外資系サラリーマンとおるの資本家日誌 / Way to be a capitalist

サラリーマンが資本運用と事業経営で総資産6億円、純資産3億円、年収3,000万円の資本家を目指すブログ。現在総資産15,322万円、純資産5,792万円($400,815)【金融資産2,457万円(日本円 398、株式/ETF/投信 1,326、暗号通貨 99、外貨 39、債券 /REIT/インフラファンド 96、保険/退職金 497)+ 実物資産3,338万円(不動産 1,164、太陽光 1,773、金/プラチナ/銀 190、耐久財等 209)】、自己資本比率37.8%、給与CF60万円/月、資本CF 30万円/月(不動産 7、太陽光 11、金融資産運用 12)、事業CF 3万円/月。

カテゴリー

Count per Day

  • 19現在の記事:
  • 82013総閲覧数:
  • 23今日の閲覧数:

カテゴリー

Count per Day

  • 19現在の記事:
  • 82013総閲覧数:
  • 23今日の閲覧数:
資本家への道、セミリタイア、FIRE/SIDE FIRE日記

資本の力を使いこなす

Pocket

何だかんだ投資を本格的に始めて6年が経過しました。複利について知ったのは15年前ですが、投資を実際に始めたのは最近ですね。

若い頃はお金より友達や恋人、仕事や遊びの方が遥かに大切でこれで良かったと思っています。若いうちにお金を使わないのはもったいないです。若いうちこそ何をしても楽しい時期なのでしっかりお金もエネルギーも使いましょう。

若いうちは貯金や投資はほどほどに、良く言われる収入の10%程度で十分と思います(ちなみに私はー10%くらいでした笑)。もちろん投資そのものが楽しく生き甲斐であり仕事と自らが感じるのであれば全力投資も良いと思います。

今現在の一般的なサラリーマン的モデルケースで言うと35歳辺りで本格的に投資をスタートし、50歳でセミリタイアくらいが丁度良いと思います。セミリタイア後も仕事はしたくなるので経済的には15年で資産2000万円くらい築けば何一つ問題が無いはずです。

投資には興味があるけど何から始めたら良いか分からない。そういう声を最近よく聞きますが、そこは分からないなりに小額から始めれば良いです。

思い立ったらすぐに始め、じっくりと資本の力を手に入れていきましょう。

投資をする対象は実際何でも良い

何でも良いとはいきなり身も蓋も無いですが(笑)、この6年の実績を言いますと実際投資をしたほぼ全ての分野で利益を出しています。この期間何度も暴落を経験しているにも関わらずです。

唯一債権だけが勝てませんでしたが、かと言ってマイナス額も無視できるくらいの金額でした。振り返ると普通に調べれば特に難しいものでも無かったと思います。負けっぱなしも何なので債権分野はこれから少しリソースを振り分けようと画策しています。

もちろん銘柄や分野によっては株が紙切れになったりというのも経験しますが、その分野全体としてはやはりプラスを出しています。バブル崩壊後の日本株の様に長期的に低迷することもあり得ますのでそこはアセットクラスの分散で対応しましょう。

一番手軽なのはやはり株ですね。ポテンシャルも相当高いので上述の15年スパンで真面目にやれば利益を出すのは容易でしょうし、1億円到達も別に難しくないと思います。

情報収集も簡単で、売買もワンクリックで即座にできる。手数料もほとんど掛からない。この辺り不動産投資から見ると明らかな優位性です。

投資する銘柄も何でも良いです。やっている内に楽しくなってきて良し悪しやコツが分かってきます。やれば勝てるのが投資、と言うか勝てるから投資という理念が存続しているのです。気負わずにさくっと始めてしまいましょう。

歩き出せばその時点で勝利がほぼ確定、あとはどこまで資産を増やすかだけのことです。リスクはプラスマイナスどちらにも振れますが、プラスに振れることが圧倒的に多いです。

投資をするということがどういう行為で、何故利益を出せるのかを理解すれば特に恐れるものではありません。プログラムのソースコードを追う様にお金の流れを追ってみましょう。

