外資系サラリーマンToruの資本家日誌

サラリーマンが太陽光発電、不動産、株式他投資で総資産6億円、自己資本比率40%、純資産2億4000万円(うち金融資産1憶2000万円)、資本収入150万円/月で資本家セミリタイアを目指すブログ。現在総資産1億3509万円、純資産3364万円(うち金融資産2533万円)、自己資本比率24.9%、資本収入26万円/月。基本生活費24万円/月、FIREまであと資本収入+14万円/月(基本生活費+(年金社会保険料+レジャー代+最低限の貯金・積立(=16))-資本収入)、純資産+3036万円(((基本生活費+(年金社会保険料+レジャー代+最低限の貯金・積立(=16)))×12)÷0.075-純資産額)、SIDE FIREまであと純資産+476万円(基本生活費×12÷0.075-純資産額)、資本収入基準は達成済み(資本収入>基本生活費)。

カテゴリー

Count per Day

  • 28現在の記事:
  • 51458総閲覧数:
  • 16今日の閲覧数:

カテゴリー

Count per Day

  • 28現在の記事:
  • 51458総閲覧数:
  • 16今日の閲覧数:
資本家への道、セミリタイア、FIRE/SIDE FIRE

アセットクラス毎の目標額と達成までの時間

Pocket

おはようございます。Toruです。

本日は朝から快晴です。残りあと10年のサラリーマン生活について考えていました。

10年というのは先ずは私が資産の足場を構築する期間として考えている時間で、ここはサラリーマンの収入をベースに築こうと考えています。

それでは具体的な各分野について書いていきたいと思います。

各資産クラス毎の現在金額と目標金額

私は主なアセットクラスを現金、不動産と太陽光、株や投資信託とETF、金プラチナや芸術品と自宅や車などの現物資産の4つに大きく分類しています。

1.現金

これは円や外貨になります。すぐに現金として引き出せて使える金額を指します。目標は年間の生活費の1.1倍です。これは大富豪の投資術に書かれているSOA(Start Over Again Fund)を参考にしています。1年強の現金があれば大病や失敗によって働けなくなったり仕事を失ってもやり直しに十分な時間を確保できる金額という考え方です。

そこには妻が保有している資産に私が毎月生活費として12万円振り込んでいるお金を積み立ててもらっています。現在の保有額は285万円で目標金額は700万円ですので415万円が不足しています。ここを月間6万円積み立てて5年で達成する予定です。

現金はペンより強し

2.不動産太陽光等の稼働資産

これは現物収益資産となるアパート、マンション、太陽光発電施設等になります。現在アパート1棟と太陽光発電所2基を保有していて、 現在の保有額は純資産(簿価-残債)で374万円になります。

キャッシュフローを生み出す資産ですが、全てのキャッシュフローは繰り上げ返済に回していきます。金利が変動1.8%、固定2.45%と2.18%なので複利で同等の効果が見込みます。

太陽光は自己資本目標比率を35%に設定していますので残り200万円をこのキャッシュフローから2年掛けて返済する予定です。アパートは資産構築を目的にほぼフルローンで購入していますので、こちらは保有期間中のキャッシュフローは全て繰り上げ返済に充てていきます。

2021年にもう1棟アパートを購入する予定ですが、そのための自己資金を1,000万円で現在私の金融資産が400万円なので600万円を2年で築く予定です。こちらのアパートからのキャッシュフローは基本的には現金として次の再投資や物件の修繕のために保有しておく予定です。

私は資産構築とストック収入と社会貢献を両立出来るこのクラスを中心に据えています

3.株式投資信託、ETF等

上記の現金と稼働資産の確保を完了したら次は最後にこのクラスを増強していきます。ここはサラリーマンの給料と配当金の再投資を元手に構築していきます。

現在の保有額は571万円ほどですが、上述のアパート購入のために一度現金化すると思いますのでその後の構築を始めます。

2022年からの構築を開始するとして、年間300万円ほどを毎年積み立てて先ずは2025年に900万円(配当比率3%で年間27万円の配当金)を目標としたいと思います。後は後述の現物資産とのバランスですが、もしここに集中投資するなら2030年で2,400万円(配当比率3%で年間72万円の配当金)を目標にしていきたいと思います。

