とおるの資本家日誌 / Way to be a capitalist

FIREした元サラリーマンが資産運用と事業経営での資本家ライフ実現を目指すブログ。FIRE生活、資産運用、起業&事業運営について日々更新!(資産運用状況はプロフィールの方に移しました)

カテゴリー

Count per Day

  • 384現在の記事:
  • 324780総閲覧数:
  • 292今日の閲覧数:

カテゴリー

Count per Day

  • 384現在の記事:
  • 324780総閲覧数:
  • 292今日の閲覧数:
資本家への道、セミリタイア、FIRE/SIDE FIRE日記

資産5000万円から資本家側に人生が変わることの意味

Pocket

私のブログでもYoutubeでも一貫しているテーマは、

・資産5000万円を越えて資本家の世界に転生

この一言です。

この資産5000万円をつくることができるということは、以下の能力が備わっています。

・お金を沢山稼ぐ能力

・お金を効率的に使う能力

・お金を運用する能力

これらは土台として人生が資本家側に変わるための基礎能力となります。

そして私が発信したいのはこの世界にたどり着くための技法とたどり着いた後の世界で、この経済的自由を成立させる状態を土台として資本家として豊かで幸福な人生を進むことです。

なので資産運用は安定のバランス型、起業とグローバルな活動のための英語。これら3つがコアコンテンツとなります。ここからのグローバルな起業を通して得られる経験や幸福を実現する価値観、それがそのまま発信のコンテンツとなります。

この5000万円と言う金額自体の価値はインフレや為替によっていかようにも変わりますが、象徴的な数字として、且つ誰でも努力次第で到達でき金額的にも十分なパワーを持つ数字であり、私の発信のメッセージとして採用しています。

1憶とか2憶とか言っても発信としてはあまり意味が無く、実際発信している私としても視聴者さんにそこを目指してほしくはないんですよね。

それを達成したとしてもその時にすっかり年を取ってしまっていたら、出来ることは限られているということも考慮に入れておく必要があります。若さや健康は本当に何兆円払っても代えがたい最高の資産なので、若いうちに築くことが可能な金額である必要もあります。

そして本当に生活維持に何億円も資産が必要と言ってしまうことには、お金以外で改善すべき点があるのはやはり明らかです。こういった点を私としては時間を掛けて理解して頂きながら5000万円を築いていってほしいなという発信者としての思いがあります。

そして私自身も5000万円を越えたときに一度育児休暇を取ったのですが、その生活の中での経験として

「あ、お金稼いでないのに資産減ってない」

ということを体感した数字でもあります。特に変に切り詰めた生活をしていたわけでも無く、且つ子供一人のいる一般的な生活なのでそれなりに根拠のある数字でもありますね。

これは家族構成や生活費が幾らかに関わらず、やっぱりこの資産額に到達できるということはマインドセットとしてはもう資本家の領域にいます。

逆にそうでないとこの金額にはたどり着けませんね。恐らく上述の3つの能力のどれかが欠けている状態だと思われます。

そしてこれらの能力が乏しい場合は資産が何億円あっても経済的自立は出来ません。ですので正しい知識を持って前述の三つの能力を磨くことも大変重要となって来ますね。

この私が言う正しい知識を持って運用資産5000万円の壁を越えた時、人生が大きく変わります。

私も現在進行形で起業を進めていますが、その活動の中で行っているYoutube活動でも収益が入り、更にこれから起こす事業それぞれからの収入も入ってくることとなります。

一度5000万円ラインを越えて資本家側の世界に来ると、この5000万円を使い切ることもないのです。これは意外と5000万円を越えていても気づかれない方もいらっしゃいますね。ただそういう方は今の仕事そのものが楽しかったりするので、あとはその方の価値観次第と思います。

資本家の世界は本当に自由です。私はその中で勉強したり芸術に触れたりしながら、この世界の美しいものをこれから沢山見て行きたいですね。

返信する

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

FIREした元サラリーマンが資産運用収入を土台に様々な事業に挑戦しています。実体験に基づいた情報を発信していきますので、同志の皆様のお役に立てば何より幸いです。 略歴:国立大学大学院卒業後、日系電機メーカ、日経自動車メーカ、外資系メーカで開発業務を遂行。会社勤めの傍ら木造アパート1棟、太陽光発電所2基、株式、現金コモディティ他をコアとした資産運用を8年実施、生活費相当の資産収入を築きFIREを達成。現在は経営者として事業経営の日々。娘1人の3人家族。