外資系サラリーマンとおるの資本家日誌 / Way to be a capitalist

サラリーマンが資本運用と事業経営で総資産6億円、純資産3億円、年収3,000万円の資本家を目指すブログ。現在総資産15,328万円、純資産5,736万円【金融資産2,419万円(日本円 420、株式/ETF/投信 1,267、暗号通貨 120、外貨 38、債券 /REIT/インフラファンド 82、保険/退職金 489)+ 実物資産3,317万円(不動産 1,158、太陽光 1,776、金/プラチナ/銀 176、耐久財等 205)】、自己資本比率37.4%、給与CF60万円/月、資本CF 30万円/月(不動産 7、太陽光 11、金融資産運用 12)、事業CF 3万円/月。

カテゴリー

Count per Day

  • 33現在の記事:
  • 77952総閲覧数:
  • 3今日の閲覧数:

カテゴリー

Count per Day

  • 33現在の記事:
  • 77952総閲覧数:
  • 3今日の閲覧数:
資本家への道、セミリタイア、FIRE/SIDE FIRE日記

子孫に相続する資産を今から創る

Pocket

こんにちは。Toruです。

最近有休取得の追い込みが厳しく、先週水曜日と金曜日それから来週の月曜日に一気に取得しに行きました。

おかげで色々と行動を起こすことが出来て良かったと思います。サラリーマンは上手く立場を利用すれば美味しいなとつくづく思います。

さて、本日は子孫に残す資産について書いていきたいと思います。

子孫に相続する資産を今から創っていく

何事においてもそうですが、事実が表面化してからでは遅いです。何か問題が発生した、やらなきゃいけないことに追われ始めたからやろうか。そうなってしまったらもう取り返しがつきません。

人よりも1歩2歩3歩先を読み、その時を考えて計画をしっかり組んでおくことで大抵の勝負事には楽に勝ててしまいます。世の中の多くの人はそれだけ怠惰なんだと言えるのでしょう。

資産相続だってそうです。私は相続は何十年も先の話ですが、その時のことを今から考えておけばいざそうなった時に困ることはありません。

むしろ用意した時間の分だけ圧倒的に得できます。世の中そういうものです。

具体的に考えているのは以下ですね。

①不動産の相続

②金の相続

先ずは①ですが、これは言うまでもなく収益不動産を指します。私は少し先の日本のイベントであるリニアモーターカーの開通を不動産のターゲットにしています。

2027年に起こるこのイベントがリニア沿線に利益をもたらす確率はかなり高く、私も名古屋駅東側にアパートを一棟保有しています。少なくとも今より安くなることは無いと踏んでいます。

割高でも10年後を見据えて早めに仕込んでおいた方が良いと判断しました。

もう1つ欲しいのは橋本駅近辺ですね。こちらについては現在検討中です。不動産はこれから5年に一回くらいの購入を考えていますが、上手くリスクをコントロールしながら時間が生み出す利益を享受していきたいと考えています。

もし一つでも有利な立地に不動産を獲得することが出来ればそれは未来永劫の利益を与えてくれます。

正直自分の代はもう十分満足な暮らしをしていますしこれ以上は求めていません。人生の中で自分を最優先に楽しむのは30代前半までだと思いますがそんな時期はとっくに終わっています。次の世代のことを考えてそのことに喜びを感じましょう。

②の金ですが、欧州に慣習としてある毎年金貨をプレゼントしていけば20年後には数百万円の資産になります。

もし自分がこれを大人になった時にもらえればうれしいですよね。こういった積み立ても今から仕込んでいきたいと考えてえます。

人より先を見据えて生きていくことで見えてくるもの

人より先を見ることで大きな利益を見込めることは間違いないと思います。

そのためには今で手いっぱいになっていてはいけません。今を一生懸命に生きることはとても大切ですが、もし今を必死に生きないと先が無いのであればそれは良くないです。

今の状態に余裕を作り、将来のことに今から一生懸命に取り組む。これが重要です。

明日の幸せのために今の時間を使う。この状態に持っていければ人生の成功は間違いないのではないでしょうか。私はそう思います。

それでは本日もありがとうございました!

返信する

メールアドレスが公開されることはありません。

サラリーマンをやりながら副業で様々な事業を運営しています。実体験に基づいた情報を発信していきたいと思いますので、同志の皆様のお役に立てば何より幸いです。 略歴:2004年国立大学大学院卒業後、現在は会社に勤めながら木造アパート1棟、太陽光発電所2基、株式を主とした各種金融資産を運用中。娘1人の3人家族のパパ。