買えば段々と興味が湧いて色々な銘柄に手を出したくなります。それに伴い知識も段々と付いてきますのであまり迷わず証券口座を開いてしまいましょう。

今日始めれば明日は+1日分の資本家経験値が手に入ります。

今は当たり前の様に投資で勝てる時代

こうして当たり前の様に投資に勝てるのですが、こういう時って概してずっとは続かないです。あの頃から投資を始めていれば、と思う日が必ず来ます。

もちろん一時的には伸び悩んだり下落したりは間違いなくありますので、一直線に資産額が上がり続けるわけではありませんけどね。

そして今この瞬間も有望な投資先が確実に隠れています。諸所で直接人から見聞きする情報に耳を澄ませてみましょう。ネットニュースなど商売で情報発信をしている場所からの取得は一定量注意をして下さいね(エンターテインメントとしての情報発信なので商売そのものは否定はしません)。

私はこれから30年は投資マーケットは伸び続けると考えています。そして富の広がりに伴い伸び率は少しずつ衰えていくと思います。

やがて世界が便利に快適になり、今の先進諸国の様にもうこれで十分だよねと世界中が思い始めた時が株式マーケットの伸びが落ち着いてくる時期だと考えています。普通に快適な生活を維持する大衆的廉価なサービスと少量の富裕層向けの高価なサービスが今以上に両極端に存在しているのが30年後の世界と推測しています。

インフラの維持と改善、居住地の拡充や耐震耐災害性向上や動線の効率化。クリーンエネルギーの活用と廃棄物処理技術の向上や利便性の高いサービス。移動の安全性や快適性向上などなど全てが技術的ブレイクスルーを経ながら現在の延長線上で改善していきます。そして人間が感じる喜びは変わらず、達成感や人とのつながり、自然の美の享受、健康や芸術、そういった何千年と変わらないものです。

世界が理想的な姿になるにつれ投資収益は収束、というよりも稼ぐ必要性が段々と下がってくるはずです。まあこれは50年100年先の話ですので、そんな世界を見据えながら今は働きながら投資をして豊かさを早めに手に入れるというのは実に健全なライフスタイルですね。

今日も一日大切な人たちと元気に過ごせた。その事実に感謝しながら一生懸命頑張って行きましょう!

資本の力を使う技術を伸ばしていく

と少し壮大な話を書きましたが、ここで現実に戻り現在の私の資本運用状況について書いていきたいと思います。

2022年1月~7月の資本収益(不動産太陽光運用キャッシュフロー+金融資産運用確定利益)は267万円でした。私は資本運用収益年利7.5%を目標にしているますので、純資産5500万円を目標利率7.5%運用で420万円として残り160万円を8月~12月で達成していきたいと思います。

不動産は今年は退去が3件続きキャッシュフローはほとんど出ていませんが、インフレにより物件価格と家賃双方の上昇がこれから期待できますので先行きは不安視していません。退去はコロナ緩和の影響で人が動き始めているのが原因だと思いますが、入居も早期に決まり今年後半の挽回に期待したいと思います。

本当は新築アパート追加購入したくてたまらないのですが、戸建て人気に引っ張られて地価が上がり過ぎていて良い物件が買える気配がありません。。。こういう時は大人しく機会を待ちたいと思います。保有不動産の価格も上がっているのでまあどちらに転んでも良いです。

太陽光は相変わらず好調で今年も引き続きローンを返済しながら確実にキャッシュフローを出してくれています。残債も二基合わせて残り1200万円なので一基は完済しても良いかなと考えています。

そして今年は暗号通貨や株式の売買を多めにしているおかげで既に前年を上回る実績を出しています。このまま年間確定利益200万円を突破していきたいと思います。

私もこうして運用を続けている内に日々確実にスキルが上がって行っているので、やはり何事も早く始めるに越したことは無いですね。

今のこの運用規模は丁度サラリーマンと資本家の分岐点に立っていると捉えています。ここから次の拡大に動いた瞬間が資本家>サラリーマンとなる瞬間ですね。もう飛べる翼は持っていると思いますが、羽じゃなくてジェットエンジンで飛びたいのでまあここは入念に抜かりなく行きます(笑)。

これからもっと資本運用の実力を伸ばし、資本家として優雅な豊かな人生を実現していきます!

返信する

メールアドレスが公開されることはありません。

サラリーマンをやりながら副業で様々な事業を運営しています。実体験に基づいた情報を発信していきたいと思いますので、同志の皆様のお役に立てば何より幸いです。 略歴:2004年国立大学大学院卒業後、現在は会社に勤めながら木造アパート1棟、太陽光発電所2基、株式を主とした各種金融資産を運用中。娘1人の3人家族のパパ。