とおるの資本家日誌 / Way to be a capitalist

FIREした元サラリーマンが資産運用と事業経営での資本家ライフ実現を目指すブログ。FIRE生活、資産運用、起業&事業運営について日々更新!(資産運用状況はプロフィールの方に移しました)

カテゴリー

Count per Day

  • 99現在の記事:
  • 297407総閲覧数:
  • 317今日の閲覧数:

カテゴリー

Count per Day

  • 99現在の記事:
  • 297407総閲覧数:
  • 317今日の閲覧数:
資産運用:株式・投資信託インデックスETF・株主優待

信用取引と言う新たな知見

Pocket

私は中期、長期の投資は割と得意です。この先の世界は大体何となく見え的中率は体感的には8~9割、投資においての判断は7:3くらいの確率予測で投資決行。

リスクを取ればリターンを得られるのが中長期投資の特徴だと思います。

ただ短期取引は今までやっていませんでした。中長期ほど簡単ではありませんし、そこは心理要因が大きく働く世界です。投資と言うよりも、経済ニュースよりも、そこから動く大衆心理を読む活動に見えて何となく忌避してきました。

過去にやってみたことがあるのですが何となくサラリーマンとして一日2~3万円稼ぐ世界観とは相性が悪く、損失も増えてきた辺りで一度撤退しました。

ですがこの短期での信用取引の力を引き出したくなってきました。これは単純な好奇心と、素直により大きなリターンを求めたいという挑戦心でもありますね。

どちらかと言うとここから見える新しい景色を見てみたいという気持ちの方が大きいかもしれません。お金の発信をしている私としても、この取引の世界は知っておくのは良いことです。

ということで本当に資産の一部、大体300万円くらいの総額で信用取引をやって行こうと思います。売りも買いもありです。制約は取引総額のみ、反対売買でリスク調整をします。

暫くは損失覚悟の先行投資として続けて行きたいと思います。

と同時に心得ておきたいのが、私の様な信用取引に手を出さなかった人間が動くというのは市場が過熱している何よりの証拠です。株価の天井は近く、ここから調整が入る確率が上がって来たとも言えます。

それでも長期では株価は上がり続けるので、短期の調整は買いのチャンスなのでそこはそこで押さえておきたいですね。大きく落ちれば現金余力で現物買いです。

利益と損失を目標内に収めて行く良い練習です。投資はもう一通りやったので、最後の聖域とも言える信用取引の世界を味わってみようと思います。これで短期、中期、長期の取引を極めて行きたいと思います。

返信する

メールアドレスが公開されることはありません。

FIREした元サラリーマンが資産運用収入を土台に様々な事業に挑戦しています。実体験に基づいた情報を発信していきますので、同志の皆様のお役に立てば何より幸いです。 略歴:国立大学大学院卒業後、日系電機メーカ、日経自動車メーカ、外資系メーカで開発業務を遂行。会社勤めの傍ら木造アパート1棟、太陽光発電所2基、株式、現金コモディティ他をコアとした資産運用を8年実施、生活費相当の資産収入を築きFIREを達成。現在は経営者として事業経営の日々。娘1人の3人家族。