外資系サラリーマンToruの資本家日誌

サラリーマンが太陽光発電、不動産、株式他投資で総資産6億円、自己資本比率40%、純資産2億4000万円(うち金融資産1憶2000万円)、資本収入150万円/月で資本家セミリタイアを目指すブログ。現在総資産1億3509万円、純資産3364万円(うち金融資産2533万円)、自己資本比率24.9%、資本収入26万円/月。基本生活費24万円/月、FIREまであと資本収入+14万円/月(基本生活費+(年金社会保険料+レジャー代+最低限の貯金・積立(=16))-資本収入)、純資産+3036万円(((基本生活費+(年金社会保険料+レジャー代+最低限の貯金・積立(=16)))×12)÷0.075-純資産額)、SIDE FIREまであと純資産+476万円(基本生活費×12÷0.075-純資産額)、資本収入基準は達成済み(資本収入>基本生活費)。

カテゴリー

Count per Day

  • 28現在の記事:
  • 52127総閲覧数:
  • 80今日の閲覧数:

カテゴリー

Count per Day

  • 28現在の記事:
  • 52127総閲覧数:
  • 80今日の閲覧数:
資本家への道、セミリタイア、FIRE/SIDE FIRE

私の毎月の積立設定を公開します。

Pocket

おはようございます。Toruです。

私は毎月の積立設定を行い自動的に資産が構築されていくようにしています。

本業がある以上、できるだけ資産構築のために手間や神経を割きたくないですよね。

ということで本日は私の毎月の積立設定について公開したいと思います。

私の毎月の積立設定

かれこれ10年前くらいから積み立てを利用して資産構築を行ってきました。

ただし若いころから落ち着きのない私は頻繁に資産を引き出し、結果あまり積立の効果を実感できていないと思います。

それが人生的にも金銭的にも落ち着きを見せてきましたのでこれからは20年後を見据えてしっかり計画的に積み立てていきたいと考えています。

また積み立てた商品の上下動を見ることで各業界の調子をモニタすることができます。その情報は非常に有用なものになるはずです。

それでは積み立てについてまとめたものが以下の表になります。

分類投資対象積立金額[¥]目的・狙い
投資信託、ETFeMaxisや楽天~、各国のインデックスや株式やREIT、米国高配当ETF124,000各国経済の把握と資産構築
個人年金保険米ドル建て保険10,000保険控除による節税
マシントレードWEALTH NAVI30,000新しいシステムへの分散投資
レアメタル金・プラチナ20,000現物保有によるリスクヘッジ
外貨各国が以下にFX積立。レバレッジ2~3倍。40,000外貨への分散投資とスワップポイント
貯金日本円を別口座に振り込み40,000
合計金額264,000

サラリーマンの余裕分はほとんど積立に回しています。レジャー費用は細かい工夫で節約して回すようにしています。

この余裕分を生活レベルの向上に回してしまうといつまでもお金持ちにはなれず、一生サラリーマンとして働く羽目になります。

大富豪の投資術で学んだのはこのことです。今の生活コストを徹底的に下げ、余裕分を投資に回すのです。

また不動産や太陽光事業からのキャッシュフローは100%事業への再投資や繰り上げ返済に回します。時間を最大限活用して事業をより強固な柱に築き上げていきます。

幸せな生活のために実はそれほど多くのお金は必要ありませんが、その幸せを末永く守るためには強固な経済基盤が必要です。

積み立てるべき項目とその金額

最も効率良く資産構築しようと思ったら投資信託一本で行けば良いのかとも考えています。

何が最も自分にとって向いているかは人それぞれだと思います。

手元に貯金をたくさん置いておけば安心できますし、現物としての金を手元においておけばインフレに対して強くなります。経済危機による株価暴落時も現物は強いです。

円が下がれば外貨の価値が相対的に上がりますし、株や投資信託も暴落時の評価額は一時的に大きく下がります。

どうも統計的にはインデックスへの投資がパフォーマンス的に良いらしいですが、これから先どうなるかは誰にもわかりません。

自分なりの考えを持って積み立てていけば、楽しく末永く投資を継続することができ結果的に資産も大きくなっているのではないでしょうか。

それでは本日は以上です。ありがとうございました!

返信する

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Toruと申します。2017年からサラリーマンをやりながら不動産と太陽光を主に様々な事業を運営しています。副業サラリーマンとして実体験に基づいた情報を発信していきたいと思います。同志の皆様のお役に立てば何より幸いです。 略歴:2004年国立大学大学院卒業後、2年電機メーカー、8年自動車メーカで研究開発の元Power of Dreamsサラリーマン。現在は外資系メーカに勤めながら副業で事業経営。木造アパート1棟、太陽光発電所2基、国内外株式を運用中。娘1人の3人家族のパパ。