外資系サラリーマンとおるの資本家日誌 / Way to be a capitalist

サラリーマンが資本運用と事業経営で総資産10億円、純資産4億円、年収3,000万円の資本家を目指すブログ。現在総資産15,194万円、純資産5,934万円($457,052、自己資本比率39.0%)【金融資産2,712万円(日本円 388、株式/ETF/投信 1,322、外貨FX/CFD 9、債券 /REIT/インフラファンド 97、暗号通貨 157、金/プラチナ/銀 217、保険/退職金 520)+ 実物資産3,222万円(不動産 1,144、太陽光 1,823、耐久財等 254)】、労働CF 709万円/年、資本運用CF 360万円/年(不動産 14、太陽光 135、金融資産運用 211)、事業CF 14万円/年。

カテゴリー

Count per Day

  • 9現在の記事:
  • 95665総閲覧数:
  • 19今日の閲覧数:

カテゴリー

Count per Day

  • 9現在の記事:
  • 95665総閲覧数:
  • 19今日の閲覧数:
価値観・健康・ライフスタイル

日々を頑張る意味

Pocket

お正月は京都に帰省していました。

孫娘はとても可愛い様で、やっぱり最高の親孝行と言うのは元気に孫の顔を見せに行くこと。これですね。

何か人生こういう時間があるのなら多少普段辛くても頑張れるなあと思っちゃいました。

使ったお金は大した金額ではありません。せいぜい3万円程度で、娘のお年玉を両親と親戚祖父母からもらったのでむしろプラスになります。もちろんお年玉は全額娘のジュニアNISAに入金です。

初詣に行って、近所の高島屋に夕食の買い物に行って、娘のはしゃぐ太陽の様な笑顔を見ながら釣った魚を肴に父と酒を飲む。これ以上の贅沢は無いことを実感します。

カワハギ刺身の肝和え。こんなクオリティのものはお店では食べられません。釣ってすぐに締めて血抜きしないとこの味は出せない。濃厚な肝に熟成された刺身の旨味。これぞ美食の頂点。そして釣りものの明石の大ダコの味はスーパーで売っているものとは比べ物にならないです。カニの様な味がします。

今のこの家族みんなが健康で生きている時間と言うのは取り戻すことは出来ません。この貴重さにいつか将来気づくことを私は知っています。だから今はこの時間を最優先に生きることにしています。

私が今叶えたい望みの一つは娘が大きくなって3世代で昔言った釣り公園に行くことですね。

今の時代貧富の差は金銭では無いなと感じます。お金を幾ら持っていても真の幸福は買うことが出来ず、逆にお金を持っていなくても生活費を工夫すれば短時間バイトの共働きでも十分に暮らしていくことが出来ます。

大切なのは人とのつながりや自分のやりがい生き甲斐、知識やノウハウの蓄積、そして時間やお金という外的公平なリソースをバランス良く理解し保有すること。これら広義の意味での資本を自分自身に取り込み使いこなすことです。

ということで日々頑張って生き抜きたいと思います。今年は泥臭く行きますよ。

返信する

メールアドレスが公開されることはありません。

サラリーマンをやりながら副業で様々な事業を運営しています。実体験に基づいた情報を発信していきたいと思いますので、同志の皆様のお役に立てば何より幸いです。 略歴:2004年国立大学大学院卒業後、現在は会社に勤めながら木造アパート1棟、太陽光発電所2基、株式を主とした各種金融資産を運用中。娘1人の3人家族。