の30%つまり3600万円を純資産とすることが目標となります。

そして③の何かあっても何とかなる十分な金融資産ですが、流動性の高い金融資産をたくさん保有していれば突発的な出費や一時的にキャッシュフローが滞ってしまった場合も最悪資産の売却等により落ち着いて対処できます。

私はここを3000万円の高配当株式を中心に構築する計画です。

これら①~③を全て達成することで安全なサイドFIREが実現できます。特に派手な生活を望まなければそのままFIREしてしまっても良いですね。

つまり私の具体例としてはアパート1棟と太陽光発電所2基、金融資産3000万円を構築し、総資産1億2000万円で自己資本比率30%(純資産3600万円)、月間キャッシュフロー30万円を達成することで晴れて安全なサイドFIRE可能となります。

ことを急ぎ過ぎず、しっかりと計画を立てて確実に達成しましょう!

もしかすると今すぐにでもFIREしたい!と思われる方もいらっしゃるかもしれませんが、それはやめておいた方が良いです。

2~3年でこれを実現しようとするとどうしても大き過ぎる借り入れに頼ってしまうことになりますし、何より自分自身の考えを熟成する時間も足りないと思います。

やはり一歩目は思い切って踏み出すものの、目標達成までにはそれなりに時間を掛けるべきです。私はこれを8年とすることで再現性高く且つ安全にサイドFIRE出来ると考えました。

目標に少しずつ近づいていく中で普段のサラリーマンの仕事にも精神的余裕が出てきます。その落ち着いた精神状態の中でゆっくりと自分らしい人生について考えることもとても大切です。

私は元手800万円で新築不動産と太陽光と株式をコアに不労に近いキャッシュフローを組む手法を取りましたが、もう少し元手を抑えたい場合はより労働比率の高い副業(せどりや築古不動産投資等)でこれを実現するのも良いと思います。

セミリタイアを目指しておられる方にとって少しでも参考になれば何より幸いです。

それでは本日もありがとうございました!

返信する

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Toruと申します。2017年からサラリーマンをやりながら不動産と太陽光を主に様々な事業を運営しています。副業サラリーマンとして実体験に基づいた情報を発信していきたいと思います。同志の皆様のお役に立てば何より幸いです。 略歴:2004年国立大学大学院卒業後、2年電機メーカー、8年自動車メーカで研究開発の元Power of Dreamsサラリーマン。現在は外資系メーカに勤めながら副業で事業経営。木造アパート1棟、太陽光発電所2基、国内外株式を運用中。娘1人の3人家族のパパ。