とおるの資本家日誌 / Way to be a capitalist

FIREした元サラリーマンが資産運用と事業経営での資本家ライフ実現を目指すブログ。FIRE生活、資産運用、起業&事業運営について日々更新!(資産運用状況はプロフィールの方に移しました)

カテゴリー

Count per Day

  • 117現在の記事:
  • 324775総閲覧数:
  • 287今日の閲覧数:

カテゴリー

Count per Day

  • 117現在の記事:
  • 324775総閲覧数:
  • 287今日の閲覧数:
価値観・健康・ライフスタイル

私が尊敬する人

Pocket

人生を振り返るに、尊敬できる人はやっぱり何人かいたなと感じます。身近に居る人もいるので、そういった方にきちんとこれから接していきたいですね。

思い返すと価値観の多くは大学時代に培われた気がします。

ずっと忘れられないのが大学時代の緒方君という人で、何故かことあるごとにいつも思い出してしまいます。

少し巻き毛で色黒のハンサムガイで、正義感が強くて、私の様な大人しいやつを女の子連れで旅行に誘ってくれたりともうなんなのこいつパーフェクトやんというやつでした。

大学部活の部長で、一番驚いたのは部活動で春のまだ雪の残る山に登山に行った時。

結構急な斜面をザックを背負って降りていて、

「やべえこれ滑ると死ぬな」

とハラハラしていたのですが、ふと上を見ると後輩が滑落してきました。とっさに思ったのは

「こっちに来るな。巻き込まれる。」

でした。それに対してあいつは

「○○(後輩の名前)!!」

と叫んで体ごと飛びついて止めに行きました。

10メートルほど滑り落ちて大きな岩の前で止まりました。

あの時の光景は今でも覚えています。なんて素敵な人だろう、そしてなんて自分は愚かであったのだろうと。

手放しで賞賛できる人なんて世の中にそうはいませんが、そういう出会いが一つあっただけでも良かったなと心から思います。それもまた私が新しい世界に勇気を出して飛び込んだおかげでもあります。

彼と過ごした学生時代の思い出が、なぜ年月とともに輝きを増して行くのだろう。

あの頃に時間を撒き戻せたら、どれだけの溢れる感謝を伝えるだろう。

学生時代のたった一つの思い出が、きっと私の魂をずっと生かし続けてくれるのだろうなと感じます。

あの時の光景を思い出すとき、世の中捨てたものじゃないんだよと、そう思える自分がいます。

いつか彼に追いつけるのだろうかと。私が望む自分を実現したとき、その時に胸を張って会いに行って、最高級のお酒でも飲みながら、

「友達でいてくれてありがとう」

そう伝えたいと思います。

そして願わくばまた同じくらい素敵な出会いがこれからまたありますように。

まだまだ精進ですね。

返信する

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

FIREした元サラリーマンが資産運用収入を土台に様々な事業に挑戦しています。実体験に基づいた情報を発信していきますので、同志の皆様のお役に立てば何より幸いです。 略歴:国立大学大学院卒業後、日系電機メーカ、日経自動車メーカ、外資系メーカで開発業務を遂行。会社勤めの傍ら木造アパート1棟、太陽光発電所2基、株式、現金コモディティ他をコアとした資産運用を8年実施、生活費相当の資産収入を築きFIREを達成。現在は経営者として事業経営の日々。娘1人の3人家族。