外資系サラリーマンとおるの資本家日誌 / Way to be a capitalist

FIREした元サラリーマンが資本運用と事業経営で総資産10億円、純資産4億円、年収3,000万円の資本家を目指すブログ。現在総資産15,611万円、純資産6,588万円($451,361、金6,597 g、16.5397 BTC、自己資本比率42.2%)【金融資産3,085万円(日本円 511、株式/ETF/投信 1,761、外貨FX/商品CFD 29、債券 /REIT/インフラファンド 15、暗号通貨 176、個人年金 572)+ 実物資産3,502万円(不動産 1,193、太陽光 1,810、金/プラチナ/銀 253、蒐集品/耐久財等 244)】、資本運用CF 1069万円/年【労働 709、資産 360(不動産 14、太陽光 135、金融 211)、事業 14】。

カテゴリー

Count per Day

  • 17現在の記事:
  • 180085総閲覧数:
  • 1175今日の閲覧数:

カテゴリー

Count per Day

  • 17現在の記事:
  • 180085総閲覧数:
  • 1175今日の閲覧数:
資本家への道、セミリタイア、FIRE/SIDE FIRE日記

資本運用キャッシュフローによる収入の複線化

Pocket

私は常々経済活動はキャッシュフローが最上位に来ると考えています。

極論お金がプラスに回っていればそれだけで良いんです。資産が幾らだろうが負債が幾らだろうが、実は関係ありません。もちろん負債が多いとリスクセンシティブになるのである程度純資産もプラスにしておく必要はあります。

ということで今回は資本運用により得られるキャッシュフローを人的資本、事業資本、金融資本を主軸にまとめてみました。

資本運用キャッシュフローによる収入の複線化

キャッシュフローを生み出す資本は以下のものがあります。

・人的資本

・金融資本

・事業資本

それぞれから生み出されるキャッシュフローが生活に必要なお金を全て賄うことが出来れば経済活動は問題なく続けて行くことが出来ますね。ということで

是非Goodボタンとチャンネル登録お願いします!

FIREぷらすの資本家ライフ

返信する

メールアドレスが公開されることはありません。

FIREした元サラリーマンが資産運用収入を土台に様々な事業に挑戦しています。実体験に基づいた情報を発信していきますので、同志の皆様のお役に立てば何より幸いです。 略歴:国立大学大学院卒業後、日系電機メーカ、日経自動車メーカ、外資系自動車部品メーカで開発業務を遂行。会社勤めの傍ら木造アパート1棟、太陽光発電所2基、株式、コモディティ他をコアとした資産運用を8年実施、生活費相当の資産収入を築きFIREを達成。現在は経営者として事業経営の日々。娘1人の3人家族。