外資系サラリーマンToruの資本家日誌

サラリーマンが年収3000万円の経営者となり、資本となる太陽光発電、不動産、株式有価証券の総資産6億円、自己資本比率40%、純資産2億4000万円(うち金融資産1憶2000万円)、資本収入150万円/月でセミリタイアを目指すブログ。現在総資産1億3550万円、純資産3562万円(うち金融資産2673万円)、自己資本比率26.2%、資本収入27万円/月(不動産収入7万円/月、太陽光収入11万円/月、金融資産運用収入9万円/月(利率4%で計算))。基本生活費24万円/月、SIDE FIRE基準達成まであと純資産+1238万円((基本生活費+年金社会保険料)×12÷0.075-純資産額)、資本収入+3万円(資本収入>(基本生活費+年金社会保険料))。資本家基準達成まで年収+151万円(1060万円-サラリーマン給与以外の年収)、純資産+1301万円(4863万円ー純資産額)、金融資産基準は達成済み(金融資産>2312万円)。

カテゴリー

Count per Day

  • 10現在の記事:
  • 57349総閲覧数:
  • 24今日の閲覧数:

カテゴリー

Count per Day

  • 10現在の記事:
  • 57349総閲覧数:
  • 24今日の閲覧数:
太陽光発電所運営・自然共生事業

太陽光発電所の草刈りを委託して良かった(^ ^)

Pocket

昨日久しぶりに太陽光発電所の定期点検に行ってきました。

電気設備は購入した業者様に定期的に点検して頂いているので、基本的にやることは雑草対策です。

1か月くらいであっという間にジャングル化します。

とりあえず先ずは自分でやってみよ!ということで草刈り機や除草剤を買って蒔いてみたりしたのですが、始めは楽しいものの毎月行くのは大変で今年から委託することにしました。

ということで年に4回ほど除草作業をお願いするようにしたのですが、やはりプロに任せるとすごいですね。

雑草ジャングルと化していた発電所がすっかり昔の綺麗な更地の様な発電所になりました。

年初に生い茂っていた雑草が枯れていますが、これも雨と共に自然と土に還っていくはずです。
斜面部は竹が生えてきますので除草剤は効かず、来年は竹の駆除も依頼します。

後は定期的な電気設備点検や故障不調時のトラブル対応を行えば安定的にお金を稼いでくれる頼もしい施設になります。

太陽光発電は太陽の光からクリーンなエネルギーを生み出すので精神的にも心地良く、これで収入を生み出せるとても好きな事業です。

今は物件の値段もすっかり上がってしまいましたのでこれ以上拡大を出来ないのは残念ですが、今ある二つの発電所はこれからも大切に長期運用していきたいと思います。

それでは本日もありがとうございました!

返信する

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

2017年からサラリーマンをやりながら不動産と太陽光を主に様々な事業を運営しています。副業サラリーマンとして実体験に基づいた情報を発信していきたいと思いますので、同志の皆様のお役に立てば何より幸いです。 略歴:2004年国立大学大学院卒業後、2年電機メーカー、8年自動車メーカで研究開発の元Power of Dreamsサラリーマン。現在は外資系メーカに勤めながら副業で事業経営。木造アパート1棟、太陽光発電所2基、国内外株式を運用中。娘1人の3人家族のパパ。