資本主義経済の支配者層が主に保有するアセットクラスになります。
資産税無し、税率最大20%という正に支配者層の都合が詰まった夢のクラスになります。

4.現物資産

こちらは金やプラチナ等の守りの資産、日常生活で使用する自宅や車や調度品、投資対象としても魅力的なアートや仮想通貨もこちらのアセットクラスに入れています。

ここは生活とのバランスで満足行く生活レベルを定め、最適な金額を入れていく必要があります。難しいのは豪華な家や車を所有する満足感はそのまま家族との時間の幸福に繋がることが多いため、3の金融資産とどう投資額を住み分けるかをしっかり検討する必要があります。

私ももしかしたら上述3で触れた2025年で900万円の金融資産構築を達成したらこちらに20年間はお金を入れるかもしれません。特に自宅にはお金を入れると思います。それを見越して高価でも値段の落ちにくい好立地での自宅購入を検討する必要がありますね。そうなると固定資産税ものしかかってきますので、ここはもう少し計画を練る必要があります。

現在の保有額は簿価-残債で143万円です。目標額の設定は難しく、上述の3との兼ね合いで先ずは10年後に数百万円ほどの評価益が出ている辺りが現実的かと思います。

生活レベルに密接したアセットクラスになります。家族との時間を左右するクラスですが、基本的には1~3をしっかり築いた後にそこからのキャッシュフローを入れていくべきクラスと考えています。自宅や車に高額ローンを組んで給料をここに充ててしまうといつまでも資本家にはなれません。

以上のプランからあと何年今の調子で働くかをまとめてみます

先述のプランをまとめると以下になります。

 現在額[万円] 目標額[万円]達成年備考
1.現金 285 7002025
2.不動産 37410002022新築アパート1棟追加購入
3.株式 571 900202525年以降ここに集中投資
4.現物 143 5002025

つまり現在の収入をあと5年維持すれば完了です。日数にして1,825日です。この残り日数をサラリーマンとして楽しんで過ごせれば先ずは成功だと考えています。

またリストラや減給についてもしっかり備えておく必要がありますよね。直感的にですが今後の数年間少しずつ経済状況が厳しくなる様な気がしています。

実は周りの友人や先輩を見ていて今の時代45歳というのがサラリーマンの一つの節目なのかと感じています。それまでは成果をそれなりに出していれば会社も若くて有能な人材として見てくれる様に感じていますが、それ以降は余程上手く立ち回らないと良いポジションで働いていくのが難しいのかなと考えています。

それ自体は納得の行く話で、経営者として若くて有能な人材に主体をシフトしたいと考えるのはとても合理的で筋の通った話です。

私もいつまでも若くて精力的とは行きません。タイムリミットは10年だと考えています。

ですのでこれらのアセットクラス目標を早期に達成し、経済的な安定を確保するのが今の最優先課題です。

そして一度築いたら後は自分の好きと得意を前面に出して自由に自分らしく働いていきたいと考えています。

それが今の職場であればそれで良いですし転職をしても良いです。私はどちらかというとサラリーマンで培った能力を発揮してグローバル&ローカルにビジネスを経営するのが向いていると思っています。後はそれを5年後に始めるのか、10年後に始めるかですね。

資産と信頼できる仲間をこの期間にしっかり築き、次の人生のフェーズに備えて行動していきたいと思います。それでは本日もありがとうございました!

返信する

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Toruと申します。2017年からサラリーマンをやりながら不動産と太陽光を主に様々な事業を運営しています。副業サラリーマンとして実体験に基づいた情報を発信していきたいと思います。同志の皆様のお役に立てば何より幸いです。 略歴:2004年国立大学大学院卒業後、2年電機メーカー、8年自動車メーカで研究開発の元Power of Dreamsサラリーマン。現在は外資系メーカに勤めながら副業で事業経営。木造アパート1棟、太陽光発電所2基、国内外株式を運用中。娘1人の3人家族のパパ。