外資系サラリーマンとおるの資本家日誌 / Way to be a capitalist

サラリーマンが資本運用と事業経営で総資産6億円、純資産2億円、年収3,000万円の資本家を目指すブログ。現在総資産15,333万円、純資産5,646万円【金融資産2,340万円(日本円 472、株式/ETF/投信 1,213、暗号通貨 153、外貨/債券/保険退職金 476)+ 実物資産3,306万円(不動産 1,149、太陽光 1,782、金/プラチナ/銀 174、耐久財等 200)】、自己資本比率36.8%、資本CF 30万円/月(不動産 7、太陽光 11、金融資産運用 12)、事業CF 3万円/月。

カテゴリー

Count per Day

  • 17現在の記事:
  • 70858総閲覧数:
  • 5今日の閲覧数:

カテゴリー

Count per Day

  • 17現在の記事:
  • 70858総閲覧数:
  • 5今日の閲覧数:
資産運用:暗号通貨

暗号通貨は売るべきじゃないのかもしれない。

Pocket

本日時点で暗号通貨を500万円強保有しています。

今年に入って値段が上昇してすっかり資産区分の一角を占める存在感を示しています。

GMOコイン公式HPよりチャート引用:https://coin.z.com/jp/member/home

メジャーな取引所で扱っているものしか購入はしていませんが、評価額ベースで

BTC:170万円

ETH:183万円

XRP:83万円

XEM/XYM:65万円

BNB:26万円

BNBは10BNBほど購入したかったのですが、支払いが成立せず3.7BNB止まりで値段が爆上げしてしまいました・・・

4年ほど前に暗号通貨を初めて購入しましたが、当時から見たらとんでもない上昇ですね。

あの頃は私も今より資産が少なかったので「うわ起きたらXEMが70万円上がってる!!」と驚いてクラクラしたものです(笑)

ヨドバシカメラに行って「さ~100万円分の家電を買うぞ~」と意気込んでみたものの特に買いたいものも無くお金って一体何なんだろと感じるとても貴重な経験も出来ました。

ここまで価格が上昇しても暗号通貨を購入している層はまだまだほんの一握りだと感じています。

2018年のバブル崩壊で痛い目を見て(私もですが)躊躇しているのだと思います。

そして暗号通貨がこれからより広く深く浸透していくことでその価格は飛躍的な上昇を続ける可能性は非常に高いと感じています。

もしかして老後資金をコツコツ投資信託で積み上げるよりも、現在保有する暗号通貨を売却せずに10年20年ガチホした方が良いのかもしれませんね。

失っても500万円ほどであることを考えるとこの上昇の可能性を信じて保有を続け、資産形成や生活費の工面はそれはそれで別枠で事業なり労働なり伝統的な株式不動産等の運用で賄っていく方が良さそうだと現時点考えています。

まああまりに急上昇するようであればいつも通り25%ずつ売ったりはするとは思いますが。この辺りは柔軟に対応していきたいと思います。

それでは本日もありがとうございました!

返信する

メールアドレスが公開されることはありません。

サラリーマンをやりながら副業で様々な事業を運営しています。実体験に基づいた情報を発信していきたいと思いますので、同志の皆様のお役に立てば何より幸いです。 略歴:2004年国立大学大学院卒業後、現在は会社に勤めながら木造アパート1棟、太陽光発電所2基、株式を主とした各種金融資産を運用中。娘1人の3人家族のパパ。