外資系サラリーマンとおるの資本家日誌 / Way to be a capitalist

サラリーマンが資本運用と事業経営で総資産6億円、純資産3億円、年収3,000万円の資本家を目指すブログ。現在総資産15,328万円、純資産5,736万円【金融資産2,419万円(日本円 420、株式/ETF/投信 1,267、暗号通貨 120、外貨 38、債券 /REIT/インフラファンド 82、保険/退職金 489)+ 実物資産3,317万円(不動産 1,158、太陽光 1,776、金/プラチナ/銀 176、耐久財等 205)】、自己資本比率37.4%、給与CF60万円/月、資本CF 30万円/月(不動産 7、太陽光 11、金融資産運用 12)、事業CF 3万円/月。

カテゴリー

Count per Day

  • 86現在の記事:
  • 77952総閲覧数:
  • 3今日の閲覧数:

カテゴリー

Count per Day

  • 86現在の記事:
  • 77952総閲覧数:
  • 3今日の閲覧数:
資本家への道、セミリタイア、FIRE/SIDE FIRE日記

楽天カードで投資信託を毎月5万円積み立ててみた結果を発表

Pocket

おはようございます。Toruです。

昨日は不動産調査及び現地での釣りレポートのため伊東に取材に行ってきました。

私は好きな海に触れることを仕事にしながら不動産経営で安定した資産構築を行っていきたいと思っています。

今のこの不動産+太陽光+株/投信投資+アフィリ収入という業態は365日を有意義に活用する私なりの経営の形です。

アフィリの収入はまだまだですが、いつか生活を支える収入の一角にしたいと思いますので頑張っていきたいと思います。

さて、本日は楽天証券での投資信託積み立てによる収支を公開したいと思います。

楽天証券で楽天カードを使用して投資信託を毎月5万円積み立ててみた結果

楽天証券で投資信託を積み立てられますが、なんと楽天では楽天カードを使ってポイントを貯めながら投資信託を積み立てることが出来ます!

楽天カードによるポイント利率が1%で且つそのポイントを再投資に回すことができますので、実質投信の利率が+1%になることを意味します。

投資信託の利率が1%プラスになると具体的にどうなるかというと、

複利6%で毎月5万円積み立てた場合20年後に →¥23、102、045

複利7%で毎月5万円積み立てた場合20年後に →¥ 26,046,033

300万円もの差が出てきます。ただ楽天証券で口座を作って楽天カードを使うことでこの様な差が出てきます。

今回太陽光発電のために現金が必要となり、楽天証券での積み立てを解約しました。その収支が以下になります。

毎月5万円を10か月積み立てています

最終的には積立元金50万円に対して516,880円(税引き後)で+16,880円になります。

またこの時はポイントを再投資に回していませんのでポイント5,000円分が付いてきます。最終的には2万円を越える収益を出すことが出来ました!

10か月で4%ほど資産が増えた計算になります。これが楽天ポイント+積立投信の強さですね。

投資信託は資産運用の王道

金融商品の長期投資において最も利率が良いのはやはり投資信託かなと感じています。

特に楽天~やeMaxis slimのパフォーマンスは抜群だと思います。

恐らく利回りにして長期で5~7%は見込めるのではないかと考えています。これに楽天ポイントの再投資を加えると更に+1%。

この様に長期投資は非常に堅実な資産運用ですが、20年以上の長期を前提とするのでその恩恵を直接生活レベルの向上として感じることはありません。

この当たりが退屈なところでもありますね。

こういった資産構築の投資と、キャッシュフローが毎月出る不動産経営や太陽光発電を組み合わせることで収入の上昇を実感しながら資産も構築できると考えています。大切なのはバランスですね。

キャッシュフロー重視なら不動産、太陽光、高配当株式。資産構築なら投資信託。またどちらも強いのが不動産かなと考えています。

ですので私は変わらず不動産への投資を最優先に、そして余裕資金を毎月10万円ほど投資信託に充てていこうと思います。それだけで20年後には5,000万円近い金額になります。

何事もそうですが、長期的戦略的に物事を進めると割と簡単に目標は達成できてしまいます。思い付きのその場で何とかする、というのは成功者の戦略ではないのがよくわかります。

それでは本日もありがとうございました!

返信する

メールアドレスが公開されることはありません。

サラリーマンをやりながら副業で様々な事業を運営しています。実体験に基づいた情報を発信していきたいと思いますので、同志の皆様のお役に立てば何より幸いです。 略歴:2004年国立大学大学院卒業後、現在は会社に勤めながら木造アパート1棟、太陽光発電所2基、株式を主とした各種金融資産を運用中。娘1人の3人家族のパパ。