外資系サラリーマンとおるの資本家日誌

普段仕事に育児に忙しいサラリーマンでも出来る資産形成と事業経営を実体験で綴るブログ。目標は不動産、太陽光、株式有価証券の資本運用で総資産6億円、自己資本比率40%、純資産2億4000万円(うち金融資産1憶2000万円)、資本収入150万円/月、事業収入50万円/月で富裕層セミリタイア。現在総資産1億4988万円、純資産5027万円(日本円803万円、不動産827万円、太陽光1310万円、株式1105万円、その他982万円)、自己資本比率33.6%、資本収入27万円/月(不動産収入7万円/月、太陽光収入11万円/月、金融資産運用収入9万円/月(利率4%で計算))、事業収入3万円/月。

カテゴリー

Count per Day

  • 25現在の記事:
  • 60675総閲覧数:
  • 9今日の閲覧数:

カテゴリー

Count per Day

  • 25現在の記事:
  • 60675総閲覧数:
  • 9今日の閲覧数:
不動産経営

長期投資による新築アパート戦略

Pocket

新築アパート投資は長期の投資により資産を増やして行くのが基本戦略となります。

手間が掛からないのがメリットなので忙しいサラリーマンでも出来ます。長期の運用を行うことで収益性の悪さを補うことも出来ます。

サラリーマンは給料の稼ぎがあるので特に急ぎでお金を必要とすることは無いのでサラリーマンとの兼業に非常に相性が良いです。

本日は私が進めている新築アパート投資戦略について書いていきたいと思います。

長期投資による新築アパート戦略

私は5年毎に新築アパートを以下都心、地方都市圏で購入する戦略を組んでいます。

・名古屋:2017年より運用開始済み。

・福岡:2022年より運用開始予定。

・東京: 2027年より運用開始予定。

・広島/岡山: 2032年より運用開始予定。

・京都/大阪: 2037年より運用開始予定。

関東~九州の首都圏を主軸に、好きな土地(聖地)や縁のある地域の物件購入を進めます。

先ずは主要都市3都市の運用をサラリーマンの内に開始し、あとは3物件の運用状況を検討しながら徐々に地方都市にシフトしていきます。

一気に購入しないのは融資の状況もありますが、自己資本比率を下げ過ぎると金利や木造アパートの需要減や競争過多が起こってしまった場合に取り返しがつかなくなるからです。

慎重かつ大胆に確実に進めていきます。

そして融資についてはなるべく長く、出来れば35年を金利1%台で借りることを考えています。

どのみちサラリーマンをやっている限りは不動産のCFは手を付けることが無いので、物件の購入を進めてながらも余った分は繰り上げ返済していけば良いと思います。そうすることで更にCFが良くなっていきます。

デッドクロス対策として結局は22年での返済を進めていきますが、返済をするかしないかを選択できることが重要です。

またサラリーマンのうちに1億円ほどの金融資産を作っておくと仮に4棟運用したとして見積総負債3億円のうちの半分ほどを金融資産からの収入だけで返済することが出来ます。残りの半分を不動産からの収入で返済すれば良いのでCFとしてはかなりの余裕が出るはずです。

ここを8年後の中核目標に据えて行きたいです。そういう意味では最後は少し早めに不動産を購入するかもしれません。ここはあくまで融資状況次第ですね。

最終的には家賃収入が2500万円前後、課税所得が耐用年数経過後は恐らく1000万円を超えてくると思いますので、税率や相続を鑑み次の物件からは法人での購入を検討しています。

セミリタイヤ後は所有不動産の高付加価値化と車で物件を回ることをライフワークの1つにしていきます

こうして私がサラリーマンの内に資産と事業の土台を作ってしまい、セミリタイア後はこれらの物件の運用を主な仕事にしていきます。

物件の魅力を更に高める工夫をしたり、更なる事業拡張を行い次は一棟マンションの運営を始めたり、若しくは山奥の土地を購入してそこで養殖業を始めたりと色々考えています。

先ずは不動産と太陽光、金融資産からの安定した確実な収入基盤を作り、そこを土台に新規事業を進めます。

空いた時間と手元資金を活かし楽しみながら事業経営しつつ、セミリタイア後も充実した人生としていきたいですね。

もちろん娘にも若いうちから経営感覚を養わせ親子で資産家としての道を切り開いていきたいと思います。

資本家家系としての切り口を私が作り、娘には更にその事業を拡大してもらいます。決して経営利益を優先することなく、社会の幸福創出のための事業経営者になって欲しいです。

それでは本日もありがとうございました!

返信する

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

2017年からサラリーマンをやりながら不動産と太陽光を主に様々な事業を運営しています。副業サラリーマンとして実体験に基づいた情報を発信していきたいと思いますので、同志の皆様のお役に立てば何より幸いです。 略歴:2004年国立大学大学院卒業後、現在は外資系に勤めながら副業で事業経営。木造アパート1棟、太陽光発電所2基、国内外株式を運用中。娘1人の3人家族のパパ。