外資系サラリーマンとおるの資本家日誌 / Way to be a capitalist

サラリーマンが資本運用と事業経営で総資産6億円、純資産3億円、年収3,000万円の資本家を目指すブログ。現在総資産15,328万円、純資産5,736万円【金融資産2,419万円(日本円 420、株式/ETF/投信 1,267、暗号通貨 120、外貨 38、債券 /REIT/インフラファンド 82、保険/退職金 489)+ 実物資産3,317万円(不動産 1,158、太陽光 1,776、金/プラチナ/銀 176、耐久財等 205)】、自己資本比率37.4%、給与CF60万円/月、資本CF 30万円/月(不動産 7、太陽光 11、金融資産運用 12)、事業CF 3万円/月。

カテゴリー

Count per Day

  • 31現在の記事:
  • 77853総閲覧数:
  • 31今日の閲覧数:

カテゴリー

Count per Day

  • 31現在の記事:
  • 77853総閲覧数:
  • 31今日の閲覧数:
資産運用:株式・投資信託インデックスETF・株主優待

投資は恐怖心理が好機のシグナル

Pocket

おはようございます。Toruです。

世界的に株価が好調ですね!コロナウィルスショックで中国株が落ちてはいますが。

不動産も太陽光も順調に稼働し、月25万円の収入確保が見えてきました。これからはそのベースを堅調に確保しながら株式資産を増やしていくフェーズです。

ということで本日も引き続き株について書いていきたいと思います。中期目標の株資産を900万円増やすべく、戦略を練っています。

好調だからこそ落ち着いて投資

今株価は世界的に上昇傾向ですね。というよりもかなり上昇しきった感があります。

こういう時は守りの戦術を私は敷きます。更なる上昇に備えて比較的まだ手頃な株にちょこちょこ手を出しています。

こういう時に大きく手を出して短期で売り抜けるという戦術ももちろん有りだと思いますが、私はそうしません。

上がっているときは抑え下がっているときは乗り込む。長期投資の鉄則です。

毎日チャートを見ている時間がある方には短期投資の方が効率が良いのでしょうが、私はそんな時間があったら次のビジネスについて考えていたいので株については長期投資の布陣を敷いています。

チャンスは数年以内にきっと来ます。そのチャンスを待ちながらも、時間を無駄にしないよう少しずつ資金を投じる。これが今の戦略です。

市場が恐怖に支配された時が好機

私も何度か経験したことがありますが、市場が恐怖に支配され一般投資家が手を引いた時こそがチャンスです。

もうこの商品はだめだ。この投資は危険すぎる。あの会社はつぶれるんじゃないか。こんな危険な投資をして馬鹿じゃないの?そんな声が同僚や身近な人から聞こえてきたとき。それがシグナルです。

仮想通貨で言うと金額が1BTC=70万円だった頃。この頃周りの同僚は口々に悪評を吐露していました。
その後40万円を下回りましたが今は100万円を超えています。長期的にはバブル時を上回ると考えています。
GMOコイン公式HPより引用

そういう時は決まって本来持っている価値以下の値段でたたき売り状態になります。長期投資家はここぞとばかりに買い漁ります。下がり続ける時は買い時、経験上難平買いも長期ではほぼ成功しています。

そんな下がり続ける分野に投資続けるために必要なもの、それは資金的余裕です。なけなしのお金を短期的には下がると思われる分野に投資することは並みの精神ではできないと思います。

余裕資金であれば冷静に投資ができます。だから株等のリスク資産に投資するのはあくまで強固な経営、経済基盤が出来た後なのだと考えています。

こうして市場が逃げ腰な時に攻めに出て大きく買い増せば莫大な利益を享受できます。そして何よりそのまま株価が10年上がらなくてもその間に配当金を確実に得ることが出来るのです。

これは不動産でもどの金融商品でも同じです。但しどんな金融商品にも通用するとは私も思っていません。株や不動産、金や仮想通貨の様に有用で確実な実需が見込める分野に通用する話です。

皆が恐怖に震えているとき、この時がチャンスです。それまでは守りの姿勢を維持したいと思います。

もう一つ、何より信頼できる心理は自分自身が感じる恐怖です。今投資するのは怖い、早く手放したい。そう感じたら追加投資。これ、私もかなり怖いです笑。でもこれで経験的に7~8割は勝てています。

買いたいと思った時が買い時。これも真実かなと。

とはいえ先ずは買ってみないと話になりませんので、買い始めるタイミングとしては欲しいと思った時が最善だとも思います。

何事も長い年月を経て信頼を獲得していくものですが、投資家として成功するためにも長い長い年月が必要だと思います。

幾ら本を読んでも、幾ら偉い人の話を聞いても。実際獲得した経験値に勝るものはありません。

賢者は歴史に学び、愚者は経験に学ぶ。なんてさかしらに言う人もいますが。

賢者も初めは誰だって愚者でした。生まれたときから賢者。見たことないです。

愚者から初めて少しずつ賢者になれば良いのです。そして愚者のうちから一発逆転なんて狙わないでくださいね。それで悲しい思いなんてしないでください。

先ずは少しずつ手を出して自分なりの考えを固めましょう。その次に考えを形に変える実行力が大切です。そうしているうちに頭の良さは自然と身につくと思います。

ある程度頭を使って行き詰まったらすぐに行動。それで成功を少しずつ引き寄せていきましょう。

それでは本日もありがとうございました!

返信する

メールアドレスが公開されることはありません。

サラリーマンをやりながら副業で様々な事業を運営しています。実体験に基づいた情報を発信していきたいと思いますので、同志の皆様のお役に立てば何より幸いです。 略歴:2004年国立大学大学院卒業後、現在は会社に勤めながら木造アパート1棟、太陽光発電所2基、株式を主とした各種金融資産を運用中。娘1人の3人家族のパパ。