外資系サラリーマンとおるの資本家日誌

普段仕事に育児に忙しいサラリーマンでも出来る資産形成と事業経営を実体験で綴るブログ。目標は不動産、太陽光、株式有価証券の資本運用で総資産6億円、自己資本比率40%、純資産2億4000万円(うち金融資産1憶2000万円)、資本収入150万円/月、事業収入50万円/月で富裕層セミリタイア。現在総資産1億4988万円、純資産5027万円(日本円803万円、不動産827万円、太陽光1310万円、株式1105万円、その他982万円)、自己資本比率33.6%、資本収入27万円/月(不動産収入7万円/月、太陽光収入11万円/月、金融資産運用収入9万円/月(利率4%で計算))、事業収入3万円/月。

カテゴリー

Count per Day

  • 50現在の記事:
  • 60534総閲覧数:
  • 48今日の閲覧数:

カテゴリー

Count per Day

  • 50現在の記事:
  • 60534総閲覧数:
  • 48今日の閲覧数:
資本家への道、セミリタイア、FIRE/SIDE FIRE

人生で一番大切なのはお金に余裕があるということ

Pocket

おはようございます。今朝は雨が降っていますね。

雨の日は考え事には打ってつけなので活用したいと思います。

さて、本日はお金に余裕があることの大切さをお話ししたいと思います。

お金に余裕があると出来ること

お金に余裕があるということは、自分の人生の選択肢が増えることを指します。

のんびり暮らしても良し、好きな仕事を探すも良し、大学に入りなおして勉強しても良いですね。

贅沢をするのも決して悪いことではありません。お金は使ってこそ意味がありますから。豪邸で世間から離れて暮らすのも悪くはないでしょうね。

強力なキャッシュフローは人生を豊かにします。

お金があれば、付き合う人を選ぶことも出来ます。自分で環境を変えることが出来ますからね。

浪費に回る必要もありません。浪費欲求は日頃のストレスから来ますが、そのストレスの源すら断つことが出来ます。

お金があるから人生は豊かになる。この当たり前のことに一日も早く気づいてください。私はこのことに気づくのが遅かったので、苦労を今も続けているのだと思います。

若い頃は仕事が一番楽しかったですし、稼いだお金はその瞬間を楽しむために使っていました。

そうではなく、稼いだお金を人生の選択肢を作る道具と考えるべきでしたね。こういう考え方こそ、本当は子供の内から教えてもらわないといけないです。

国や会社からすれば必死に働く人間、企業を潤す消費が減ってしまい都合が悪いのでわざわざ教えようとはしないのでしょうか。そんな邪推すらしてしまいます。

資本主義社会を動かすからくりに早く気づくべき

先ずはお金、そこから考えましょう

何をするにも必要なのはお金です。これが資本主義社会の大原則です。何事も先ずはお金なのです。

もし今浪費をしているなら、そこから抜け出す努力をしましょう。

私も若い頃は浪費癖が酷く、車や遊びに今までにおそらく2,000万円くらいを使っていると思います。

これだけあればそれを元手に安定した事業を興すことが出来ます。

まあ中々最短で効率良く人生を生きることは出来ませんし、遊びから学ぶこともあったと思いますが。これはこれで良しとしてこれから先の将来を考えないといけません。

どうやってお金を得るか、しっかりしたキャッシュフローを築けるか。これからはそこに集中して人生を生きていこうと思います。

私の事業キャッシュフロー

そんな反省を踏まえてここ2~3年は資産構築に取り組んでいますが、私の今のキャッシュフローはどのくらいなのか。これから先どのくらいを見込んでいるのかを見てみます。

ここでいうキャッシュフローからはサラリーマン収入を除きます。サラリーマンの収入は本当の意味でここで言うキャッシュフローにはならず、あくまで日雇いでもらっているバイト代みたいなものと考えます。

それでは各領域毎のCFになります。管理費やメンテナンス、固定資産税等の全てのランニングコストを引いた後の純粋なCFになります。

不動産CF:年間40~80万円

太陽光発電CF:年間40~50万円

金融資産CF(配当金等):年間5~10万円

節税によるCF:年間20~30万円

合計:105万円~170万円

このCFをこれから10年で500~600万円にするのが目標ですね。それまではサラリーマンの仕事を頑張ります。

将来の資産目標については以下で考えています。

2020年2030年2040年
不動産600万円5,000万円1億5,000万円
有価証券
400万円   1,000万円2,000万円
日本円200万円600万円1,000万円
合計1,200万円6,600万円  1億8,000万円

また、キャッシュフローは以下を目標にしています。

2020年2030年2040年
不動産CF60万円300万円  900万円
太陽光発電CF110万円  250万円70万円
配当金等CF10万円30万円60万円
Total CF180万円
580万円1,030万円

この実現のためには不動産3棟の購入、サラリーマンの仕事を今と同等の年収で20年続ける必要があります。

不動産を市況を見ながら増やしていく戦略です

まあ10年後以降は気力が尽きた時点で止めても暮らすのには困らないはずです。とにかく10年は頑張りたいと思います。10年後以降は自分で仕事を興したいと考えています。

お金の成る木に投資しているうちにどんどん豊かになっていく実感が既にありますが、この感覚を堅調にキープしていきたいですね。

それでは!

返信する

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

2017年からサラリーマンをやりながら不動産と太陽光を主に様々な事業を運営しています。副業サラリーマンとして実体験に基づいた情報を発信していきたいと思いますので、同志の皆様のお役に立てば何より幸いです。 略歴:2004年国立大学大学院卒業後、現在は外資系に勤めながら副業で事業経営。木造アパート1棟、太陽光発電所2基、国内外株式を運用中。娘1人の3人家族のパパ。