外資系サラリーマンToruの資本家日誌

サラリーマンが太陽光発電、不動産、株式他投資で総資産6億円、自己資本比率40%、純資産2億4000万円(うち金融資産1憶2000万円)、資本収入150万円/月で資本家セミリタイアを目指すブログ。現在総資産1億3509万円、純資産3364万円(うち金融資産2533万円)、自己資本比率24.9%、資本収入26万円/月。基本生活費24万円/月、FIREまであと資本収入+14万円/月(基本生活費+(年金社会保険料+レジャー代+最低限の貯金・積立(=16))-資本収入)、純資産+3036万円(((基本生活費+(年金社会保険料+レジャー代+最低限の貯金・積立(=16)))×12)÷0.075-純資産額)、SIDE FIREまであと純資産+476万円(基本生活費×12÷0.075-純資産額)、資本収入基準は達成済み(資本収入>基本生活費)。

カテゴリー

Count per Day

  • 119現在の記事:
  • 52127総閲覧数:
  • 80今日の閲覧数:

カテゴリー

Count per Day

  • 119現在の記事:
  • 52127総閲覧数:
  • 80今日の閲覧数:
太陽光発電所運営・自然共生事業

太陽光償却資産申告書届きました。

Pocket

おはようございます。とおるです。

先日クリスマスの株価大暴落、皆さま無事に乗り切れましたでしょうか?

私は元々掛け金が少ないため大きな損失は被りませんでしたが、改めてレバレッジを利かせた投資に最新の警戒を張ることの必要性を強く感じました。

大金持ちになるのではなく、お金に困らない余裕ある生活を実現するのが目標ですからね。お金に苦しめられたら本末転倒です。

 

さて、先日私が保有する太陽光発電所の償却資産申込書が届きました。

 

太陽光は固定資産税も掛かりますからね。しっかり申告しましょう。

ということで申告方法についてまとめてみました。

 

手続きの流れ

1.太陽光発電所の契約

2.償却資産申告書の受け取り

3.償却資産申告書の作成と提出

4.固定資産税支払い通知の受け取り及び支払い

流れとしては上記の様な感じですね。

 

1.太陽光発電所の契約

私の場合はエコスタイル様と契約しましたが、エコスタイル様経由で物件の取得を市役所に申請していただいている様です。

ほぼエコスタイル様お任せで土地賃貸契約から工事の手配、融資や売電連結申請等々やって頂きましたのでここは手間無しでした。

 

2.償却資産申告書の受け取り

年末になると写真の様な申告書が郵送で届きました。

物件のある市に税金を納めます。自宅住所のある場所ではないのでご注意ください。

封筒の中には申告の手引き、申告の注意、申告書、種類別明細書が入っていました。

-申告の手引きと注意書

-申告書、種類別明細書

3.償却資産申告書の作成と提出、4.固定資産税支払い通知の受け取り及び支払い、についてはまた来年物件の定期確認の際に市役所に行ってこようと思います。

書き方についても初めてのものなので、色々と聞いてこようかと思います。

その際の様子をまたアップさせて頂きますね。

 

サラリーマン事業家の年末は忙しい!

10年間はずっと続くのでしょう。楽しいので良しとします。

返信する

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Toruと申します。2017年からサラリーマンをやりながら不動産と太陽光を主に様々な事業を運営しています。副業サラリーマンとして実体験に基づいた情報を発信していきたいと思います。同志の皆様のお役に立てば何より幸いです。 略歴:2004年国立大学大学院卒業後、2年電機メーカー、8年自動車メーカで研究開発の元Power of Dreamsサラリーマン。現在は外資系メーカに勤めながら副業で事業経営。木造アパート1棟、太陽光発電所2基、国内外株式を運用中。娘1人の3人家族のパパ。