外資系サラリーマンとおるの資本家日誌

普段仕事に育児に忙しいサラリーマンでも出来る資産形成と事業経営を実体験で綴るブログ。目標は不動産、太陽光、株式有価証券の資本運用で総資産6億円、自己資本比率40%、純資産2億4000万円(うち金融資産1憶2000万円)、資本収入150万円/月、事業収入50万円/月で富裕層セミリタイア。現在総資産1億4988万円、純資産5027万円(日本円803万円、不動産827万円、太陽光1310万円、株式1105万円、その他982万円)、自己資本比率33.6%、資本収入27万円/月(不動産収入7万円/月、太陽光収入11万円/月、金融資産運用収入9万円/月(利率4%で計算))、事業収入3万円/月。

カテゴリー

Count per Day

  • 70現在の記事:
  • 60677総閲覧数:
  • 11今日の閲覧数:

カテゴリー

Count per Day

  • 70現在の記事:
  • 60677総閲覧数:
  • 11今日の閲覧数:
資本家への道、セミリタイア、FIRE/SIDE FIRE

サラリーマンの私が副業を始めるために使った初期費用の総額

Pocket

今回は副業を始めるために私が使った初期費用の総額を書いていきたいと思います。

毎日のサラリーマン生活にピリオドを付けて自分で自由に稼ぎたい!と思ってもいざ新しいことを始めるためにどれくらいのお金が必要かわからない。

どうしようもないですよね。

そこで具体例として私が各事業を始めるのに実際どの程度のお金を使ったのかを紹介していきたいと思います。

サラリーマンの私が副業を始めるために使った初期費用の総額

やはり何事も初めにある程度のお金が必要になりますよね。

例えば釣りを始めるにしてもスキーを始めるにしても、装備を購入しなくてはなりません。

人様を相手に事業を始めるとなれば尚のこと、初めに大きなお金を必要とします。以降に私が立ち上げた各事業の初期資金を書いていきたいと思います。

不動産事業の開業資金

これは物件購入のための諸費用がほとんどを占めます。

私の場合は火災保険と地震保険、登記簿の更新、不動産取得税、合わせて350万円ほどでした。

やってみて分かったのですが、今回7、800万円ほどの物件を購入しましたがやはり初期投資は大体1,000万円ほどあるのが良さそうです。

フルローンで購入してしまうと、キャッシュフローは出るのですが1部屋空いてしまうと途端にほとんどプラスが出なくなってしまいます。

不動産は長期の運用となるので、やはり多めに自己資金を入れておきたいところです。理想は物件価格の3~4割くらいですね。

太陽光発電事業の開業資金

これもパネル代と工事費が不動産と同じく大きくかかってきますが、そこはローンで賄うことができます。

しかしながらそれ以外に以下の費用が発生してきます。

・工事負担金 60万円

これは電線の連結に必要な費用ですが、連結が可能な電線までの距離により変わってきます。私の物件は真横に連結できる電線が来ていたので料金は安く済みましたが、高いと100万円を越えてきます。

・土地賃借料保証金 10万円

私は借地で太陽光発電所を経営していますが、その保証金として賃料1年分を預けています。土地購入の場合は当然掛かってきませんが、その分土地購入の初期費用が大きくなります。

・土地造成費 60万円

これも太陽光パネルを設置する場所次第ですので、例えば森林を切り開いて設置となると数百万円かかってきます。安いところを選べて良かった・・・

・メンテナンスに必要な機材 10万円

草刈り機やグランドカバープランツ、防草シート等でこれくらいでしたね。

インターネット事業

アフィリ収入狙いのブログ作成に必要なのはパソコンとレンタルサーバー、ドメイン取得費用です。逆に言うとそれだけですので非常に手軽に始められます。

パソコンは普通に持っていましたので、レンタルサーバーとドメイン代だけになります。月1,500円もあれば十分足ります。

これは本当にお金が掛からないので、上手く軌道に乗れば大きな利益が出せるはずです。まだ数円の収入しかありませんが・・・がんばりましょ。

動画編集するなら高価なパソコンが必要になりますので、CPUとメモリでもう10万円くらいはつかったほうが良いですね。

その他事業に共通する設備

私の事業活動には他にも物件視察や草刈りの際の移動手段である車と、事務をこなす場所が必要です。これは私の様な個人事業規模なら自家用車と自宅を使えば良いのでそういう意味ではお金は掛かりません。

しかも事業と按分して一部経費化できます。その分消耗も早くなりますが。

結局合計で幾ら掛かったの?

上記を全て足し合わせると、家と車を除いておおよそ600万円ほどでしょうか。

年間のキャッシュフローが150万円ほどですので、4年弱で投下資金を回収できることになります。

上手く行けばそれ以降は利益になっていきますので、一次的な自己資金を許容できるなら新しい世界の扉を開くお金と思えば安いものです。

但し注意が必要なのは、事業が上手く行かなかった場合にそれを補填する十分な収入の余裕があるかでしょうか。それを考えて私は今の規模が安全圏ギリギリだと結論しています。

如何だったでしょうか?高いか安いかはやはり人それぞれ考え方が違うと思いますが、私としては副業を始めたことにより多くの経験と知識を得ることが出来ました。

この得た知識をこれから先数十年の人生の中でしっかり活用すれば、初期資金を大きく上回るリターンを得られると信じています。

折角一度きりの人生ですので、やりたいことを目一杯やって悔いなく生きていきたいですね!

それでは本日もありがとうございました。

返信する

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

2017年からサラリーマンをやりながら不動産と太陽光を主に様々な事業を運営しています。副業サラリーマンとして実体験に基づいた情報を発信していきたいと思いますので、同志の皆様のお役に立てば何より幸いです。 略歴:2004年国立大学大学院卒業後、現在は外資系に勤めながら副業で事業経営。木造アパート1棟、太陽光発電所2基、国内外株式を運用中。娘1人の3人家族のパパ。