とおるの資本家日誌 / Way to be a capitalist

FIREした元サラリーマンが資産運用と事業経営での資本家ライフ実現を目指すブログ。FIRE生活、資産運用、起業&事業運営について日々更新!(資産運用状況はプロフィールの方に移しました)

カテゴリー

Count per Day

  • 117現在の記事:
  • 342763総閲覧数:
  • 30今日の閲覧数:

カテゴリー

Count per Day

  • 117現在の記事:
  • 342763総閲覧数:
  • 30今日の閲覧数:
価値観・健康・ライフスタイル

人生の時間の支配権

Pocket

ちょうど投資を始めた頃のこと、投資を行うことで得たいものとして定めたのが「人生の時間の支配権」でした。

自分の人生なので当たり前のはずが何故か時間の自由を奪われている。これはあってはならない。ということで人生の時間を24時間自由に動かす権利を得るべく投資を始めたことを覚えています。

今週は会社の仕事を後回しにしてやらなくてはならないことが幾つかありましたが、こういったことがこれから増えてくることを想定しています。

仕事より、お金より大切なことがある。時間は巻き戻すことができないことを思い知らされた一週間でしたね。

子供の成長のために時間を使ってあげたい

子供は日々ものすごいスピードで成長していくものですが、そこに寄り添ってしっかり成長を見守ることの優先度を上げたいと考えています。

今この子供が小さい時間と言うのは取り戻せません。その時間を誰でも出来る会社の仕事にでは無く子供のために使ってあげたいのです。

世界は広く、自分の手で触れて目で見て、様々な経験の中で培われる未来の可能性の芽をしっかり伸ばしてあげたい。何より生きることは幸せな事が沢山あるのだと教えてあげたい。

そうすることが親として出来る最も大切な事なのです。

楽しいよ大人になると、って言ってあげられる親になりたいものですね(笑)。そのために今は這ってでも資本家シフトを実現したいと思います。

優雅な人生にお金を使うということ

私は資産形成を行う中でサラリーマンの給料を元手にした資産形成による資本家へのシフトという命題を上げています。このブログの主題でもあります。

本格的に始めたのが大体2015年ですね。転職による年収増で当時持っていた各種のローンを払いきり、且つ住んでいる場所が神奈川と私にとって慣れ親しんだ海にも比較的近い何不自由不満の無いお金も掛からない生活。

それにより資産形成の余力が出来、運良く元々投資好きの友達がいて話題に慣れ親しんでいた中私自身も前職で会社勤務が長期的に成立しないことを直感し副業を模索する中でのスタートでした。

今思い返すとよくもまああの苦しい時代からここまでリカバリーできたなと感じます(笑)。まだまだ大変ですがもう一息これから2~3年で理想に手が届きそうです。

資産収入も順調に増え、これから不動産と株式に追加投資を行いサラリーマンとしての資産収入における完成形にたどり着いてサラリーマンは終了とします。2027年までには達成したいですね。

運用資産で3億円、純資産で1億円辺りを目標にしています。更にリスクを取れそうなら運用資産で4億円の純資産1億円で自己資本比率25%、ディフェンシブに行くなら運用資産2億円の純資産1億円で自己資本比率50%とします。融資を使うため金利上昇には備えておかないといけませんので、そこは状況を見ながらの投資となります。

これにより年間のキャッシュフローで優雅な生活を賄えるようになればいよいよ優雅な生活にシフトできます。

あとは何を持って優雅とするか、都心で便利に華やかに生きるのか、地方でのんびりゆったり生きるのか。それはどちらも魅力がありますしどちらも取りに行くつもりです。

あとは時間の支配権に対する優先性で判断ですね。お金が掛からないほどに時間の支配権は取りやすくなります。高価であるほどにお金には縛られるので、そこのバランスとなると考えています。

やりたいと思ったことをやりたい時に出来る人生

これからの人生、やりたいことをやりたい時に出来る様にします。それが資本家シフトの最優先達成事項です。

あと3年あと3年、とか言いながらそんなにサラリーマンもつのかなとか思うのですが(笑)。まあ時期的にもこれから2~3年というのは丁度良い様に感じています。

恐らくまだ人生の半分にも到達していないと思うのでまだまだこれから人生変えて行きます!

返信する

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

FIREした元サラリーマンが資産運用収入を土台に様々な事業に挑戦しています。実体験に基づいた情報を発信していきますので、同志の皆様のお役に立てば何より幸いです。 略歴:国立大学大学院卒業後、日系電機メーカ、日経自動車メーカ、外資系メーカで開発業務を遂行。会社勤めの傍ら木造アパート1棟、太陽光発電所2基、株式、現金コモディティ他をコアとした資産運用を8年実施、生活費相当の資産収入を築きFIREを達成。現在は経営者として事業経営の日々。娘1人の3人家族。