とおるの資本家日誌 / Way to be a capitalist

FIREした元サラリーマンが資産運用と事業経営での資本家ライフ実現を目指すブログ。FIRE生活、資産運用、起業&事業運営について日々更新!(資産運用状況はプロフィールの方に移しました)

カテゴリー

Count per Day

  • 80現在の記事:
  • 351472総閲覧数:
  • 46今日の閲覧数:

カテゴリー

Count per Day

  • 80現在の記事:
  • 351472総閲覧数:
  • 46今日の閲覧数:
価値観・健康・ライフスタイル

ここから先の人生の本質

Pocket

今週は本当に色々な人に迷惑を掛けたし、本当に色々な人に助けられました。

その全てに感謝したいですね。

一人一人の顔を思い浮かべ、ああその方々の全員が私にとっては大切な人なんだなと振り返り思います。

何でお金があるのに、その気になればFIREできるのにそれをしないのか。会社を辞めるという選択をしないのか。ずっと自問自答していました。

結局、私は今のこの環境が好きで、このままずっとこの世界で暮らしたいんだろうなと思いました。

月曜日に憂鬱になりながら会社に出社し、時には足を引っ張られ、何だかんだ仲良しから声を掛けてもらい、お客さんに感謝されたり怒られたり、たまには釣りに誘ってくれる優しい先輩がいたり。そして金曜日の夜に一週間を振り返って、頑張ったなと思った週は充実感、さぼったなと思えば空虚感。土日はのんびりしてまた一週間を繰り返す。

喧嘩しながらも無能と関わりたくないなと思っても仕事擦り付け合いながらでも怒鳴り合いながらでもやっぱり私は周りの人のことが好きなんだなと感じます。多少はお互い様ですしまあ税金くらいな感覚で直接下にはいない後輩も面倒や指導もします。税金と同じくそれが結局社会の役に立ちます。

やっぱり一度関わった人を無下には出来ない。それをすれば一生後悔することをこの年齢になると理解できます。

友達も家族も仕事仲間も、公園で娘を邪険にされて喧嘩になりそうになった人も、コンビニですれ違ったり道を譲ってくれる人も。本質的には私にとって大切な人であることに変わりは無いのだろうなと感じます。

仕事に命を懸けて世界に良い自動車を届けようとしている人たちに、私も向き合わないといけませんね。いかに自分がその道を一度は捨てたとは言え、今の私にできることをやりたいと思います。

やっぱり自分の中の本質的なところは伝わりますし、しっかり向き合ってくれていることも相手には伝わります。私はそれをただ真摯に続けるだけです。

私が出来ることは最後までしっかり付き合うこと。その人の人生にしっかり付き合いながら、私もまた自分の人生に付き合ってもらうことですね。そうして初めて私はこの人生を後悔無く生き抜くことが出来るのだと思います。

娘も3歳が近づき自分の人生を歩み始めているのを感じます。私はあとはそれを見守り導きながら私自身の人生をしっかり歩んでいきたいと思います。

私のこの感覚はサラリーマンでは無く資本家側だと思っています。自分と家族を守るのがサラリーマン、社会を守りながら自分も大切な人も守るのが資本家。これが正解だと考えています。

私が次に目指している資本家としての人生は更にこれを色濃くしたものとなるはずです。ここを抜かりなく、あと3年をこのサラリーマンとしての最終章だと捉えしっかりとやり抜きたいと考える金曜日の夕方。

そして私のわがままなリクエストに応えた結果割を食った取引相手のお客様。これからの努力で挽回しますので今回は許してくださいm(_ _)m。来週もまた頑張ろう。

前向きに生きていれば必ず人生は前に前に進む。考えてみると当たり前の話ですね。このままずんずん前に進んでいきたいと思います。

返信する

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

FIREした元サラリーマンが資産運用収入を土台に様々な事業に挑戦しています。実体験に基づいた情報を発信していきますので、同志の皆様のお役に立てば何より幸いです。 略歴:国立大学大学院卒業後、日系電機メーカ、日経自動車メーカ、外資系メーカで開発業務を遂行。会社勤めの傍ら木造アパート1棟、太陽光発電所2基、株式、現金コモディティ他をコアとした資産運用を8年実施、生活費相当の資産収入を築きFIREを達成。現在は経営者として事業経営の日々。娘1人の3人家族。