とおるの資本家日誌 / Way to be a capitalist

FIREした元サラリーマンが資産運用と事業経営での資本家ライフ実現を目指すブログ。FIRE生活、資産運用、起業&事業運営について日々更新!(資産運用状況はプロフィールの方に移しました)

カテゴリー

Count per Day

  • 61現在の記事:
  • 274387総閲覧数:
  • 246今日の閲覧数:

カテゴリー

Count per Day

  • 61現在の記事:
  • 274387総閲覧数:
  • 246今日の閲覧数:
資本家への道、セミリタイア、FIRE/SIDE FIRE日記

月間キャッシュフロー40万円を達成したい!

Pocket

私は資産の増加スピードよりも毎月の安定したキャッシュフローを重視した投資を今まで行ってきました。

先ずは第一ステップとして定めていた毎月25万円という金額を達成した今、次の目標として毎月40万円のキャッシュフローを達成したいです!

ここを達成すれば晴れて生活のための労働からは解放され、自由な時間全てを自分のやりたいこと、やりたい仕事、子供の教育に充てることが出来ます。

達成のための道筋とアクションについて書いていきたいと思います。

月間キャッシュフロー40万円を達成したい!

今まで何度か月間キャッシュフロー目標については触れてきました。

月間25万円のCFと2000万円の手持ち資金については当初2024年末までに達成する予定でしたが、昨今の資産バブルにより3年半前倒しで達成してしまいました。

上方修正して定めた月間CF30万円と金融資産3000万円ですが、これまたこのままのペースで行けば年内に達成できてしまいそうです。

目標に向かって必死に努力すると基本あっさり達成できるのはいつもの経験通りですが、やはり嬉しいですね。

それでは目標を更に上方修正し、2024年の7月までに月間40万円のキャッシュフローと純資産5000万円、金融資産3000万円を達成していきたいと思います。

月間40万円のキャッシュフローと純資産5000万円うち金融資産3000万円 の達成に向けて

この目標を達成した暁に何が起こるかについて簡単にお話します。

■月間40万円のキャッシュフロー

現在の生活費が毎月24万円ですが、それに加えて年金社会保険料を8万円、レジャー費用を3万円、将来の資産形成を5万円で合計40万円となります。

今の生活を維持しつつ、無理なく年に1回の海外旅行か毎月近場の温泉旅行、実家に帰省したり釣りに行ったりといった趣味を楽しみつつ、将来の資産形成に十分な資金を賄えます。

■純資産5000万円うち金融資産3000万円

所謂アッパーマス層の基準である金融資産3000万円を保持し、且つ残りの2000万円が不動産や太陽光などの固定収益資産となっている状態です。

とりあえずマス層からは抜け出しておきます。
株式会社野村総合研究所公式HPより画像引用

これが出来ればSIDE FIREは余裕です。慎ましく暮らすのであればFIREしてしまっても良いですね。これを先ずは2024年の7月までに達成します。

経験上おおよそ1か月休むと暇で何かしたくなってくるので、十分に休んだら蒔いた事業の種を大きくしていきます。

そこで更に2~3年頑張って何とか現在のサラリーマン収入基準をプラスし、事業合計で毎月50万円を稼ぎ出せば立派な資本家層と言えます。2030年までの必達目標です。

少し話が逸れましたが、この月間40万円のCF、純資産5000万円うち金融資産3000万円の達成に向けてやることは非常に単純です。

「あと3年サラリーマンとして真面目に働く笑」

サラリーマンで毎年手取り700万円ほどを稼ぎ出せますので、これを3年続ければ達成です。

純資産が5200万円、金融資産が4500万円になっています。ですので途中で頃合いを見て1500万円を収益不動産と太陽光に投資します。

40万円の配分は以下になりますね。

・太陽光発電:毎月16万円

・不動産:毎月14万円

・金融資産4%収入:毎月10万円

課題があるとすれば不動産の購入ですが、こちらについては現在土地値が高騰している福岡や有望な九州圏、若しくは首都圏での購入を検討しています。

太陽光発電については繰り上げ返済か物件の新規購入かを見極めます。関東若しくは中部エリアで18円且つ利回り11%を超える有望な物件があれば購入です。

金融資産の投資先についてはもうほぼほぼ正解が出そろっているので、7~8割は優良銘柄に投資をしつつ一部は将来性の高いリスク資産に振り分けます。

あとひと頑張り。未来が見えているので毎日楽しいですよ笑

市況を見てチューニングしつつ、目標達成していきます!

あとは本当に投資市場の状況次第なので、良い方向に行けばそのまま一気に片を付けてしまいあまり芳しくなければ慎重にサラリーマン期間を延ばします。

あと3年を漫然と今の居心地良い職場で過ごしても良いのですが、最後のチャレンジにもう1回くらい転職しても良いかもしれませんね。3年を漫然と過ごすのはそれはそれで大変ですしね。

市況を観察しつつ、目標に上手く乗れるように色々と走り回ってこれから3年間張り合いを持って生きて行きたいと思います。

それでは本日もありがとうございました!

返信する

メールアドレスが公開されることはありません。

FIREした元サラリーマンが資産運用収入を土台に様々な事業に挑戦しています。実体験に基づいた情報を発信していきますので、同志の皆様のお役に立てば何より幸いです。 略歴:国立大学大学院卒業後、日系電機メーカ、日経自動車メーカ、外資系メーカで開発業務を遂行。会社勤めの傍ら木造アパート1棟、太陽光発電所2基、株式、現金コモディティ他をコアとした資産運用を8年実施、生活費相当の資産収入を築きFIREを達成。現在は経営者として事業経営の日々。娘1人の3人家族。