外資系サラリーマンとおるの資本家日誌 / Way to be a capitalist

サラリーマンが資本運用と事業経営で総資産6億円、純資産3億円、年収3,000万円の資本家を目指すブログ。現在総資産15,337万円、純資産5,714万円【金融資産2,397万円(日本円 418、株式/ETF/投信 1,341、暗号通貨 101、外貨 37、債券 12、保険/退職金 484)+ 実物資産3,317万円(不動産 1,155、太陽光 1,778、金/プラチナ/銀 177、耐久財等 203)】、自己資本比率37.2%、給与CF60万円/月、資本CF 30万円/月(不動産 7、太陽光 11、金融資産運用 12)、事業CF 3万円/月。

カテゴリー

Count per Day

  • 18現在の記事:
  • 75374総閲覧数:
  • 28今日の閲覧数:

カテゴリー

Count per Day

  • 18現在の記事:
  • 75374総閲覧数:
  • 28今日の閲覧数:
サラリーマンの楽しみ方

サラリーマンのメリットを気楽にRedundantに享受する

Pocket

「あれくしゃおとっぺして」「へいしい」

最近世界にはAlexaやSiriという人間なのかな何なのか分からない謎の存在がいて子供番組オトッペの歌を流してくれることを知った2歳の娘がことあるごとにBose portable speakerやiPadに話しかけていますね。

先日リトミック教室に参加した際も娘がどこかのAlexaさんに話しかけようとしていて先生爆笑。

私は半人半妖というか、サラリーマンやりながら事業家投資家をしているせいか数年前からサラリーマンと言う立場に依存し過ぎず割と気ままに会社で働いていますのでこういった大切なプライベートの用事は迷いなく優先します。職場同僚には投資事業等含めてプライベートなこともオープンに話すようにしてきました。

上司と暗号通貨投資の話で盛り上がったり飲み会で不動産事業の副業申請に承認をもらったり育休復帰面談でFIRE出来ますが投資の種銭欲しいので働きますとか言ったりとまあ何とも素敵な会社です(笑)

What most important is to enjoy, believe me (^ -)*、と言ってくれた今は無き(帰国した)元上司の言葉を都合良く解釈していきます。

サラリーマンのメリットを気楽に享受するために

サラリーマンとして会社で仕事をしていると組織の課題はそこここに点在しているのが分かります。従って探せば仕事はすぐに見つかりますし、そこを強調してやります宣言して成果報告すればきちんと評価されます。

昨年育休前のMPゼロぎりぎりだった私にはとてもそんな余裕はありませんでしたが、現在ほぼMP満タン状態で仕事をしているとああここはもっとこうした方が良いなとかいろいろとネタが浮かんできますね。

いつだって積極性、主体性や当事者意識、目的意識のある活き活きとした人間は社会に必要とされます。こういった人は仕事の仕方を見るとすぐに分かりますし、こうしているうちにその人本人も気楽に楽しむ環境が出来上がっていくのだと思います。私もまだまだ頑張ってここを目指していきたいものです。

もちろんそれは会社の仕事に限らず、ボランティア的な活動だったり事業活動だったりも同じ話ですね。

こうして広義の仕事をしながら、何だかんだ汗かいて頑張っている内に時間は過ぎ、並行して進めている投資や事業がじわじわと成果を出したり、子供が成長したり、野菜が育ったり木々が実を鳴らしたり、新しい世界が訪れたりしていきます。そうこうしている内に給料もどんどん入ってきます。

老若に関わらず尊敬できる人と話しては自分の考えを見直したり、まだまだだなと思う人にはそれとなくアドバイスしたり。外資なうちの会社は打ち合わせが基本3か国民以上なのも考えてみると面白いです。

サラリーマンのメリットにフォーカスしてみると意外と沢山あるものですね。これらを上手く享受しつつ会社も私も幸せになれる環境に仕立てて行きたいものです。

会社が社員のリソースを必要とし利用するように、私も会社の存在を必要とし利用しているのです。会社も私もお互いを利用し合うこの相互依存の関係を維持していきたいですね。

サラリーマンを気楽にRedundantに楽しむ

気楽に生きるためにはやっぱり資産形成は大切にしましょう。私もー300万円、±0、300万円、1000万円、2000万円、3000万円、5000万円と資産額がマイナスから反転して増えてくるにつれて変な心理的負担は劇的に減っていきました。

お金が最高の保険であることは疑い様がありません。

私の場合若いうちはそんなの気にせず調子に乗って経験のためにと使い過ぎましたが、まあ私の人生は何をやってもいつも人より下手なマイナススタートの後半で何故か伸びあがっていくタイプですのでこれはこれで良し(笑)

そして副業を持つことを大切にしましょう。少額でも良いですので、会社以外にもこれがあると思える収入を作ると良いですね。これは収入の有無や多寡に関わらず、やりがいを感じる活動であることが大切だと思います。

そうして変なプレッシャーが無くなったら、社会のため人のために働くことを生き甲斐の一つとする。サラリーマンは時に責任の重たい仕事も受け持ったりしますが、それはそれで新しい経験の機会と捉え楽しんでいきたいものです。

責任から逃れる必要なんてありませんので(どのみち一従業員に会社事業の責任は取れません)、まあ強豪チームとのサッカーの試合だと思って重たい場面でパスが来たら遠慮なく困難を楽しめば良いと思います。

超ロングシュートでもドリブル5人抜きでも無難にクリアでも華麗にスルーパスでも何でもありです。

給料アップのための転職も非常にお勧めです。私も転職の度に給料を25%ほど上げてきましたが、会社でじっと我慢して評価を得るよりも圧倒的に昇給が速いです。給料アップが速いほどに経済的余裕を速く実現できます。

あと一回転職してもう25%給料が上げられないかも引き続き狙っていきます。

もうすぐボーナス♪とウキウキしながらサラリーマンのこの金銭メリットも気楽に享受したいですね。今年はPeterLugarにステーキでも食べに行こかな。大きな買い物は需給バランスが正常化して価格も納期もまともになるであろう来年以降にしておきます。

こういうカッコイイ車も欲しっす(前に乗ってたBMW F31 320d touring)

サラリーマンも活動の冗長系の一分野として、投資家や事業家等の活動と合わせて3重4重のRedundant architecture的なんや手は色々あるしいけるでしょな布陣を敷いて人生気ままに楽しんで行きたいものです。

来週は会社の釣り部に久々に参加です。仕事で人となりを良く知る人と遊びに行くのもまた乙なものです。

返信する

メールアドレスが公開されることはありません。

サラリーマンをやりながら副業で様々な事業を運営しています。実体験に基づいた情報を発信していきたいと思いますので、同志の皆様のお役に立てば何より幸いです。 略歴:2004年国立大学大学院卒業後、現在は会社に勤めながら木造アパート1棟、太陽光発電所2基、株式を主とした各種金融資産を運用中。娘1人の3人家族のパパ。