外資系サラリーマンとおるの資本家日誌 / Way to be a capitalist

サラリーマンが資本運用と事業経営で総資産6億円、純資産2億円、年収3,000万円の資本家を目指すブログ。現在総資産15,333万円、純資産5,646万円【金融資産2,340万円(日本円 472、株式/ETF/投信 1,213、暗号通貨 153、外貨/債券/保険退職金 476)+ 実物資産3,306万円(不動産 1,149、太陽光 1,782、金/プラチナ/銀 174、耐久財等 200)】、自己資本比率36.8%、資本CF 30万円/月(不動産 7、太陽光 11、金融資産運用 12)、事業CF 3万円/月。

カテゴリー

Count per Day

  • 13現在の記事:
  • 71335総閲覧数:
  • 25今日の閲覧数:

カテゴリー

Count per Day

  • 13現在の記事:
  • 71335総閲覧数:
  • 25今日の閲覧数:
不動産事業

2000万円を不動産に投資する。

Pocket

今まで色々と投資をしてきて思うのは、株も金も仮想通貨も何もかも結局は利確するまでは本当に資産になっているとは言えないことですね。

日々月の給料を超える金額で変動されるとちょっと資産と呼ぶには不安定過ぎます。

配当金も出るのは出るのですが、日々負っているリスクに対してはキャッシュフローとしては少なすぎる金額です。それでも超長期では確実に上昇するので投資は続けるわけですが、資本形成の土台とするには心もとない。

株主優待投資等、基本的にはハイリスクと趣味で楽しみの投資となりそうです。

私は不動産を主軸に資本形成と事業経営を行うことに決めました。

具体的には全純資産の半分を不動産に投下します。現在純資産を3600万円保有していますので1800万円は不動産に充てるつもりです。

太陽光発電も広義に不動産事業と捉えると、現在純資産で不動産と合わせて700万円となっています。ということで残り1100万円をこれから新規の不動産購入に充てたいと思います。

富裕層の言葉に従うと不動産経営を始めるのであれば2000万円を先ずはつくること。以前三光ソフランのセミナーでも聴いたことがあります。

私も実際不動産事業を5年やってみると、確かにこのくらいの自己資金があると安心して経営出来ますね。2000万円あれば不動産経営が最も確実に富裕層を目指せる投資だとも感じます。

長期シミュレーションを行うと2000万円の自己資金で8000万円ほどの新築アパートを表面利回り7%で購入すると、大体30年後の出口で辛く見て1000万円の純利益、10年の運用で1000万円のキャッシュフローとなります。

恐らくこれを下回ることは無いです。実際は都心部であればインフレによる不動産価値の上昇で出口で+3000万円ほどの利益が期待できるはずです。

後は労働収入(給料)を並行して貯蓄し2000万円貯まれば次の物件を購入、を繰り返せば時間と共に規模がどんどん大きくなり確実に富裕層の世界に入れます。

逆に2000万円を持たずにフルローンの一棟だけで初めても十分にメリットはありますが、債務超過となり次の拡大に進めなくなると思います。

そして今もし2000万円の純金融資産を保有していて不動産が好きなのであれば迷わず始めるべきだと考えます。

時間と共に確実に資産が積み上がっていきます。

私はこの方針で今後は拡大路線を進めていきます。株やその他の投資は趣味としての楽しみや老後資金のための低リスク分散運用若しくはハイリスクハイリターン投資に抑え、あくまで本命は不動産として今後進めていきたいと考えています。

そして国内で十分な資産と現金を保有した暁には、一生の生きがいとして世界中の不動産に事業を拡大しその不動産を足場に世界に事業を展開していきたいと考えています。

先ずは国内東京、名古屋、大阪、福岡の大都市に足場を築き、海外進出への地盤を築きます。

これが私の夢であり人生の目標です。

それでは本日もありがとうございました!

返信する

メールアドレスが公開されることはありません。

サラリーマンをやりながら副業で様々な事業を運営しています。実体験に基づいた情報を発信していきたいと思いますので、同志の皆様のお役に立てば何より幸いです。 略歴:2004年国立大学大学院卒業後、現在は会社に勤めながら木造アパート1棟、太陽光発電所2基、株式を主とした各種金融資産を運用中。娘1人の3人家族のパパ。