外資系サラリーマンToruの資本家日誌

サラリーマンが太陽光発電、不動産、株式他投資で総資産6億円、自己資本比率40%、純資産2億4000万円(うち金融資産1憶2000万円)、資本収入150万円/月で資本家セミリタイアを目指すブログ。現在総資産1億3509万円、純資産3364万円(うち金融資産2533万円)、自己資本比率24.9%、資本収入26万円/月。基本生活費24万円/月、FIREまであと資本収入+14万円/月(基本生活費+(年金社会保険料+レジャー代+最低限の貯金・積立(=16))-資本収入)、純資産+3036万円(((基本生活費+(年金社会保険料+レジャー代+最低限の貯金・積立(=16)))×12)÷0.075-純資産額)、SIDE FIREまであと純資産+476万円(基本生活費×12÷0.075-純資産額)、資本収入基準は達成済み(資本収入>基本生活費)。

カテゴリー

Count per Day

  • 25現在の記事:
  • 51529総閲覧数:
  • 87今日の閲覧数:

カテゴリー

Count per Day

  • 25現在の記事:
  • 51529総閲覧数:
  • 87今日の閲覧数:
資本家への道、セミリタイア、FIRE/SIDE FIRE

今年の貯蓄率目標は給料手取りの95%!

Pocket

昨年の純資産増加量は過去最高の852万円でした!

これは株価や仮想通貨評価額が大きく上昇したこともありますが、何より稼いだお金のほとんどを投資に回していたことが最も大きな要因になります。

昨年の生活費は娯楽等含めて概算で360万円でしたが、給料や副業を含めた手取り収入は985万円でした。つまり625万円が投資に回ったことになります。

今年も引き続きこの高い貯蓄率(投資率)を維持しますが、生活費については車を国産車に乗り換えたことで昨年よりも更に下げることが出来ます。その内訳を以下に書きます。

家賃:90000円

光熱費:20000円

食費:46000円

養育費・学費:12000円

通信費:8000円

衣服・生活雑貨:10000円

自動車関連費:100000円 ⇒ 50000円 (高級外車から国産車に乗り換え)

レジャー・浪費・最低限の貯蓄:30000円

 合計:270000円

車費用を絞ると相当お金に余裕が出てきます。

レジャーや浪費含めて月間で27万円、つまり年間で324万円になります。これに対して昨年同様の手取り1000万円を見込めるとすると676万円を投資に回すことが出来ます。

全収入からの貯蓄率で言うと67%、給与収入比で言うと95%です!

つまりサラリーマンとして稼いだお金はほぼ全てを資本家になるためにささげることを意味します。

これにより例えば太陽光ローンの繰り上げ返済にこれを回せば月々5~6万円のキャッシュフロー改善、金融資産投資に回せば月々2万円ほどの資本収入向上が見込めます。

融資により購入した収益資産は3つありますが、そのうちの1つを先ずは無借金にしていきます。

今年の追加投資で先ずは私が目標の一つにしているサイドFIRE達成基準を達成していきます。

資本収入 > 必要生活費(24万円/月)

ここを達成すれば生活費そのものはもはや資本収入から賄うことができ、後は娯楽や生活の豊かさのためにどれくらいお金を使うかを考えます。そして残りは全て投資に充てます。

今の私にとってはキラキラした高級外車や高層マンションに住むよりも、資本家と言う目標に近づく方がよほど魅力的です。そういった生活は子供も大きくなり資本家として十分な資産を築いた後に、その資本からの収入で支払えるようになってから買えば良いと思います。

そして今年はまた新たな収入源を獲得し更に資本家への到達スピードを上げて行きたいと思います。目標は昨年+100万円で、残り8年5か月で金融資産1億円を突破します。

それでは本日もありがとうございました!

返信する

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Toruと申します。2017年からサラリーマンをやりながら不動産と太陽光を主に様々な事業を運営しています。副業サラリーマンとして実体験に基づいた情報を発信していきたいと思います。同志の皆様のお役に立てば何より幸いです。 略歴:2004年国立大学大学院卒業後、2年電機メーカー、8年自動車メーカで研究開発の元Power of Dreamsサラリーマン。現在は外資系メーカに勤めながら副業で事業経営。木造アパート1棟、太陽光発電所2基、国内外株式を運用中。娘1人の3人家族のパパ。