とおるの資本家日誌 / Way to be a capitalist

FIREした元サラリーマンが資産運用と事業経営での資本家ライフ実現を目指すブログ。FIRE生活、資産運用、起業&事業運営について日々更新!(資産運用状況はプロフィールの方に移しました)

カテゴリー

Count per Day

  • 83現在の記事:
  • 324782総閲覧数:
  • 294今日の閲覧数:

カテゴリー

Count per Day

  • 83現在の記事:
  • 324782総閲覧数:
  • 294今日の閲覧数:
資本家への道、セミリタイア、FIRE/SIDE FIRE日記

時間の確保がわりと喫緊の課題になりつつあるFIRE民(笑)

Pocket

うん、思いましたが時間って幾らあっても足りないですね(笑)。

ちょっとやりたいことが多過ぎて、私かなりの多動気質なのであれもこれもと頭の中で色々なことが巡ります。

・投資判断

・新規事業のアイディア出しに検討と実行

・現行事業の運営管理に収益改善と税務対応

・Youtube動画の作成にイラスト練習

・インプットとしての勉強や調査

・子供との時間

・外遊び

・釣り

・健康づくりの運動

・読書

・漫画アニメ

・楽器

・ゲーム

・旅行

・不動産調査、DIYの勉強

・SNSの活用検討

・・・

これどうやってさばくん?ってくらいあってとてもじゃないけど一日10時間程度の可処分時間の中ではやり切れない!

おかしいな、FIREしたらもっとゆったりできると思ったんですが実際は真逆でした(笑)。むしろサラリーマンの方がやること決まってて行動も限定されるので時間管理は楽なんて。。。そんなの思いもしませんでした。

FIREするともう完全に束縛が無くなって疲れ知らずになって来るので、やりたいことが無限にあふれてくるんですよね。しかもやろうと思えば何でも出来るので、アイディアを形にせずにいられなくなる。

曜日ごとに決めるとかするのもなんだしなあ。

勉強も今していることって大体10年後に効果が出てくるので、もう前倒しでどんどんやっていくほどに将来が良くなっていくんですよね。そう考えると今のうちに知っておきたいことも山ほどある。

ということで来年からはもう外に出せる業務は外に出そうと思います。資産管理とか税務申告とかはもう何十万円か払って委託して、そこからはとりあえず解放されよう。これ私じゃなくても出来るし。

創作活動は委託するものではないのでここは私がやるとして、スライドの誤字チェックとか動画作成ソフトの編集作業とかはほんと委託しようかな。まだ収益があまり無いのでなんですが、上手く回す手段を検討しないと時間が足りない!

あとなんかチームでやりたいんですよね。その方が絶対面白いし。でも動画の内容的にほとんどが属人性の塊なので、正直もうやるしかない。

もうYoutubeはむしろリリースのペースをもっと上げたいという状況です。

新規事業で起業して不動産の視察とか融資付けとかリフォームのDIYとか客付けの練習とかもしたいのですが、やりかたほんと考えないといけません。太陽光発電所ももっと美観を良くしていきたいので手を入れたいのですが。

そう、不動産とか太陽光こそほぼ完全委託出来るので上手くやって行きたいんですが。でも自分でリフォームとかやり出すと楽しくてハマるだろうなあ。友達と一緒にやるとか、絶対おもしろいでしょ。

ほんと私個人は収益は特に不要で、一緒に働く人に利益が回りさえすれば良いのでこの辺りなんか良い方法ないかなあとか考えてます。

とにかく今の作業を棚卸して私の時間を確保しないと。。。とにかく今はYoutubeやりながらとりあえず青色申告まで終わらせよ。

一つ学生時代を思い出したのですが、考えてみると勉強する時っていつも夜だったなということを思い出しました。夜は外に出ることも無いので勉強に落ち着いて集中できるんですよね。読書とかも含めて、勉強は夜にやるのが良いのかも。

朝は創作的な活動、昼は外に出て事業に奔走したり遊びまわったり、夜は家で大人しく勉強と言う時間の使い方が良いかもしれませんね。時間の使い方にはまだまだ工夫の余地がありそうです。

返信する

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

FIREした元サラリーマンが資産運用収入を土台に様々な事業に挑戦しています。実体験に基づいた情報を発信していきますので、同志の皆様のお役に立てば何より幸いです。 略歴:国立大学大学院卒業後、日系電機メーカ、日経自動車メーカ、外資系メーカで開発業務を遂行。会社勤めの傍ら木造アパート1棟、太陽光発電所2基、株式、現金コモディティ他をコアとした資産運用を8年実施、生活費相当の資産収入を築きFIREを達成。現在は経営者として事業経営の日々。娘1人の3人家族。