外資系サラリーマンとおるの資本家日誌

普段仕事に育児に忙しいサラリーマンでも出来る資産形成と事業経営を実体験で綴るブログ。目標は不動産、太陽光、株式有価証券の資本運用で総資産6億円、自己資本比率40%、純資産2億4000万円(うち金融資産1憶2000万円)、資本収入150万円/月、事業収入50万円/月で富裕層セミリタイア。現在総資産1億4988万円、純資産5027万円(日本円803万円、不動産827万円、太陽光1310万円、株式1105万円、その他982万円)、自己資本比率33.6%、資本収入27万円/月(不動産収入7万円/月、太陽光収入11万円/月、金融資産運用収入9万円/月(利率4%で計算))、事業収入3万円/月。

カテゴリー

Count per Day

  • 25現在の記事:
  • 60536総閲覧数:
  • 50今日の閲覧数:

カテゴリー

Count per Day

  • 25現在の記事:
  • 60536総閲覧数:
  • 50今日の閲覧数:
サラリーマンの楽しみ方

サラリーマンの目標金融資産総額を年齢別にまとめてみました。

Pocket

何歳までにどれくらいの資産を築くことを目標とするか。これは結構な方々がご関心をお持ちかと思います。

私も平均貯蓄額などを調べたりしますがあくまで平均なので目標として妥当なもののでは無いですね。というか目標とするにはいささか低すぎに見えます。

一人一人収入も違いますし、その人が努力した結果を数値化して目標とするのが正しいはずです。

ということで私なりの目標について考えてみました。

私は大学を出て就職し、ちょうど本田に入社したころに60歳まで働くとして以下の様な年収目標を立てました。順調に出世した場合の一般的な年収額ですね(たぶん)。

25歳:300万円

27歳:450万円

30歳:620万円

32歳:700万円

36歳:800万円

42歳:1000万円

46歳:1200万円

51歳:1000万円

57歳:800万円

60歳:700万円

本田を退社した今も目標にしている額面での年収です。これを下回ることが無いようにサラリーマン収入に追加して事業で収入を築いています。

そして目標ですがこれらの収入の25%を投資に回し、年利5%で複利運用した場合を目標資産としています。

上記に従い金額をざっくりお話しますと、30歳で1000万円、40歳で4000万円、50歳で1億円、60歳で2億円となります。

これが私の人生設計上での金融資産目標です。まだまだここには追い付いていないので、ここに到達するまでは日頃の浪費や贅沢な暮らしは禁物ですね。

そして到達した暁にはオーバーシュート分を盛大に人生を楽しむことに回そうと考えています。

ちなみに車の最高峰であるフェラーリに乗ることも人生のやりたいことリストに入っています。

目標はひとそれぞれ

ということで収入の25%を投資に回した場合の金融資産額を目標とする旨を書いていきました。如何でしたでしょうか?

もちろん目標年収金額はひとそれぞれですので目標金融資産額も異なってきます。

大切なのは自分自身が精いっぱい頑張って到達できることを目標とすることだと思います。

それでは本日もありがとうございました!

返信する

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

2017年からサラリーマンをやりながら不動産と太陽光を主に様々な事業を運営しています。副業サラリーマンとして実体験に基づいた情報を発信していきたいと思いますので、同志の皆様のお役に立てば何より幸いです。 略歴:2004年国立大学大学院卒業後、現在は外資系に勤めながら副業で事業経営。木造アパート1棟、太陽光発電所2基、国内外株式を運用中。娘1人の3人家族のパパ。