とおるの資本家日誌 / Way to be a capitalist

FIREした元サラリーマンが資産運用と事業経営での資本家ライフ実現を目指すブログ。FIRE生活、資産運用、起業&事業運営について日々更新!(資産運用状況はプロフィールの方に移しました)

カテゴリー

Count per Day

  • 1882現在の記事:
  • 297185総閲覧数:
  • 95今日の閲覧数:

カテゴリー

Count per Day

  • 1882現在の記事:
  • 297185総閲覧数:
  • 95今日の閲覧数:
サラリーマンの楽しみ方 資本家への道、セミリタイア、FIRE/SIDE FIRE日記

FIRE後1か月が経過し、改めてサラリーマンを辞めた理由を整理する。

Pocket

FIREして一か月が経過しました。早かったような短かったような、でもものすごく充実した時間でした。

割とのんびり遊ぶことは無くて次の世界のために色々行動に移せた時間でした。

先月一度途中経過として整理してみたのですが、一か月後の今の気持ちとサラリーマンを辞めた理由を改めて整理しておきたいと思います。

やっぱり色々考えていると、もし辞めなかったらこうだったのにとか考える時もあります。それでも戻りたいとは全く思いませんけどね(笑)。

いずれにせよ一度ここですっきりと整理しておきたいと思います。

サラリーマンを辞めた理由を改めて整理する。

ということでその理由を並べますと、

・サラリーマンとしてやりたいことはやりきった:会社の力を借りてグローバルに世界初の商品や多種多様な人種との仕事をプロジェクトをリードする立場で完遂。

・サラリーマンのメリットを使い切った:社会的信用力でもある借入の力。住宅ローン、クレジットカードなどの借り入れや世間体などの見栄え。

・十分な資産を築けた:私が基準にしている資産額を超え、個人資産としては今後の生活に十分な資産を築けた。家族の生活が保障できる。

・経営者としての目標年収を達成したい:起業し自身の事業で目標年収をクリアしたい。

・今しかない時間を大切にしたい、今しかできないことをしたい:子供が一番可愛い時期、教育が効果的になる時期に教師として接してあげたい、両親が元気なうちに親孝行したい、若いうちに友達と遊んだり新しい友達を作っていきたい。

・人生の時間を自分の事業に投資したい:一つ一つの作業、一つ一つの積み上げを全て自分の事業に積み上げて時間と努力の複利効果を自分自身の事業に蓄積していきたい。サラリーマンで行った血のにじむような苦労を自分の事業に使うと凄いことになるのが何となく分かる(笑)。

・夢を現実に変えていきたい:やりたいこと、願いや望みを全て実現していきたい。

大きく分けると上記の様な理由となりますね。これを叶えるためには経営者としての道を進むのが唯一の道ですし、そのためには会社員の立場を捨てて時間と行動の自由を確保していく必要があります。

こうして書き出すとやっぱり進む道に迷いが無いことを確信できますね。

まああと一年続ければ車が買えたとか新NISAにお金突っ込めたとか退職金が増えたとかお金はやっぱり増えたのですが、もう言い出すときりが無いので時間を優先してきっとこれで良かったのでしょう。

経営者のメリットとサラリーマンの比較

合わせて経営者とサラリーマンの比較をしてさらに頭の中をクリアにしていきたいと思います。

経営者サラリーマン備考
収入の安定度
何かしないと何も入らない。

毎月決まった日に決まった額が入る。
ここをFIRE出来る資産で対策する。
見込める利益
努力次第で天井が無い。

どこまで行っても大した金額にはならない。
仕事のしんどさ
休みが無いけどやりたいことしかやらないので苦しくはない。
×
会社の要求やペースに合わせるのが大変。
仕事の楽しさ
いつも仕事を探していて、いつも改善を工夫して幾らでも楽しめる。

極論どこまで行っても言われたことをやってその中で工夫する仕事でしかない。
仕事の将来性
努力次第で天井が無い。

努力してもあまり変わらない。
社会的信用力
経営次第。黒字がしっかりあれば信用も出来る。

大企業の管理職などは社会的信用力も親戚友達にも受けが良い。
サラリーマンのメリットが大きく出るところ。
時間の自由度
基本いつ何をするのも自由
×
平日は決まった時間が拘束される。
これが経営者は最高。
出会いの安定性
自分から会いに行く。自分次第。

会社に行けば仕事仲間は会社が支給してくれる。
出会いの拡張性
色々な人が居る。これも自分の接し方次第。

出会うのはいつもサラリーマン。(たま~にすごい人もいる)
自身の成長
自分で考えるので圧倒的に早い。

ある程度の年齢までは安定、それを過ぎると止まる。
老後の有利さ
既に事業が立ちあがっていればいつでも稼げていつでも辞められる理想の状態。

退職金と年金が多い。
退職後に何かゼロスタートで始めるのはかなり難しい。
総評2713経営者がやっぱり圧倒的
まとめ自分の工夫と努力次第。やることやってれば社会が保証。

並べてみるとやっぱり圧倒的に経営者の方が良いのですが、これは多少ポジショントークが入るのかもしれませんね。

そしてやはりサラリーマンは収入の安定性と社会的信用力が高いのが最大のメリットなので、ここを経営者として複数業種に夜売り上げ確保と安定化そして利益改善による安定黒字化で対策していきたいですね。

また収入の安定性は資産収入の確保で担保できるので、やっぱり個人資産があるというのは強いなと感じます。極論これだけで経営者のデメリットをほぼ対策できてしまいます。

資産形成は大事なので是非以下の動画も見て見て下さい。

経営者としてこれから心掛けたい事

ということで迷い無く今の経営者の道を進んでいくのですが、その中で幾つか心掛けていきたいことがあります。

・素早い行動、とにかくやってみる。

・トレンドに敏感に。先行してマーケットに入っていく。タイミングが合えば楽に結果が出る。出ない場合はもうだいぶ遅れていると認識する。

・日々頭をしっかり使って改善の工夫を重ねる。

・自由であることを活かして出かけまくる。

・人と話すことに積極的になる。

・とにかく前向きに楽しむ、Go ahead, make my day. (踏み出してみな、世界が変わるよ。)

毎日毎日本当に頭の中をやりたいことが次々に溢れてきます。ああこれが経営者の道なんだなと実感しています。

その割に私自身は頭も体も一つしか無いですし一日は24時間しかありません。なるほどだから誰かに協力をしてもらうために雇ったり仕事を委託したりするんだなと感じる日々で、自前主義の今までとは明らかに違う人生が始まったんだなと強く思います。

きっとこの人生に踏み出す私なりの準備はもう出来ていたんだと思います。本当はもう少し早く始めても良かったのでしょうね。

自分の決断と読みを信じ、空駆ける竜の様の如く自分の翼で自由に羽ばたいていきたいと思います。

返信する

メールアドレスが公開されることはありません。

FIREした元サラリーマンが資産運用収入を土台に様々な事業に挑戦しています。実体験に基づいた情報を発信していきますので、同志の皆様のお役に立てば何より幸いです。 略歴:国立大学大学院卒業後、日系電機メーカ、日経自動車メーカ、外資系メーカで開発業務を遂行。会社勤めの傍ら木造アパート1棟、太陽光発電所2基、株式、現金コモディティ他をコアとした資産運用を8年実施、生活費相当の資産収入を築きFIREを達成。現在は経営者として事業経営の日々。娘1人の3人家族。