外資系サラリーマンToruの資本家日誌

サラリーマンが太陽光発電、不動産、株式他投資で総資産6億円、自己資本比率40%、純資産2億4000万円(うち金融資産1憶2000万円)、資本収入150万円/月で資本家セミリタイアを目指すブログ。現在総資産1億3509万円、純資産3364万円(うち金融資産2533万円)、自己資本比率24.9%、資本収入26万円/月。基本生活費24万円/月、FIREまであと資本収入+14万円/月(基本生活費+(年金社会保険料+レジャー代+最低限の貯金・積立(=16))-資本収入)、純資産+3036万円(((基本生活費+(年金社会保険料+レジャー代+最低限の貯金・積立(=16)))×12)÷0.075-純資産額)、SIDE FIREまであと純資産+476万円(基本生活費×12÷0.075-純資産額)、資本収入基準は達成済み(資本収入>基本生活費)。

カテゴリー

Count per Day

  • 34現在の記事:
  • 51526総閲覧数:
  • 84今日の閲覧数:

カテゴリー

Count per Day

  • 34現在の記事:
  • 51526総閲覧数:
  • 84今日の閲覧数:
車・家電・日用品レビュー

高島屋ゴールドカードの魅力

Pocket

こんばんは。Toruです。

本日はアオリイカとカワハギを釣りに松輪漁港まで行っていました。

結果はアオリイカは惨敗、合間にカワハギを2匹釣りました。

少ないですが本日肝和えにしておいしく食べたいと思います。

さて、本日は私が好きな高島屋ゴールドカードについて書いていきたいと思います。

高島屋ゴールドカードの魅力

高島屋ゴールドカードには様々な特典があります。

高島屋公式HPより引用

空港ラウンジサービスも付いて、海外旅行1億円の傷害保険はきっと海外旅行が好きな人にとってはとても魅力的でしょう。

でも私がお勧めしたいのは高島屋を利用する際の得点についてです。

何となくこれで支払うと気分が良い。こういうの大切です。
高島屋公式HPより引用

先ず高島屋ポイントが10%付きます。

私は昔から京都河原町の高島屋に帰省する旅に出かけていますが、ボーナス後の冬休みなどはカバンやキーケース等の高級品を買いに行ったりしています。

買い物に10%のポイントが付くのは魅力的ですね!勿論ネットで安く買っても良いのですが、買い物は買う場所の雰囲気やブランドを含めた総合的な体験にお金を払うものです。高島屋での買い物が実質大きく値引きとなるのは非常にうれしいです。

また高島屋のラウンジサービスを使うことも出来ます。ラウンジでゆっくりコーヒーを飲むくらいですが、周りの席に座っている方々は基本的にはゴールドカードに年会費10,000円を払える所謂ミドルリッチ以上の富裕層です。やはり空気が違います。高島屋に遊びに行く旅に無料で何とも優雅な気分に浸れます。

また私がよく良く横浜高島屋ですが、何も買い物をしなくてもラウンジで駐車カードとゴールドカードを見せれば2時間まで提携駐車場の駐車場代が無料になります。私はいつもヨドバシカメラによってから高島屋に行くので横浜西口第2駐車場を使います。

横浜高島屋に行った後に京華楼で食事がお気に入りのコースです。
写真は麻辣スペアリブです。辛いけど旨い!

もちろんここも2時間まで無料ですので、これだけで実質1,160円相当の得点となります。高島屋に遊びに行って、高級品を眺めて、ラウンジでくつろいでが実質無料です。

それと買い物の際に高島屋ゴールドカードを出すと気のせいか店員さんの態度が変わる気がします。そういう教育を受けているのだと思います。とても気持ちの良い時間を過ごすことができます。

なるべくお金を掛けずに生きることと、優雅な時間を楽しむバランス

やはりお金は大切なものです。このブログを書く私も、このブログを読む貴方もこれからお金持ちになるのです。

そのためには今を我慢し、資産を築いていかなくてはなりません。そこにはやはり覚悟が要ります。

しかしながらそのために今の時間を犠牲にするのは間違っていると思います。なるべくお金を掛けずに贅沢で満足できる時間を創ることが大切と思います。

高島屋カードは年間10,000円掛かりますが、非日常をこの金額で味わえるのであれば決して高くない金額だと思います。

今回は私が大好きな高島屋の特典カードについて書いてみました。

それでは本日もありがとうございました!

返信する

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Toruと申します。2017年からサラリーマンをやりながら不動産と太陽光を主に様々な事業を運営しています。副業サラリーマンとして実体験に基づいた情報を発信していきたいと思います。同志の皆様のお役に立てば何より幸いです。 略歴:2004年国立大学大学院卒業後、2年電機メーカー、8年自動車メーカで研究開発の元Power of Dreamsサラリーマン。現在は外資系メーカに勤めながら副業で事業経営。木造アパート1棟、太陽光発電所2基、国内外株式を運用中。娘1人の3人家族のパパ。