外資系サラリーマンとおるの資本家日誌 / Way to be a capitalist

サラリーマンが資本運用と事業経営で総資産10億円、純資産4億円、年収3,000万円の資本家を目指すブログ。現在総資産15,194万円、純資産5,934万円($457,052、自己資本比率39.0%)【金融資産2,712万円(日本円 388、株式/ETF/投信 1,322、外貨FX/CFD 9、債券 /REIT/インフラファンド 97、暗号通貨 157、金/プラチナ/銀 217、保険/退職金 520)+ 実物資産3,222万円(不動産 1,144、太陽光 1,823、耐久財等 254)】、労働CF 709万円/年、資本運用CF 360万円/年(不動産 14、太陽光 135、金融資産運用 211)、事業CF 14万円/年。

カテゴリー

Count per Day

  • 17現在の記事:
  • 95662総閲覧数:
  • 16今日の閲覧数:

カテゴリー

Count per Day

  • 17現在の記事:
  • 95662総閲覧数:
  • 16今日の閲覧数:
太陽光発電・自然共生事業

太陽光発電所「桜&霞」2022年6月の様子

Pocket

本日は太陽光発電所の定期点検に行って来ました。

こうしてロングドライブで発電所行くと良い気分転換になりますね。

太陽光発電所「桜」の様子

2018年5月から稼働している24円FITの「桜」ですが、相変わらず順調に稼働を続けてくれています。

繰り上げ返済も大分進んできまして、年間80万円ほどのキャッシュフローを上げつつ負債も残すところ642万円となりました。このくらいであれば特に心理的負担無く融資を活用して事業を続けられますね。

こちらはノンバンクからの融資なので引き続きキャッシュフローは繰り上げ返済に充て、年間キャッシュフロー140万円の優良物件に仕立てて行きます。あと5年くらいで実現できそうです。

一点困りごととして、パワコン本体の表示LEDが寿命でほとんど見えません・・・

まあエコメガネの監視と合わせてだましだまし使いつつ、あまり酷いようであればメーカに改善依頼をしたいと思います。

除草も委託しているのでほとんど手も掛からないです。

昔みたいに雑草が生い茂ることも無くなりました。
植えているシンボルツリーの河津桜も元気そうです。

太陽光発電所「霞」の様子

そして2020年3月から稼働の24円FIT「霞」ですが、こちらも特に問題なく順調に発電を続けてくれています。

悩みの種の竹も業者さんと共同で駆除しているので私の負担は大分減ってきました。有難いことです。

こちらは年間売上125万円、キャッシュフローで45万円ほどの物件です。負債は現在588万円ですがこちらは公庫からの融資で今後もお世話になるだろうことから特に繰り上げ返済は考えていません。

若干パネルが汚れてきましたのでそろそろ梅雨の時期を利用して雨水洗浄をしに行こうかなと考えています。

そろそろパネル洗浄しようと思います。
竹はまあ根気強く駆除していきます。
植えている果樹も元気そうです。

動画ではこんな感じですね。

これからも安定して太陽光発電事業を続けて行きます。

ということで太陽光発電所の様子でした。

太陽光発電の利益は全て娘の教育費に充てるつもりで事業を運営していますので、これからも安定して売電を続けて行きたいですね。

あと5年もすれば繰り上げ返済効果により毎月16万円ほどのキャッシュフローを生み出しますので学費と習い事に丁度良い金額になると考えています。

大学の学費はジュニアNISAで320万円の元本を運用して16年後に2~3倍にして賄い、大学入学前までの16年間はこちらの太陽光発電の収入を使っていきます。

これから6月は雑草が元気なので隔週くらいで様子を見に行こうと思います。

返信する

メールアドレスが公開されることはありません。

サラリーマンをやりながら副業で様々な事業を運営しています。実体験に基づいた情報を発信していきたいと思いますので、同志の皆様のお役に立てば何より幸いです。 略歴:2004年国立大学大学院卒業後、現在は会社に勤めながら木造アパート1棟、太陽光発電所2基、株式を主とした各種金融資産を運用中。娘1人の3人家族。