外資系サラリーマンとおるの資本家日誌

普段仕事に育児に忙しいサラリーマンでも出来る資産形成と事業経営を実体験で綴るブログ。目標は不動産、太陽光、株式有価証券の資本運用で総資産6億円、自己資本比率40%、純資産2億4000万円(うち金融資産1憶2000万円)、資本収入150万円/月、事業収入50万円/月で富裕層セミリタイア。現在総資産1億4988万円、純資産5027万円(日本円803万円、不動産827万円、太陽光1310万円、株式1105万円、その他982万円)、自己資本比率33.6%、資本収入27万円/月(不動産収入7万円/月、太陽光収入11万円/月、金融資産運用収入9万円/月(利率4%で計算))、事業収入3万円/月。

カテゴリー

Count per Day

  • 7現在の記事:
  • 60570総閲覧数:
  • 84今日の閲覧数:

カテゴリー

Count per Day

  • 7現在の記事:
  • 60570総閲覧数:
  • 84今日の閲覧数:
アニメ・ゲーム 株式・投資信託インデックスETF・株主優待

時代の変化に鋭敏に。

Pocket

アニメソングが全盛、多くの方が隠れてひっそり楽しんでいる時代です。

声の綺麗な声優が歌うのですから自ずと楽曲も魅力的になります。

高校時代に「ときめきメモリアル」というゲームが学校では私を含めた一部で流行したのですが(笑)、ヒロインの藤崎詩織がCDデビューをした際は世間が一斉に引いたのを覚えています。

そもそも恋愛シミュレーションというジャンル自体、頭の固い前時代層には受け入れられるものではなかったのでしょう。

しかし今ではGAFAMの一角Metaがメタバースに社運を賭け、リアルではない現実の世界を大きく広げようとしています。

アバター同士やAI人格(アニメキャラクター)との仮想空間上での結婚やブロックチェーンによる婚姻契約、仮想空間での家族形成と現実での養子縁組との連携等これから当たり前になる時代が来るかもしれません。

長門は俺の嫁

そんな懐かしい言葉が現実になるのです。ハルヒとの結婚募集などが出れば応募は本当に殺到するでしょう(あくまで出ればです)。

かつて「長門は俺の嫁」と仰っていた方々へ。貴方は冗談抜きで先進的な感覚をお持ちだったのです。
涼宮ハルヒの憂鬱京アニサイトより画像引用
http://www.kyotoanimation.co.jp/haruhi/sakuhin/cast.html

美少女キャラクターによる擬人化やコンテンツを作ってキャラクターを掘り下げて普及するなど、仮想キャラクターコンテンツはこれからまだまだ普及するはずです。

私もブログやYoutubeのイメージキャラクター、所有不動産や太陽光発電所の擬人化キャラクター化を進めたいと考えています。

それが何に役立つのかは、時間により熟成されながらある日突然分かるものです。

いま世の中に出ていて拒絶反応を示されているものも、それが本質的に魅力あるものであれば20年後には社会に浸透し新しい常識世論を形成していきます。

物質的な現実生活が50%、VR空間上での生活が50%。そんな時代が来るのはほぼ間違いありませんし、

森博嗣の大ヒット作「すべてがFになる」でのセリフで

物理的アクセスは贅沢品となる、握手することは特別になる、地球環境を守るなら人は移動するべきでない

という旨のものがありました。25年前からこのことはわかっていたのです。

当時ピアノの先生に貸して頂いた本がこうして今の自分の価値観に繋がっていると思うと、何とも面白いものですね。

そういった時代の変化を鋭敏に読み取り株式への投資を行えば、大きな利益を得ることも出来ます。

KADOKAWAの株価上昇は必然です。持っていたのですが他の投資のため手放してしまいました(T o T)
SBI証券公式HPよりチャート引用
https://site2.sbisec.co.jp/ETGate/?_ControlID=WPLETsiR001Control&_PageID=WPLETsiR001Idtl30&_DataStoreID=DSWPLETsiR001Control&_ActionID=DefaultAID&s_rkbn=2&s_btype=&i_stock_sec=kadokawa&i_dom_flg=1&i_exchange_code=JPN&i_output_type=2&exchange_code=TKY&stock_sec_code_mul=9468&ref_from=1&ref_to=20&wstm4130_sort_id=&wstm4130_sort_kbn=&qr_keyword=1&qr_suggest=1&qr_sort=1

そして長期的な時代の変化に合わせてビジネスを展開すれば、世の中を支える素敵な事業にできます。

私は幼少期をイギリスで過ごしたせいか、あまり日本の常識というものに関心が無く価値観も非常に柔軟です。昔好きだったものが今やっと社会に普及して一般的になってきているのを見るにつけ、やはり信じるべきは世間の風潮ではなく自分自身の価値観であることを身に染みて感じています。

この感覚を大切にし、経営力と資本力を身に着けて良い事業を運営していきたいですね。

人生が楽しい方向に行くよう、これからも頑張りたいと思います。

それでは本日もありがとうございました!

返信する

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

2017年からサラリーマンをやりながら不動産と太陽光を主に様々な事業を運営しています。副業サラリーマンとして実体験に基づいた情報を発信していきたいと思いますので、同志の皆様のお役に立てば何より幸いです。 略歴:2004年国立大学大学院卒業後、現在は外資系に勤めながら副業で事業経営。木造アパート1棟、太陽光発電所2基、国内外株式を運用中。娘1人の3人家族のパパ。